FC2ブログ

笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

海岸公園@熱海      2018-04-10

 熱海の海岸はサンビーチ、なぎさ公園、親水公園、海浜公園など、区域によって名前が付いているが、これはなぎさ公園、もしくはなぎさ小公園だったか、小規模ながら花壇が有って、そこそこよく手入れがされている。
180410_熱海海岸-01
 四季折々にいろんな花が咲いていて、名前が定かでないものも少なくないが、訪れる人の目を楽しませてくれる。
180410_熱海海岸-02
  上の花、うんと寄ってみるとこんな感じ。
180410_熱海海岸-16
180410_熱海海岸-03
 これも名前が分からなかったうちの一つだが、最近になって「ハナグルマ」と云う事が分かった。
180410_熱海海岸-04
 モチツツジの園芸品種だそうだ。
180410_atami-05.jpg
 アセビの一種?
180410_atami-06.jpg
 ツツジの種類はいやっと云うほど有って、とても見分けがつかない。 キリシマツツジとか云うのだろうか…。
180410_熱海海岸-07
 これはマツバウンランだったか、中々風情があるように思うのだが、どちらかと云えば雑草扱いされているようだ。
180410_熱海海岸-08
 こちらはローズマリー。 わりと年中咲いているような気がする。
180410_熱海海岸-09
 なんせ小さい上にちょっと複雑なかたちなので撮るのは結構難しい。
180410_熱海海岸-10
 ガザニアなんとか、だったか・・・。
180410_熱海海岸-11
 
180410_熱海海岸-12
 どこにでも有る酢漿草、ムラサキカタバミかな?
180410_熱海海岸-13
 ちょっとかたちは違っているが、チューリップの傍に植えられていたので、多分これもチューリップの仲間か?
180410_熱海海岸-14
 こういう感じの花が色々咲いていて、これもキンギョソウになるのかな?
180410_熱海海岸-15
 花びらがスプーン上に変化していくオスペオスペルマム。
180410_熱海海岸-17
 オステオスペルマム、咲いてしばらく経つとこんな風に花弁がよじれてスプーン状になるのが面白い。
180410_熱海海岸-21
 大きさもあって存在感充分なキングプロテア。
180410_熱海海岸-18
 キングプロテアの中心部分、こうして見ると中々込み入った構造に成っている。
180410_熱海海岸-19
 これはわりと普通なチューリップ。
180410_熱海海岸-20
 ジュウニヒトエ、と云うかアジュガ?
180410_熱海海岸-22
 
180410_熱海海岸-23
 糸川沿いに咲いていたハナミズキ。
180410_熱海海岸-24
 ちょっと高めのところに、それも上向きに咲いているので、こうして上から見る事が少ない。
180410_熱海海岸-25


カメラは  Sony α6000 Tamron 90mm macro、Xperia XZ SO-04J を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

スポンサーサイト



  1. 2018/07/03(火) 23:15:00|
  2. 音楽
  3. | コメント:2

新宿御苑のサクラ[part 2]      2018-04-04

 再び新宿御苑に行った。 前回行ったのはほぼ10日前、黄色いサクラ、ウコン(鬱金)を見たくて行ったのだが、残念ながら見つからず、多分まだ咲いていなかったのだと思うが、今回はそのリベンジ。
20180404-新宿御苑-04
 探しまわっている時間の余裕も無かったので、係の人に尋ねたら、そのウコンはすぐに見つかった。
20180404-新宿御苑-03
 今回は逆にちょっと遅かったようで、全体的にちょっと草臥れたような感じではあったが、取りあえずは見ることが出来た。
20180404-新宿御苑-05
 黄色からピンクに変化していくと云う事らしいが、こうしてピンクっぽいのはやはり遅すぎたせいか・・・。
20180404-新宿御苑-06
 それでも蕾の部分も残っていて、蕾はこうしてピンク色である。
20180404-新宿御苑-07
 写真ではよく分からないが、木の高い部分の花はそこそこ黄色いようだった。
20180404-新宿御苑-08
 こちらは普通のヤエザクラで「一葉」と云うらしい。
20180404-新宿御苑-09
 仮名書きで「イチヨウ」と云う札が付いていて、一瞬サクラなのに何故銀杏なの、と思ってしまうが、よく見たらイチヨウだった。
20180404-新宿御苑-10
 今回はマクロレンズではなかったので寄るのはこれが限界。

20180404-新宿御苑-12
 

20180404-新宿御苑-11
 

20180404-新宿御苑-14
 

20180404-新宿御苑-13
 

20180404-新宿御苑-15
 

20180404-新宿御苑-16
 

20180404-新宿御苑-17
 こちらの緑っぽいサクラは「御衣黄」と云うらしい。
20180404-新宿御苑-19
 御衣黄と云ってもどちらかと云えばグリーンに近いのだが、珍しいので写真を撮る人も少なくなかった。
20180404-新宿御苑-18
 御衣黄は一本しか見つからなかったが、こちらは先のウコンよりもさらに遅すぎたのに加えて、木自体も草臥れている様子で、イマイチだった。 
20180404-新宿御苑-20
 探せば他にも有ったのかも知れないが、時間が無かったので、これだけで諦めた。
20180404-新宿御苑-21
 こちらは「関山」と云うヤエザクラ。 これが「かんざん」なのか「せきやま」なのかは不明、調べてみても両方出ている。
20180404-新宿御苑-22
 引いた写真を撮っていなかったようで、こんなアップだけしか無かった。
20180404-新宿御苑-23
 この木が上の関山だったか一葉だったか、はたまた他の種類だったのか、不明。
20180404-新宿御苑-01
 帰りがけに目に入ったツツジ、結構大きい。
20180404-新宿御苑-02 



カメラは Sony α6500、Xperia XZ SO-04J を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

  1. 2018/04/28(土) 12:00:00|
  2. 音楽
  3. | コメント:7

熱海梅園、紅葉はまだまだ      2017-11-20

 熱海市の梅園は、その名の通り梅がメインなのですが、梅の次に重要なのが秋の紅葉のようです。  とは云いつつ、熱海の紅葉は他の地域に比べると少し遅く、気候が温暖なせいかどうかは不明ですが、個人的な印象では紅葉のほうはイマイチな気がしないでもない部分もあります。 
171120-梅園-01
 そんな事は承知の上で、今回も梅園までてくてく歩いてみました。  すでに「もみじ祭り」なるものも開催されていて、訪れる人も普段に比べればずっと多かったのですが、やはり紅葉には少し速かったようでした。
171120-梅園-02
 前回来た時にはまだ数輪しか見かけなかった水仙ですが、少しづつ開いてきていました。
171120-梅園-04
 紅葉としてサマになっていたはこの辺りくらいだったでしょうか。
171120-梅園-03
 梅園内に移築されている作曲家・中山晋平氏宅の庭に毎年咲いているキバナアマ(黄花亜麻)。
171120-梅園-05
 キバナアマの陰に隠れるようにして生っていたカラスウリ。 こんなところにカラスウリが有ったとは知らなかった、と云うよりも、来るときは昼間に限られているので、夜間にしか咲かないカラスウリには気が付かなかったのも当然かも、ですね。
171120-梅園-06
 このキバナアマは熱海市内でも庭に植えているお宅も多いようです。
171120-梅園-08
 カラスウリの実はこんなに綺麗に色づいて如何にも美味しそうにも見えるのですが、食用には成らないようです。
 キツネノマクラと云う地方も有るようですが、大きさは縦が6,7センチくらいで、キツネが枕にするにもちょっと小さいかな、と云う感じでしょう。
171120-梅園-07
 背が低いのであまり目立たないのですが、マンリョウは園内では結構見られます。 こちらは結構大きくなっていたセンリョウの木、綺麗に赤く色づいていました。
171120-梅園-09
 そんな事でこの日一番楽しめたのはこちらもまだ咲き初めたばかりのボケの花だったかも知れません。
171120-梅園-10
 ボケは花期が長く、春になって梅が終わるまで咲き続けて貴重な脇役を勤めてくれます。
171120-梅園-11
 
171120-梅園-12
 
171120-梅園-13
 サザンカ、漢字で書けば山茶花なのですが、どうしてこれをサザンカと読むのか、という疑問が湧きますね。
171120-梅園-14
 実は以前はサンサカと云っていたのが、なんかの拍子にかサザンカと変わってしまったようで、こう云う現象は時々起きるらしいです。
171120-梅園-15
 学名は Camellia sasanqua と成っていて、命名者(多分外国人の学者)が登録した当時は、まだササンカと云われていた、つまり濁っていなかった事が分かります。
 サンサカ→ササンカ→サザンカ、と云う経緯が有ったのでしょうか、あくまでも想像ですが。
171120-梅園-16
 
カメラは Sony α6500 Tamron 90mm macro を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2017/12/25(月) 15:40:00|
  2. 音楽
  3. | コメント:4

新宿御苑 バラ園      2017-06-14

 仕事の合間がなんと5時間も空いてしまった。
 一度帰宅すると云う選択肢も無いではなかったが、交通費と労力を考えるとそれもちょっと~、と云う事で、ちょうど天気もそこそこ晴れていたので新宿御苑に行くことにした。
170614-新宿御苑バラ園-01
 なんせ仕事の合間なので、カメラもコンパクトデジカメとスマホしか無いが、天気が良ければなんとかなるか、と云うことで、苑内の薔薇園に向かった。
170614-新宿御苑バラ園-02
 バラのほうはそこそこ咲いていて、ウイークデイと云う事もあってか、あまり人も多くなかったので、まあラッキーと云ってもいいだろう。
170614-新宿御苑バラ園-03
 あまり近寄れるようには成っていないし、コンデジとスマホではズームもあまり利かないので、有る程度引いた写真ばかりになるのは致し方が無い。
170614-新宿御苑バラ園-04
 こちらでもプリンセスなんたらとか大女優や昔の大作曲家の名前など、様々なネーミングのタイトルが付けられているが、どう考えても花の姿との関連性が分からないので、名前のほうはパス。
170614-新宿御苑バラ園-05
 こうして都会のど真ん中に広大な庭園が有るのは素晴らしいことに違いないのだが、アングルによっては高層ビルが写り込んだりして、これも特徴と思えばいいのだろう。 
170614-新宿御苑バラ園-06
 バックの葉っぱや地面が妙にハッキリ写ってしまって目障りだが、コンデジとスマホなので仕方がない。
170614-新宿御苑バラ園-07
 時間が空くことは分かっていたのだから、もっとましなカメラを持ってくれば良かったようなものだが、この日の仕事はオカリナ、リコーダー、ホイッスルなどが必要だったので、余計なものを入れる余地は全く無かった。
170614-新宿御苑バラ園-08
 
170614-新宿御苑バラ園-09
 
170614-新宿御苑バラ園-10
 
170614-新宿御苑バラ園-11
 
170614-新宿御苑バラ園-12
 
170614-新宿御苑バラ園-13
 
170614-新宿御苑バラ園-14
 
170614-新宿御苑バラ園-15
 
170614-新宿御苑バラ園-16
 
170614-新宿御苑バラ園-17
 バラ以外で目に付いたのはネムノキの花だろうか。
170614-新宿御苑バラ園-18
 昔、疎開していた頃、村の外れを流れる川の縁に咲いていて、母親に「ネム」という名前を教えられたのを覚えている。
170614-新宿御苑バラ園-19
 「疎開」と云う言葉もれっきとした死語かも知れないが、なんせ70年以上も前の話なので致し方無い。
170614-新宿御苑バラ園-20
カメラは PowerShot SX610 HS、Xperia Z3(SO-01G) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

,,
  1. 2017/10/31(火) 17:38:30|
  2. 音楽
  3. | コメント:2

旧古河庭園 バラ園      2015-10-19

 仕事の合間に中途半端な空き時間が出来たもので、以前から気になっていた「旧古河庭園」と云うところに行く事にした。
151019-古河庭園-01
 なんの情報も無しに、場所だけ調べて行ったのだが、そこそこ立派なバラ園が有った。 多少時期的には遅かったきらいはあるが、バラは中々綺麗だった。
151019-古河庭園-02
 女性、それも結構な年配の女性カメラマンが多く見うけられ、高級カメラを花に向けて盛んにシャッターを切っていた。
151019-古河庭園-03
 それに引き替え、こちらは仕事の合間に来た事もあり、スマホでの奮闘と成った。
151019-古河庭園-04
 ところでこの旧古河庭園は、この日は地下鉄、つまり東京メトロの駒込から歩いたが、京浜東北線の上中里のほうが近いようだ。
151019-古河庭園-05
 駒込の辺りは豊島区だがほんの少しの事でここは北区西ヶ原になるらしい。
151019-古河庭園-06
 名前の通り、元は古河虎之助男爵の邸宅だったらしい。 「男爵」と云うのは如何にも時代を感じさせる。
151019-古河庭園-07
 現在は国有財産に成っているのを、東京都が借り受けて一般公開していて、国の名勝に指定されている。
151019-古河庭園-08
 旧古河庭園、と云うからには新古河庭園やただの古河庭園が有るのかと思ってしまうが、そうでもなさそうだ。
 それならば単に「古河庭園」でもよさそうなものだが何故か「旧」を付けることに成っている。
151019-古河庭園-09
 ちょっと引いてみるとこんな風に成っている。 この先の方は下り坂に成っていて、日本庭園が有るが、どちらかと云えばこちらのほうがメインなのだろう。
151019-古河庭園-10
 後でHP等を見たところによると、春にはこのバラ園、夜間はライトアップされる事に成っているらしい。
151019-古河庭園-11
 秋の方はどうなっているのかは不明だ。
151019-古河庭園-12
 
151019-古河庭園-13
 たまたま晴天だった事もあるが、この青空とバラの花に古風な洋館の取り合わせは、構図はともかくとして悪くはない。
151019-古河庭園-14
 ひょろ長いバラの上にカマキリ発見。 ハラビロカマキリか?
 こちとら元昆虫少年なもので、こう云うものを見つけるとついつい引き寄せられて何枚も撮ってしまうがしまうが、女性が多い事もあって、こんなモノにカメラを向ける人は全く居ないようだった。
 柵の中て少し離れているのと結構高いもので、スマホではちと辛いものが有る。
151019-古河庭園-15
 天気は良かったのだが、明るすぎてスマホの画面が見難く、ほとんどメクラ撮りの状態だった。
151019-古河庭園-16
 日本庭園のほうはこんな感じで、池は「心」と云う字のかたちの、いわゆる「心字池」に成っているらしい。
151019-古河庭園-17
 大正6年5月に竣工のこの洋館はイギリス人、ジョサイア・コンドルの設計で、彼最晩年の作らしい。 天然ストレート葺きで、地上2階・地下1階とのこと。  
 手前の黄色い花はバラではなくてマリーゴールドだったと思う。
151019-古河庭園-18
 ジョサイア・コンドルとは Josiah Conder だが、ジョサイアは聖書に出てくるジョシアと同じ綴りだろう。 Condor ではなくて Conder をコンドルと読むのは何となく訛ってこうなったのかどうか、不明だ。
 建物内部はカフェかレストランにでも成っているのだろうか、外に並んでいる人が居た。
151019-古河庭園-19
 
カメラは Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2015/10/19(月) 09:53:08|
  2. 音楽
  3. | コメント:6
次のページ

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する