笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

三日月 12/12/16

12月16日
 今日も晴天だったので、夕方も西の空が綺麗だわい、と思って見ていたら、少し上のほうに三日月が。
 本当に三日月なのだろうか、と思って調べてみたら、月齢が2、つまり三日月と云う事になる(月例は0から始まるので、一つずれる)。
121216-三日月-01

 あわててカメラを持ち出して、何枚か撮ってみる。 
 空の色はまあ良いとして、お月様のほうは露出オーバーで、ぼんやりとハレーション状態である。
121216-三日月-02

 ただ、本来見えている明るい部分はハレーションだが、普通見えない影の部分が結構よく見えている。
121216-三日月-03

 こちらが望遠で撮った三日月。 月面でスポット測光すると、周りの空が真っ暗になって、真夜中のような感じだが、実際には前の写真とそれほど違ってはいなかったはずだ。
121216-三日月-04

 関係ないが、我が家の夕食の一部。 豆腐は滋賀県直送のチョー有機栽培の大豆で作られたもの、右のなますは熊谷直送の大根、なますに入っている干し柿は山梨からの産直、酒は群馬から取り寄せた生酒、ぐい呑みは福岡の上野焼(あがのやき)。 納豆は普通の納豆(笑)
121216-産直-05

 こちらは長野から直送のリンゴ、木の上で完熟したものだから味、香りともに最高。
121216-産直-06

カメラは IXY DIGITAL 10、Sony NEX-5、Xperia GX を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!
  1. 2012/12/16(日) 20:53:56|
  2. お月様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

皆既月食

皆既月食
12月10日
 日食に比べると月食はそれほど珍しくはないようだ。 とは云え、日本全国で皆既月食が比較的見やすい時間帯に起こって、しかも天候にも恵まれるとなると、貴重な機会と云えるかも知れない。
 若干薄雲が流れている風ではあったが、これならなんとか見えるだろうと、カメラの準備をした。
昔使っていたタムロン製オリンパスOMシリーズ用の 70~210mm と云うレンズにテレコンバーター(二倍)をつなぎ、アダプターを介してソニーの NEX-5 に付ける、なんとも雑多なシステム、数字は滅法弱いが、これで35mm換算で630mmに成るはずなので、手持ちの中ではもっとも望遠に成るはずだ。
 
 月食とは云え、元の満月も撮っておかねばと思ってあわてて外に出て撮ったのがこれだが、タイムスタンプを見たら、もう既に食が始まって約1分経過していた。

 これは約21時46分の画像。 左下が少し暗く見えるのは欠け始めているせいだろう。
111210-皆既月食-01

 22時22分 半分近く欠けている。
111210-皆既月食-02

 22時42分 食は更に進んでいる。
111210-皆既月食-03

 22時46分 角度が微妙にずれているのは三脚が不安定で動いてしまったせいである。
111210-皆既月食-04

 23時36分 しばらく時間が空いてしまったが、思い出して外に出たらこんな状況だった。
 まだ白い部分が有るので、まだ皆既月食の状態ではないのかと思っていたが、調べてみたら食のピークを5分くらい過ぎている事が分かった。 これはもうれっきとした皆既月食だ。
 皆既に成ったら暗くてカメラで捕まえられなくなるのではと心配していたが、そんな事は無かった。
111210-皆既月食-05

 23時37分 上の写真とは1分しか違わないので、色の違いはカメラが微妙に動いて、測光のポイントがずれたせいかも知れない。
 いずれにしても、生でこう云う赤いお月様を見たのは初めてだ。
111210-皆既月食-06

 結構寒くなってきて、ここで風邪でも引いたらしゃれにも成らないと思い、この時点でカメラを片付けた。
 次の機会にはもう少しうまく撮りたいものだ。 機材もグレードアップしたいところだが、懐具合が許すかどうか・・・。

カメラは Sony NEX-5 を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

テーマ:月の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/10(土) 23:59:59|
  2. お月様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

十三夜

 8月11日。
 ちょっと気分を変えて、お月様の写真。
 軽井沢はここ数日ずっと曇りがち、夕方は雷雨と云う繰り返しだったが、久々に結構な月夜になった。 月齢を見ると11との事、月齢と云うのは何度読んでもいまいち理解出来ないが(←頭が悪い)、月齢14で満月と云うふうにずれているので、これは十二夜と云う事になるのか。 もっとも月齢は正午の値らしく、これを撮ったのは日付が変わりかけたころで既に半日過ぎているから「十三夜」と云ってもいいのかも知れない。
1108-軽井沢-21

 上の写真のほぼ24時間後に撮ったもの。 月齢は素人計算で12.8くらいになるのだろうか。
 と云う事は既に十三夜をすぎて十四夜の月と云う事になる。 となればもう満月にかなり近いわけで、よく見ればほんの少し陰の部分が分かるが、こうなるともうちょっと見には満月と区別がつかなくなってくる。
 前夜に比べて色合いが違うのは、若干曇り気味で雲が掛かっているからだろう。 雲が写れば良いと思ったのだが、ちょっと無理だったようだ。
 考えてみると天文学的な意味での満月と云う状態は、まさに一瞬でしかないわけだから、あまり厳密に考える事も無いのだろう。
 これを撮ったのは8月12日、旧暦の7月13日の夜だから、これを十三夜の月と思ってもいいのかな。
1108-軽井沢-22

 生憎、三脚はこんなものしか手元には無かった。 これはたしかマクロレンズを買った時におまけに付いてきたもので、足はこれ以上伸びないのだが、これでも結構役に立つ事も有る。 
 お月様はこれを車の屋根に乗っけて撮った。
1108-軽井沢-23

カメラは IXY DIGITAL 10、Sony NEX-5 を使用

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:月の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/11(木) 23:59:59|
  2. お月様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

小望月

 ネットで十三夜の月が綺麗ですよ~と知らせてくれた人がいて、窓を開けて空を見上げたらこちらでもしっかり見えていたので、やおらベランダに三脚立てて撮ってみた。
110713-十三夜 十三夜と云うと何故か「♪ 河岸の柳の 行きずりに~」と云う古い流行歌を思い出してしまう。
多分、昔母親が歌っていたせいだろう。
ソニーのアルファシリーズの75~300と云うレンズをコンバーターを介してNEX-5に付けた。

調子に乗って、と云うか、こちらは14夜の月。
110714-十四夜 日本では15夜を満月と云うが、イスラム圏では14夜が満月だ、とかどこかに書いてあったがわたしには見分けが付かない気がする。
 こちらは昔使っていたオリンパスのOMシリーズ用の70~210と云うタムロンのレンズにテレプラスを入れて、さらにOMシリーズ~NEXのコンバーターを付けた。 一応これで420ミリ、と云う事になるのだろうか。 手持ちのレンズではこれが最望遠になる。
110714-カメラ

 ところで十三夜は小説のタイトルに成ったり、十五夜は歌に歌われたりなど、なんとなく語呂もよくてポピュラーだが、十四夜はどうも納まりが悪い。
 調べてみたら、望月(満月)の一つ前と云う事で「小望月」、あるいは「待宵月」と云う言い方もあるらしい。

カメラは IXY DIGITAL 10、Sony NEX-5 を使用

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:月の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/14(木) 23:59:59|
  2. お月様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

スーパーフルムーン@町田

3月20日
 2、3日前にネットで月が地球にもっとも近づく、とか云う記事を見た記憶が有ったが、すっかり忘れていた。
 日付が20日に変わってしばらくして、ぼちぼち寝ようと思ってネットを見たら、それが今夜と云う事が分かった。
 厳密には3月20日の3時10分に満月に成って、4時10分に一番近づくとの事。
 あわてて外を見ると、まさに満月(厳密には2時間前)が煌々と輝いていた。
 この際撮らない手は無いと思い、急いでベランダに三脚を立てる。

nex-5_tamron 70~210mm と云うタムロン製OMシリーズ用のレンズに、同じくテレプラスを繋いだものを、マウンドアダプターで NEX-5 にセットする。
 この ← 写真は別の日にとったもので、実際はこれにさらにテレプラスが付いている。 早い話がレンズの端っこにちょこっとカメラがくっついている感じだ。

 カメラ本体は非常に軽いのだが、昔のレンズは金属とガラスで出来ている(はず)なので、かなり重い。
 レンズに三脚用のねじ穴が無いので、カメラ本体のねじ穴を使うしか無いがいかにも不安定。 もし水平だったらとても無理な感じなのだが、相手はお月様なので、かなりの仰角(60度?)になり、若干ふらふらしながらもなんとか止まっている、と云う状況だ。
 1メーター程度の三脚で、狭いベランダなので結構窮屈だが、こう云う場合は NEX のチルトディスプレイは非常に助かる。

 こうして撮ったのがこれで、トリミングした以外はそのままだ。

1103200-super_fullmoon-02

 撮影時刻は午前1時をわすかに回っていたので、厳密に言えば満月に成る約2時間前、再接近の約3時間前、と云う事になるのだろうが、これが19年に一度と云うスーパーフルムーンである。
 レンズは40年以上も前に使っていたオリンパスのOM2と云うカメラ用のもので、カメラ本体がかなり前に昇天してしまって、レンズももう使う事は無いだろうと思いつつ保管していたもの。 最近購入したソニー製のカメラに、マウントアダプターを使えば使用できると知り、ネットでそのアダプターを購入、こうして生き返ったと云うわけだ。

カメラは Sony NEX-5 に Tamron 70-210、テレプラス(2×)を使用

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:月の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/20(日) 01:01:00|
  2. お月様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する