笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

イブは温泉コンサート

「温泉コンサート」の温泉とは、田園都市線の宮前平駅の近くにある、とある日帰り温泉の事だ。
 先日、24日、つまりイブの夜だが、なんとその温泉施設でクリスマス・コンサートというのをやった。

温泉コンサート・会場 レストランの脇にあるスペースに臨時に椅子をならべた、仮設の会場だが、床も壁も、多分天井も木張りなので、音響は中々良好だ。
 レストランが混んでいると、食器のぶつかる音などがかなり響くのだが、幸いと云うか、この日はわりと空いていたので、その手のノイズはほとんど気にならなかった。
 そんな事で、実にこぢんまりとしたコンサートなのだが、響きの良い空間で、お客さんはよく聞いてくれて、沢山拍手もしてくれたので、心地よく演奏出来た。
 前列のお客さんは、2メーターも無いくらいのところで聞いているので、吹いているときも話していても、じかに反応が伝わってきて、面白かった。

曲目は
の7曲で、多少のMCも含めて、ワンステージが40分と云うものを2ステージやった。

 使った楽器は、フルートの他に、リコーダー(ソプラノ、ソプラニーノ、アルト)、オカリナ(C[小]、A、C[大])、ケーナ(G、A♭)、パンパイプ、篠笛、ホイッスル(C、A♭)、と7種類、13本となる。

 キーボードで共演してくれたのは、今年の春まで、ミュージシャンをコーディネイトする、いわゆるインペク会社に勤務していた choco ちゃんで、アレンジは全て彼女の手になるもの、最後の「Reunion」は、彼女のオリジナル曲で、元はパイプオルガンの為に書いたものを、今回、フルートとピアノ(今回はキーボード)の為に書き直したものだ。

 終演後はそのレストランでご馳走に成ったが、湯葉や豆乳を使った料理や、ゴマの入った豆腐(ゴマ豆腐ではない)など、ユニークなメニューもあって、料理も中々美味かった。
 食後、温泉に入り、岩盤浴の初体験もした。 温泉自体は、地下1500メーターからくみ上げているそうで、多少は加熱しているのかも知れないが、れっきとした温泉で、コーヒー色の湯は、若干ぬるぬるした感触があって、如何にも温泉と云う感じがする。
 時間が無いので、あまりあちこちは回れなかったが、色んなバリエーションも有るようで、余裕が有れば、一日中入り浸っているのも悪くないだろう。

写真は choco ちゃん提供

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:たまにはライブやコンサート - ジャンル:音楽

  1. 2009/12/26(土) 15:38:20|
  2. 生演奏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する