笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

ベランダからの夕日、夕焼け

 わたしの部屋は窓が西南西(多分)に開けているので、時期によっては綺麗な夕日や夕焼けが見られる。
 時期によって、と云うのは、日没の方角もあるが、道路を挟んで向かい側の敷地の大きなケヤキの葉が茂っている間はほぼ完全に視界を塞がれてしまう、と云うような事も有る。
131204-sunset-01


 道路沿いのイチョウはまだ葉が落ちきっていないが、かなり見通しが良くなってきた。
131204-sunset-02


 このところ晴天続きなので、自宅に居ればの話だが、ほぼ毎日、こんな感じの夕日、夕焼けを見ることが出来る。
131204-sunset-03


カメラは Sony NEX-5 を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!


テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/04(水) 23:06:25|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

また、軽井沢    2013/10/17

少し遡るが、10月17日。

 今年は軽井沢の滞在日数が記録的に多かったような気がする。
 昨年までやっていたツアーが無かったのとスタジオの仕事がわりと暇だったせいもあるのだろう。

 わたしの場合、軽井沢に来ても普通皆さんがいらっしゃるような、いわゆる旧軽井沢や、駅の近辺に最近出来ているショッピングモール他の有名スポットなど、人が集まるほうに行くことは全く無く、あまり人が居ないほうに出掛けてのんびり、ぶらぶらしている事が多い。
131017-軽井沢-01

 この日はこのところ行っていなかった森泉山(もりずみやま)のほうに出掛けてみることにした。
 これはその途中、畑道から見た浅間山。
 手前は収穫間近と思われるソバ畑。
131017-軽井沢-02

 蕎麦好きの人でも蕎麦畑や実を実際に見ていない人は少なくないかもしれない。 ちょっと影の部分が判りにくいが、これが蕎麦の実だ。
131017-軽井沢-11

 森泉山は山全体が別荘地として開発されたようなところで、かなり上の方まで別荘が建てられている。
 場所としては軽井沢町の隣、御代田町になるらしい。 標高1137メーターだそうだが、麓からの標高差はせいぜい2、300メーターだろうか、離山といい勝負だろう。
 これはその途中の山道から望む浅間山。 以前と比べると木が伸びてしまって、あまり眺望の良いところは少なくなっているが、これはそのうちの一つだ。
131017-軽井沢-03

 同じ場所からの別アングル。
 白く見えているのは多分ビニールハウスだろう。
131017-軽井沢-04

 縦位置の写真も一枚。
131017-軽井沢-06

 たまには浅間山をバックに記念撮影。
131017-軽井沢-07

 マタタビ三兄弟というところか。 マタタビの実もかなり色づいてきていた。
 この左側の色づいているものは甘くて美味しく成っているはずだ。
131017-軽井沢-08

 帰り道に通った、軽井沢大橋と云う若干オーバーな名前の付いた橋、名前負けの感が無きにしもあらずだが、佐久市のほうに流れている湯川に掛かった橋である。 
 高低差が90メーターだか有って、落ちたらまず助からない。 そんな事で自殺者が相次いだらしく、転落を防ぐために厳重に金網が張ってある。 その自殺者の霊がどうとかで、この軽井沢大橋はその筋の間では有名な心霊スポットとして知られているのだそうだ。 もちろん真偽のほどは全く「?」だが。

 こちらが上流側で、記憶は定かでないが、この少し先に小規模だが発電所のようなものが有ったように思う。
131017-軽井沢-09

 これはその反対、下流側で、佐久市方面になるはずだ。 この先のほうにダム、湯川ダムと云うのがあるようだ。
131017-軽井沢-10

 最近の米はほとんどが機械乾燥になってしまい、こういう「はざかけ」の風景を見ることも少なくなってしまったが、やはり天日干しした米は味が違う。 こうして干した米は多分農家の人が自分たちで食べるのだろう。
131017-軽井沢-12

カメラは Sony NEX-5、Sony Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/11/03(日) 12:00:40|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

夕焼け

1月5日
 夕方カーテンを閉めようと思ったら、夕焼けが綺麗だったので、急いでカメラと三脚をセットした。
 数枚撮ってパソコンに取り込んでみたら見事にピンぼけに成っていた。 レンズをアダプダを介して付けているのでフォーカスがマニュアルに成っているのだが、かなり距離が有ると思って無限遠にしていたのが間違いだった。
 で、改めて撮ったのがこれだ。
120105-夕焼け-01

 数分経っているので、もっと暗くなっているのだが、オートマチックで撮っていたので、結構明るく撮れてしまった。 これでも少し加工しているのだが、あまり差が分からない。
120105-夕焼け-02

 これは上の写真とほぼ同時刻、ちょっとアップにしただけだ。
120105-夕焼け-03a

 オートマで撮っていると明るさの変化が分からないので、これ以降の3枚はマニュアルで固定してみた。
120105-夕焼け-04

 上の写真より約3分後
120105-夕焼け-05

 こちらは更に4分後
120105-夕焼け-06

 我が家の道路を隔てて向かい側(ほぼ西北西)には、昨年までは某企業の巨大施設が有ったが、現在はそれが取り壊されてほぼ更地に成っている。 お陰で、前が開けて結構な眺めを楽しむ事が出来るように成った。
 いわば借景である。
 この後、どんなものが建つのかは分からないが、多分つかの間の楽しみだろう。

カメラは Sony NEX-5 を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

テーマ:朝日・朝焼け・その他 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/05(木) 11:59:59|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

浅間山

 ツアーの合間に数日間空いたので、久しぶりに軽井沢で過ごした。 梅雨時の軽井沢は、晴れさえすれば実に快適なのだが、残念ながらあまり天候には恵まれなかった。
 
帰る日に成って、やっとからっと晴れたので、浅間山でも撮るかと、近くのスポットに向かった。

 この時期あちこちに白い花が見られるのはヤマボウシで、ちょっとハナミズキに似た感じの花だ。 ハナミズキ同様、遠目には綺麗だが、あまり近寄ってみると、特に美しいと云う花ではないような気がする。
110705-浅間山-01

 ヤマボウシのまん丸い実は甘くて結構美味しいのだが、最近あまり食べる人は居ないようだ。 ヤマボウシの並木道が有って、実の時期に成ると赤い実が道路に一杯落ちていて、もったいない。
110705-浅間山-02

 こちらはクリの花、この辺りの栗は小粒なので、皮をむいたりするのはかなり面倒だが、味は悪くない。 栗おこわなどにしても美味い。
110705-浅間山-03

 浅間山は何処からでも見えるのだが、写真を撮るとなると、建物や電信柱など余計なものが写りこんでしまうところが多く、良い場所は少ない。
 そんな中でこの場所は、ちょうど山側が公園に成って入るので、結構マシなスポットではないかと思っている。
110705-浅間山-04

 夏の時期にこんな感じでくっちりと見える事はかなり少なく、特に梅雨明け前なので、かなり珍しいのではないかと思う。 手前に見えている白い花もヤマボウシだ。
110705-浅間山-05

 頂上部分をアップにすると、こんな感じ。
110705-浅間山-06

 よそのうちの石垣に咲いていた花、なんというのだろう?
110705-浅間山-07
P.S.
らばぴかさんから help が有って、↑ この花はカンパニュラ・ラプンクロイデスと云うのだそうだ。 和名はハタザオキキョウ(旗竿桔梗)、なんとなく分かる気がする。

 ムラサキツメクサ、アカツメクサとも云うようだ。 実際の色はもう少し赤っぽかったのだが、この写真だとムラサキツメクサのほうが良さそうな感じがする。 シロバナアカツメクサと云うのも有るらしいので、ややこしい。
110705-浅間山-08

 キツリフネ、まだ時期が早いのか、あまり咲いていなかった。 かなり薄暗い場所で、不自然な姿勢で撮ったので、かなりイマイチな感じだった。
110705-浅間山-09

カメラは IXY DIGITAL 10、Sony NEX-5 を使用

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:山と野の花 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/05(火) 23:59:59|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

信濃川

7月10日
 今日は移動だけでオフ日だ。 このところウォーキングがほとんど出来ていなかったので、出発までは時間も有り、珍しく晴れていたし、朝、8時前にホテルを出て散歩に出た。

 ホテルのすぐ近くで見掛けた小さな弁天様。 弦が3本なのはちょっと気になるが、持っている楽器はもちろん琵琶だ。 「新潟駅前弁天通り商店街」の文字が見えるが、商店街にちなんで設置されたのだろう。

100710-信濃川-1

 10分も歩くと万代橋と云うところで信濃川に出た。

100710-信濃川-2

 これはその萬代橋の欄干、規定よりも低いので改築すると云う話が出た時に、景観をそこなう、と云う反対運動が起こって、結局改築は沙汰止みになったのだそうだ。

100710-信濃川-3

 めずらしく晴れていたが、橋の上や河川敷は風が結構あって、涼しかった。約1時間半歩いたが大部分は河川敷だったようだ。
 このアーチ型の橋が、先ほど渡った萬代橋で、右方向が駅になる。 この萬代橋、なんと重要文化財に指定されているのだそうだ。

100710-信濃川-4

 これは萬代橋よりひとつ上流の橋で、真ん中に白く見えるのはコサギ(多分)だ。

100710-信濃川-5

 もう少しアップで撮りたいと思って、近づいていくのだが、何度やっても、こうして逃げられてしまった。

100710-信濃川-6

 ボートのトレーニングをしているようで、左側のモーターボートにはコーチが乗っているらしく、なにやらスピーカーで指示を出していた。

100710-信濃川-7

 名前は忘れたが、これは萬代橋より二つ上流(たしか)の橋の飾りで、多分なにか意味が有るのだろう。 あとで地図で見たら、この橋の更に上流に右側が、昨夜の会場、新潟県民会館になるようだ。

100710-信濃川-8

 河川敷で見付けたネジバナ、こう云う細い花を撮るのは、コンデジでは難しい。

100710-信濃川-9

ネジバナは結構あちこちに咲いていた。 我が家の庭にも時々咲いているが、この時期だともう消滅しているので、やはり少しは時期がずれているのだろう。

100710-信濃川-10

 こんな船着き場があって、観光船のようだ。 こんなのが有ると分かっていれば、乗ってみるのも面白かったのだが、残念。

100710-信濃川-11

 この「橋跡」は、実際の橋よりはかなり駅よりの場所に有ったので、不思議に思っていたが、昔の信濃川は、現在より遙かに川幅が広かったらしい。
 ここに書かれているように、明治19年に開通する前は、橋は全く無くて、渡し船に頼っていたのだそうだ。 ちなみに、当時は「よろずよばし」と訓読だったらしい。

100710-信濃川-12

 朝飯前の散歩だったので、さすがにハラも減って来た。 なにか麺類を食べたいと思ったがまだ食い物屋が開く時間ではなかったので、駅の地下街に有ったうどん屋に入った。 うどんにしてはかなり細めだがしっか りした麺で、中々美味いたぬきうどんであった。
 この後は昼過ぎのMAXとき、あさま、と乗り継いで長野に向かった。

カメラは IXY DIGITAL 10 を使用

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/10(土) 23:59:58|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する