笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二泊三日の香港      2017-11-25~27

 とある仕事で香港に行った。
 現地に到着次第リハーサル、次の日は本番、そして三日目には帰国と云う二泊三日のハードスケジュールであった。
201711-香港-01
 宿泊したホテルは70数階の高層ビルで、部屋は74階だったか。
 残念ながらカメラはスマホと古いコンデジしか無かったので思うような写真も撮れなかったが、
夜景はなかなかのものだった。
 こちらは一応その夜景。
 これと次の写真は、そのコンデジの設定を間違ったようで、魚眼レンズ風になってしまっていたが・・・。
201711-香港-02
 とくにこちらのほうが魚眼的効果が顕著なようだ。
201711-香港-03
 こちらのビルの特徴は、とにかく縦に細長く高い事で、
 少なくとも3、40階はありそうなビルがニョキニョキと林立している風景は、なかなかのものであった。
201711-香港-04
 いずれもその70数階の部屋からの風景である。
201711-香港-05
 自由になる時間がほとんど無い中で、朝の僅かな時間だけはホテルの近辺に限りだがぶらぶらすることが出来た。
 そんな中でまず目に付いたのがちょっと特徴があるこの花。
201711-香港-10
 多分初めて見る花だと思うが、ホテルの近くの公園には何か所かに咲いていた。
201711-香港-07
 色合いは違うが、多分同じ花だろう。
201711-香港-09
 帰ってからSNSにアップしたらアジアのメンバーから速攻で「あっ、バウヒニア」とリプライが有った。
201711-香港-07
 バウヒニア(Bauhinia blakeana) とは、香港の旗の図案に使われているなど、
なんと香港を象徴する花なのだそうで、公園に植えられているのも当然だろう。
 和名と云えるのかどうか不明だが、日本語名はアカバナハカマノキ、オオバナソシンカと云うようだ。
 英語名は Hong Kong orchid tree 、漢字表記は香港蘭と云うらしいが蘭の種類ではなくてマメ科の植物らしい。
201711-香港-08
 木の高さ5、60センチくらいの、この赤い花は沢山植えられていた。
201711-香港-11
 名前はさっぱり分からなかったが、帰ってから調べてみたらどうやら「サンタンカ」と云うらしい。
201711-香港-12
 漢字表記は「山丹花」、名前の由来は不明らしい。
201711-香港-13
 これはどう見てもツバキだが、花びらも蕊もスリムで、見慣れている日本のツバキとはちょっと違う感じがする。
201711-香港-06
 たまたまなのかどうなのかは分からないが、見かけたのはいずれも1メータ未満の低木だった。
201711-香港-14 
 ところでこのツバキ(?)だが、アザレアツバキ、と云う事が分かった。
 文字通り、ツツジツバキと云うわけだが、妙なネーミングと云えばその通りである。
 このツバキ、なんと夜には閉じてしまうらしい。 以上、by 専属鑑定士
201711-香港-15 
熱海でもよく見かける、シコンノボタンによく似た花を発見。 どうやら同じ種類のようだ。
201711-香港-16 
 実はシコンノボタンではなくて「シコン」の付かない「ノボタン」と云う事が分かった。
 たしかに色はピンクっぽくて「紫紺」ではない。 以上、by 専属鑑定士
201711-香港-17
 11月末だが、ブーゲンビリアも当然のように咲いていた。
201711-香港-18
 熱海で見かけるブーゲンビリアは蔓状で他の木に絡まっているのが多いが、
こちらは幹もそこそこ太く、立派に一本立ちしている。 以上、by 専属鑑定士
201711-香港-19 
 名前が分からなかったこの花、フウリンブッソウゲと云うらしい。
 この写真ではよう分からないが、花は上からぶら下がっていて、
風鈴と云うのはそこから来ているようだ。 by 専属鑑定士
 ちなみに仏桑花(仏桑華)とはハイビスカスの事で、さだまさしさんの歌に「仏桑花」と云うのがある。
201711-香港-20 
 この黄色い花も現場では全く分からなかったが、コウシュンカズラ(恒春葛)。 by 専属鑑定士
 恒春と云うのは多分四季を通じて咲いている、と云う意味だろう。
201711-香港-21
 こちらはお馴染み、普通のハイビスカス。
201711-香港-22
 ホテルのフロント。 
 従業員はあまり愛想が良いとは思えず、諸々の手際も無駄に時間が掛かっているようでイマイチな印象を受けた。
201711-香港-23
 ひどいピンボケで申し訳無いが、肝心の仕事のほうはこんな感じ。
 こんな写真でも分かる方にはわかると思われるが、手前で二胡を構えているのは篠崎正嗣さん、
その次はわたしの席で、黒いコスチュームは梯郁夫さん、右端は関西でご活躍の古川忠義さん。
 古川さんは、なんと高校の後輩にあたり、存在は前から知っていたがお会いしたのは今回が初めて。
201711-香港-24
 MC、ボーカル、作曲、編曲は黒石ひとみさん。 色々とお世話になりました。
201711-香港-25
 使った楽器はこんな感じで、普段のスタジオをあまり変わらなかった。
 箱にバンドで止められているのはパンパイプの管で、曲の途中で差し替える必要が有ったため。  こうでもしておかないと管を間違えたら悲惨な事になる。
 ちなみにこれは知る人ぞ知る「竹ちくわパンパイプ」だ。
201711-香港-26
 こちらは客席側だが、今まで経験したどのディナーショーよりも大規模のように見受けられた。
201711-香港-27
 これもスマホで撮ったものをトリミングしたのでこの通りの写真だが、散歩中に見かけた小鳥。  シジュウカラに似ているが少し違う。 
201711-香港-28
 公園内の人工の滝。
201711-香港-29
 幹の途中から根(?)がぶら下がっている、如何にも熱帯風の木、名前は不明。
201711-香港-30
 工事現場に貼ってあったポスター、工事の安全を訴えるもののようで、地元の小学生が書いたもののようだ。
201711-香港-31
 ちょっと広い川、と云う感じだがこれでも海のようだ。
201711-香港-32
 対岸までの距離はさほど無いように見えるが、深い入り江に成っているので、
陸路行くとなるとかなりの距離を走ることに成りそうだ。
201711-香港-33
 香港では工事現場の足場に全て竹を使っている、と云う話を聞いてちょっと半信半疑だったのだが、
 実際はこの通り、本当だった。
201711-香港-34 
 高いものではないが、その先に見えている建設途上のビルも、よく見ると確かに竹の足場を使っているようだ。
201711-香港-35
 ちょっと離れて見る、我々が宿泊しているホテル。 この左側のビルの最上階に近い辺りに居たことになる。
201711-香港-36
 
201711-香港-37

201711-香港-38
 たしか朝の8時くらいだったと思うが、既に釣り糸を垂れる太公望の姿が。
201711-香港-39
 右側に見えているのは連絡船(?)の乗り場で、対岸に行くには船は欠かせないだろう。
201711-香港-40
 
201711-香港-41
 これも建設中のビルだが、ずっと上のほうまで、足場はやはり竹を使っているように見える。
201711-香港-42
 公園の一角で、なにやらエクササイズに励むおばさんたちの一団が。
 見受けた限りではあまり成果が上がっているようには見えなかったが、それなりに健康増進の効果は有るのだろう。
201711-香港-43
 これも宿泊していたホテルだが、下から見上げるとこんな風。
201711-香港-44
 
201711-香港-45
 公園の反対側に出ると、こんな感じの幹線道路が走っていた。
 案内板の地名で唯一分かるのは「九龍」だけだ。
201711-香港-46
 イギリスの統治下だっただけあって、二階バスが多く見かけられた。
 圧倒的な高層ビルも多いが、こんな風なちょっとレトロな建物も残っているようだった。
201711-香港-47
 これはマイクロバスだが、一応路線バスのようだ。
 東京都内でもよく見かける〇〇ちゃんバス、みたいなものか。
201711-香港-48
 「行人」と云うのが目に入ると漱石の小説が思い浮かぶが、実際は歩行者の事だろう。
201711-香港-49
 こんなポスターが有った。 見た通りの弦楽合奏のようだが、かなりの人数のようだ。
 下のほうに**学院と云うような文字が見られるので、学生オケの合同演奏なのかも知れない。
201711-香港-50
 なにやらゲームに興じているおじさんの一団。
 囲碁や将棋の類なのか、はたまた麻雀の類なのかは分からないが、岡目八目の見物人も居て、中々楽しそうだ。
201711-香港-51
 帰りの空港でご馳走になった飲茶。
 次々と出てくる料理はそれぞれに美味かったし紹興酒も中々に行けた。
201711-香港-52
 
カメラは SX610 HS、Xperia XZ を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
スポンサーサイト
  1. 2018/01/05(金) 23:31:00|
  2. ツアー、演奏旅行
  3. | コメント:4

今年もフデリンドウが・・・      2016-03-30

 出勤途上、いつもの尾根道でフデリンドウを発見。
160330-尾根道-01
 フデリンドウは花の直径が1センチちょっとのぼんやりしていると見過ごしてしまうくらいの小さい花だ。
 この時期これを見つけるといよいよ春本番と云う感じがして、なんとなく嬉しく成ってしまう。
160330-尾根道-02
 例年より少し早いように思ったが、離ればなれながら6、7株は咲いていた。
160330-尾根道-03
 見落としているのも有るはずだから、実際にはもっと多く咲いていたのだろう。
160330-尾根道-04
 こちらは蕾で、筆竜胆の名前の由来は、花そのものではなくて、蕾のかたちから来ているのが分かる。
160330-尾根道-05
 一週間くらい前からスミレもあちこちで咲き始めている。
160330-尾根道-06
 この辺りではこんな感じの極薄い紫のスミレが多いようだ。
160330-尾根道-07
 遠目にはカタバミかとも思ったが、そうではなさそうだった。 これもよく分からないがキンポウゲの類だろうか・・・。
160330-尾根道-08
P.S.
 実はこの黄色い花はキンポウゲでもなくて、キジムシロと云う事が分かった。
 この写真では分からないが、別ショットの葉っぱなどで確認できた。
    tnx rabapika !
 3月4日付けの記事で新芽の写真をアップしていて、なんの木だろうなどと書いていたが、やっと花が咲いた。
 その後あちこちで詳しい方に教えてもらって、どうやらカリンらしいと云う事になった。 これはその「カリン」の花。
 カリンと云っても実が生っているのを見たことが無いのだが、どうやらまだまだ小さい木なので実は生らないと云う事のようだ。
160330-尾根道-09
 
カメラは PowerShot SX610 HS、Sony α6000 SEL30M35 を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2016/03/30(水) 23:59:58|
  2. 道端の草花
  3. | コメント:2

いろんな花が開きはじめた      2016-03-04

 三寒四温の気候が中々進行していかないような状態が続いていたが、
このところ急に暖かくなってきた。
 そのせいかどうか、色んな花が開き始めてきた。
 こちらは我が家のすぐ近所で見掛けたスミレ、かと思ったが、博士から連絡が入って、オオアラセイトウだと分かった。
そういえば前にも間違ったよつな記憶が・・・。
 これは駅に向かう通勤路で毎年咲いている黄色い花。
 リュウキンカ(立金花)かと思っていたが、どうやらヒメリュウキンカのようだ。
 元々が花びらに「てかり」が有るので、その部分が白飛びみたいになりがちで難しい。
 蜜が美味しいのかアブも来ていた。
 今年もキイチゴの花が咲き始めた。 これはなにイチゴと云ったかな~。
 実が生るとすぐに小鳥に食べられてしまうようで、あまり実を見たことが無い。
 たしか赤い実だったように思う。 クサイチゴ?
 新芽の出始めはどんな木でもそれなりに美しいものだ。
 この木がなんだったかと云うのは思い出せないのだが・・・。
 玉川学園の住宅街にある花壇で見掛けた、このまん丸っこい花。
 これも博士のお陰でデイジー、つまりヒナギクと分かった。
意外とポピュラーな花だった。
さださんのファンで「デイジーの花言葉」さんと云う方が居られた。
 こちらはその近くで咲いていたが、自生なのか人が植えたのか分からない。
 
カメラは PowerShot SX610 HS を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2016/03/04(金) 23:59:59|
  2. 道端の草花
  3. | コメント:4

我が通勤路      2015-11-20

 家を出るとすぐに数百メートル続く遊歩道になる。
 最近、最初に目にはいるのはこれだ。
151120-通勤路-01
 この状態ではなんだか分からないかも知れないが、これは悪名高いセイタカアワダチソウである。
 これが種なのかドライフラワーに、成ったのかは不明だ。
151120-通勤路-02
 尾根道が終わると駅までは住宅街が続く。 これはとあるお宅のドウダンツツジの生け垣。 これは成るべく綺麗に紅葉している部分を撮ったので、決して全体がこんな風てはない。
151120-通勤路-03
 同様にこれも通りがかりのよそのお宅の生け垣に咲いていたサザンカ。 白い花を撮るのは難しい。
151120-通勤路-04
 電車の接続が妙に良かったもので、スタジオの最寄り駅・乃木坂には1時間以上も早く着いてしまった。
 乃木神社、と云うか乃木邸に行ってみたら、なんとこちらは工事中で、ほぼ半分は立ち入り禁止状態。
 よく見ると立派な実が沢山付いているのが分かるが、これはモミジではなくて、柿の木だ。 
 生憎の曇り空だったのは残念だが、柿の紅葉も悪くはない。
 ちなみにこの柵に囲まれた部分は乃木夫妻の家庭菜園に成っていたのだそうで、昔は色々な野菜が植えられていたのだろう。
151120-通勤路-05
 これは門の跡か塀だったのか分からないが、レンガと云うのはこうして廃墟みたいに成っても何故か絵になる。
151120-通勤路-06
 乃木邸だけではとても時間が潰し切れないので、少し離れたミッドタウンに行ってみた。
151120-通勤路-07
 このバックに見えているのはすべてこのアガパンサスで、春には一面に咲いてる。 何処にも変わり者は居るようで、数株だけだがしっかり咲いていた。
151120-通勤路-08
 アガパンサスと云うのは学名 agapanthus から来ているが、和名はムラサキクンシランと云うらしい。 クンシランと云っても別の種類だそうで、花のかたちが似ているところから付いた名前だろう。 ムラサキ・・・と云っても花は真っ白だが、蕾のほうは若干ムラサキがかっている。
 普通は花もこの蕾くらいの薄紫色で、こんなに真っ白なほうが珍しいらしい。
151120-通勤路-09
 ミツマタの蕾。 ここにミツマタが有る事を知っていなければ分からなかっただろう。
151120-通勤路-10
 此処のミツマタは白と黄色の混ざった花だったと思うが、熱海の街中で見掛けたものは綺麗な赤い花が咲いていた。
151120-通勤路-11
 先ほど玉川学園で撮ったのほどは綺麗に紅葉していないが、これもドウダンツツジ。
151120-通勤路-12
 この時期は花が少ないが、これは同じミッドタウンで咲いていたサザンカ。
151120-通勤路-13
 ツバキもそうだが、サザンカも花びらが傷んだり落ちてしまったりなど、花が傷み易く、写真で撮れる期間が短いように思う。
151120-通勤路-14
 こちらは本家(?)モジジの紅葉。 気候のせいか、色はこちらもイマイチのようだった。
15112-通勤路-15
カメラは PowerShot SX610 HS、Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2015/11/20(金) 23:59:59|
  2. 道端の草花
  3. | コメント:6

夜咲く花

 町田の駅の方、と云うか中心部からの帰宅途上、若干雨気味で時間も結構遅かったが暑くもなかったので歩く事に。
150817-カラスウリ-01


 試しにいつもとは違うコースを通ってみたら、意外な場所でカラスウリを発見。
150817-カラスウリ-02


 道沿いとは云え、タクシーなどに乗っていたら絶対に気がつかないだろう。
150817-カラスウリ-03


 近くを見たら、同じく夜の花、オシロイバナも咲いていた。
150817-オシロイバナ-04


 黄色をベースにほんのちょっと斑が入っている。 雨はほとんど上がっていたが、こうして雨に濡れたオシロイバナも悪くはない。
150817-オシロイバナ-05


 オシロイバナと云うのは不思議な花で、同じ株からでも様々な色、それらが混じり合った、いわゆる斑入りに咲いたりする事も多い。
150817-オシロイバナ-06


 再びカラスウリに戻るが、こちらも雨露に濡れている。
150817-カラスウリ-07


  この一連の写真は先日来のスマホのライトを使って別のコンデジで撮る、と云う方法をとっている。
150817-カラスウリ-08


 コンデジやスマホの場合、フラッシュを使うとどうしても絞りきれないようで、こう云う白い花を撮る時は特に、ハレーション気味と云うか、いわゆる白飛び状態に成ってしまう事が多い。 そんな際に、このスマホのアプリによる照明は中々良好である。
150817-カラスウリ-09


 光源が弱いので、これ以上は引けないようだが、この場所、結構沢山の花が付いていた。
 かと云って、次のシーズンに此処にくれば同じように咲いているか、と云う保証には成らない。 これだけの株だと多分しっかり根が残っているかとも思われるが、なんせ夜にしか咲かないので雑草と見なされて刈り取られてしまう可能性も大きいのだ。
150817-カラスウリ-10


 
カメラは PowerShot SX610HS を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2015/09/04(金) 19:04:50|
  2. 道端の草花
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。