笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

カラスウリ 2015      2015/07/15~30

 数年前に自宅の近辺でカラスウリを発見して以来、毎年写真を撮るのが年中行事のように成っているが、これはその2015年バージョン。
 周知の通りこれは夜に咲く花で、昼間は萎んでしまっているので人目に付きにくく、見つけるのはわりと難しいほうだ。
 朝早く行けば見られるだろうと思い、わたし的には早起きして前に見当を付けていた場所に行ってみたら、すでに萎んでしまってこんな状態だった。   
 日当たりの具合などにもよるのだろうが、 八時過ぎでは遅過ぎた、と云う事だろう。
150715-30-烏瓜-01
 次の日の夕方、6時頃だったろうか、同じ場所に行ってみると、今度は少し早すぎたと見えて、まだ開いていなかった。 これはおそらくもうすぐ開くはずの、と云うよりも開き掛けの状態だろう。
150715-30-烏瓜-02
 これは別の日、別の場所で撮ったものだが、もう少し開いたところ。 これが徐々に開いていくところを、いつか動画で撮ってみたいものだ。
150806-烏瓜-02b
 もう少し開いているのは無いだろうかと探していたら、可愛い実が生っていた。 スイカをうんと小さくしたような感じの、まだこんなグリーンの縞模様で、大きさも縦3センチくらいだろうか、まだまだ小さい。
  これが秋になればあの真っ赤なカラスウリに成るとは信じがたい。
 ところでカラスウリは全く食用には成らないものだと思っていたが、若い実は食べられる、と云うような事が何処かに書いてあった。 考えてみればヘチマだって若い実を食べることがあるらしいから、あり得ない話ではないのかも知れない。
 つまりこのくらいの段階だと食べられると云う事か?
 とは云え、これは他所のお宅の垣根に絡んでいたので、失敬してくるわけにも行かなかったが・・・。
150715-30-烏瓜-03
 約1時間ばかり後、用事を済ませてから訪れると、今度はしっかり咲いていた。 前に別の場所で撮ったのは失敗していたので、これが本年最初のカラスウリと成る。
150715-30-烏瓜-04

 横からも撮ってみたいと思ったのだが、これは高い位置に咲いていたので、これがせい一杯。 花の左前方は前夜の花だろう。
150715-30-烏瓜-05
 ちなみにこれは雌花だ。 カラスウリは雌雄異株らしいので、実も成っているから、この日撮ったのは全て雌花と云う事に成る。
150715-30-烏瓜-06
 これは前とは別の日、別の場所で、玉川学園の住宅地だ。 夕方まだ明るい頃で、まだ開き切っていない状態だから、もじゃもじゃが花びらを覆い隠しているような感じに成っている。
150715-30-烏瓜-07
 こんな状態で見たのは初めてで、花びらは半分隠れているが、もじゃもじゃの白は綺麗である。
150715-30-烏瓜-08
 これは雄花で、雄花、雌花の見分けは中心部と見れば一目瞭然だ。 夜間、暗い中に浮き上がって見えるほうが、より幻想的で良いのだが、この状態の白いもじゃもじゃも悪くはない。
150715-30-烏瓜-09
 これは前の二箇所とは違うところで、我が住宅のすぐ近くになる。 こんな近所に有ったとは知らなかった。
 カラスウリは花の咲いている状態で人目に付く事が少ないので、どちらかと云えば雑草扱いで、刈り取られてしまう事も多い。 前年咲いていたからと云って必ずしも次の年にも見られるとは限らない。
150715-30-烏瓜-10
 これはもう夜で真っ暗だったので、フラッシュ無しでは撮れない。 とは云えフラッシュを使うと花びら部分がハレーション状態と云うかいわゆる白飛びに成ってしまうので、それも出来ない。
 で、一計を案じて、これはスマホの懐中電灯とか云うアプリを使ってみる事にした。 この日撮ったものは全てこの方式で撮っている。
150715-30-烏瓜-11
 スマホのライトを使うなら、いっそのことスマホで撮れば良いようなものだが、この至近距離だと、やはり白飛び状態に成ってしまうので、この方法しか無いようだ。
 もちろん専用のライトでもコンパクトなものが市販されているが、至近距離で花などを撮るのだったら、これでなんとか間に合う。
 この左下に見えているのは、次の日に咲くはずの蕾である。
150715-30-烏瓜-12
   で、これ以降は虫さんの登場に成るので、サムネイル方式に成る。
 虫さんが苦手な方は開かないように、御願いします。
 m(_ _)m

150715-30-烏瓜-13  ほぼ撮り終わってぼちぼち帰ろうとしたら、そのすぐ近くでこんなものが目に入った。
 なんせスマホのライトなので全体がはっきりとは見えてこないのだが、なにやら虫が来ているようだ。
150715-30-烏瓜-14  カラスウリは花の構造上普通の虫では蜜を吸う事が出来ないらしい。 なので特に長い口吻を持つスズメガの類がもっぱらやって来る、と云う話は聞いたことが有った。
 が、これはどうみてもスズメガの類ではなくて、コガネムシのようであった。
150715-30-烏瓜-15  てかてか綺麗に光っていて、カナブンと云う事に成るのだろうか。 カナブンには色んな色があるようなので、多分大丈夫だろう。
 こうして見た感じでは、蜜を吸いに来ていると云うよりは花そのものを食べているように見える。
 次の日、同じ場所を見たら、花は跡形もなく無くなっていた。 やはりカナブンが食べてしまったのだろう。
カメラは Sony α6000 SEL30M35、Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/04(火) 10:56:31|
  2. 我が通勤路
  3. | コメント:4

今年もフデリンドウが・・・      2014/04/14

 最近益々環境が悪化してきた傾向にある我が通勤路の尾根道なので、今年はどんなものだろうと思っていたが、今年もちゃんと咲いてくれた。
140414-尾根道-01


 普通のリンドウに比べると一回り小さい、フデリンドウ。 遠目が利かないのでうっかりしていると見逃してしまったり、スミレかなと思って通り過ぎてしまいそうだが、紛れもなくフデリンドウだった。
140414-尾根道-02


 こんな風に三輪仲良く咲いているのも有った。
140414-尾根道-03


 フデリンドウは漢字で書けば筆竜胆なのだが、蕾のかたちが筆に似ているところから付いた名前である事は想像に難くない。
 右上がその蕾だ。
140414-尾根道-04


 開きかけたところも中々風情が有る。
140414-尾根道-05


 優雅な名前のジュウニヒトエと同じ仲間らしいが、地面に張り付くようにしてキランソウも近くに咲いていた。
140414-尾根道-06


 小さくて目立たない花だが、こうして見るとかたちと云い上品な色と云い、結構美しい。 漢字では金瘡小草と書くらしい。
 
金襴草とも書くようで、こちらのほうが読みやすいか?
 
根生葉が地面に張り付くように広がるところから、ジゴクノカマノフタなどと云う物騒な別名も有るらしい。
140414-尾根道-07


 スミレもまだ咲いていた。 スミレの種類も沢山有って、とても覚えきれないが、カラフルな改良品種よりこう云う素朴な花のほうに好感が持てる。
140414-尾根道-08


 このフェンスに沿って咲いているキイチゴの花も毎年見掛けるが、実を見た記憶があまりない。
 目に入る前に小鳥が食べてしまっているのだろう。
140414-尾根道-10
P.S.
 このキイチゴはクサイチゴだろうとの事。 by 博士
 クサイチゴと云うキイチゴ、なんだかややこしい。背が低いところからクサイチゴと云われるように生ったらしいが、実際は木なのだそうだ。



 我が住宅内に咲いていたムラサキハナナ。
140414-尾根道-11


 小田急線の線路脇など、あちこちに沢山咲いている。 以前ハナダイコンと思っていたが、ムラサキハナナが正しいようだ。
140414-尾根道-12


 玉川学園の住宅街で、高さ5、50センチの木に咲いていた、この白い花、名前が分からないまま毎年見掛けていたのだが、ひょんな事からシロヤマブキと云う事が分かった。 
 ヤマブキとは別の種類らしいが、白い花が咲くヤマブキも有るらしいから、ややこしい。
140414-尾根道-09



カメラは Sony Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/04/14(月) 23:59:59|
  2. 我が通勤路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

通勤路、色々~      2014/04/11

 我が通勤路も、この時期色んな花が咲き始めて目を楽しませてくれる。
 こちらは我々の住宅内でも咲き始めたハナミズキ。
140411-尾根道-02


 遠目にはちょっと似た感じにも見える白い花だが、こちらは山田耕筰、北原白秋の歌でも知られた、カラタチの花だ。
140411-尾根道-03


 これは別の日、別の場所で撮った花のアップ。 格別に美しい、と云う感じではないかも知れないが、歌詞の通り「白い、白い」花である。
140417-尾根道-50


 カラタチの学名は Poncirus trifoliata と云うらしい。 ラテン語はもちろんさっぱり分からないが、Poncirus はカラタチ属、trifoliata は多分三枚の葉、と云う意味ではないかと思われ、こんな風に葉が3枚づつ付くところから付いた名前ではないだろうか。
140411-尾根道-04


 こちらはカラタチの蕾。 棘は葉っぱが変化したものだそうだが、やはりかなり痛そうだ。
140411-尾根道-05


 玉川学園の住宅地に入ると、ヤマブキの生け垣があちこちに見られる。
140411-onemichi-06.jpg


 子供の頃、ヤマブキ鉄砲というので遊んだものだが、ヤマブキの枝の髄と云うのか、白いスポンジ状のものを女竹に詰めて、空気圧で飛ばすと云う、空気銃の原点みたいなものだ。 今どきそんな遊びをする子供も居ないのだろう。
140411-尾根道-07


 ヤマブキはどちらかと云えば遠目に黄色い塊として見ている事が多いかな、などと思いながアップで撮ってみる。
140411-尾根道-08


 こちらはかなりの大木で、オオシマザクラと云うのだろうか、花と葉が同時に出て、それはそれで綺麗だ。
140411-尾根道-09


 スイセンは種類によって、あるいは同じ種類でも花期にかなり差があるように思うが、玉川学園の住宅街に咲いていたこのラッパスイセンは、この時期にまだしっかり咲いている。
140411-尾根道-10


 写真では分からないが、結構大型である。
 Narcissusという学名は、ギリシャ神話に登場するナルシスという美少年の名前から来ているのだが、スイセンには毒が有るので要注意だ。
140411-尾根道-11


カメラは Sony Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/04/11(金) 23:59:59|
  2. 我が通勤路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

プチ紅葉 etc     2013/12/03

 最寄りの駅、玉川学園前までは2キロちょい歩く事に成っているが、その前半は大学構内と企業のグラウンドに挟まれた尾根道を通る。 尾根道には多少の自然が残っていて、季節によっては草花やキノコ、昆虫などに出会うし、住宅街では結構手入れの行き届いた庭が多く、こちらでも結構楽しめる。

 これはその出発点、我が家の門の横だが、勝手に伸びた蔦がちょうど良い色に成ってきた。
131201-蔦-01


 実際にはこのすぐ横に表札が掛かっている。 下に見えているのはマンリョウとヒイラギナンテン。
131203-玉川学園-01


 こちらは住宅街の脇に有るサクラの木だが、この蔦も良い感じに紅葉していた。



 つい先日、横浜市で見つけて名前を覚えた皇帝ダリア。 珍しいと思ったが、結構あちこちで見かける。
 背が高く成るところから皇帝の名が付いたらしいが、3メーター以上に成るのも珍しくないらしい。



 町内の自治会で集会が有る時に使っている施設だが、構内で見つけたドライフラワー状態の実。 月に一回くらいは来ているので、花が咲いているのを見ているはずなのだが、どんな花だったか思い出せない。
131201-芙蓉-01


 花を思い出したとしても名前が分かるかどうかは別だが、気になるので博士に問い合わせたところフヨウの実という事が分かった。
 tnx rabapika !
 今まで気が付かなかったが、よく見たら通勤路の住宅街でも同じ実を見かけた。
131201-芙蓉-02


 一ヶ月くらい前だったか、秋になっても元気に咲いていると云う事で何度か撮っていた。 これはどう見ても朝顔なのだが、リュウキュウアサガオと云うらしい。 そう云えば葉っぱのかたちも普通の朝顔とは少し違っている。
131203-玉川学園-02


 さすがに少し元気が無くなってきた感は免れないが、師走に入ってもまだ咲いているのには驚かされる。 実が生らないと云う話だったが、たしかによく見てもあの朝顔の種らしきものは見あたらない。
 ところで「リュウキュウアサガオ」と云うのは流通名で、和名はノアサガオと云うようだ。 沖縄で多く自生しているところから琉球朝顔と云われるように成ったのだろう。 宿根朝顔とも云われる通り、越冬も出来るようだが、あまり寒いところでは無理らしい。
131203-玉川学園-03


 通りがかりのお宅の柵から顔を出していたサザンカ(多分)。 この複雑な花びらは改良品種か。
131203-玉川学園-04


 ツバキとの区別は難しいらしいが、オシベが筒状に丸くなっているのがツバキだそうなので、これはサザンカだろう。 サザンカは花びらが平らに開く、花びらがバラバラに落ちる、などで見分けるようだ。
131203-玉川学園-05


カメラは Sony Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

テーマ:紅葉の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/03(火) 23:59:59|
  2. 我が通勤路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する