笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャカランダ in 熱海      2016-06-14

 ジャカランダの花に関しては、さだまさしさん(レーズン)の歌にも出てくるので知ってはいたが実物を見たのは熱海に来たときが最初だったと思う。  ホテルの窓から見えていた青紫の花を見て、これは間違いないだろうと思いつつ、スタッフさんに確認したら、やはりそうだった。
160608-熱海-01
 熱海以外ではたしか宮崎の方にも植えられていて、そちらのほうが規模は大きいかも知れない。
160608-熱海-02
 ジャカランダはノウゼンカズラ科キリモドキ属の植物で、学名は Jacaranda mimosifolia 、和名で呼ばれるのはあまり聞かないがキリモドキでいいのだろうか。
160608-熱海-03
 海浜公園には5、6メータにもなる大きな木も有るが、それとは別に1、2メーター程度の木も植えられていて、幼木なのか大きくならないように改良されたものなのかは不明だ。 原産地アルゼンチンでは10メータ以上にも成るらしい。
160608-熱海-04
 大きい木では花のかたちや葉っぱの付き方など、細かいことは分からないが、1メータに満たないような小さい木でもしっかり花は咲いているので、こうして近寄って見ることが出来るのは助かる。
160608-熱海-05
 光線の具合や写真の写りによる事もあるが、花の色は同じ紫でも個体差が有るようである。
160608-熱海-06
 この写真だと葉っぱの付き方が分かり易いが、こう云う付き方を二回羽状複葉と云うのだそうだ。
160608-熱海-07
 こちらは花の部分のアップ。
160608-熱海-08
 写真では分かりにくいが、このメシベ(オシベ?)はふわっとした感じで、特徴的である。
160608-熱海-09
 花の色は紫、青紫と云う事に成っているが若干赤っぽいものも有る。
160608-熱海-10
 こんな風に街路樹として植えられているところも有って、通りがかりの人も木を見上げたりカメラを構えたりしている光景がよく見られる。
160608-熱海-11
 今回、と云うか今シーズンは何故か晴天に恵まれず、青空バックのジャカランダが撮れていないのは残念である。 花の時期が丁度梅雨と重なるのである程度は致し方の無いところではあるが。
160608-熱海-12
 木によってまちまちではあるが、秋になるとこの花からは想像が付かない、煎餅状のまん丸い実が生る。 最初はグリーンの煎餅だがやがて茶色(灰色だったかな?)に変わり、やがては弾けて無数の種が飛び散るらしい。
160608-熱海-13
 
カメラは Sony NEX-5 Tamron 90mm macro、SEL1855、Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
スポンサーサイト
  1. 2016/06/14(火) 23:59:59|
  2. @熱海
  3. | コメント:2

熱海・瓦斯燈など      2016-06-14

 以前から気になっていた糸川沿いに立っているちょっと古めかしいこの街灯。
160614-熱海夜景-01
 その足下を見るとこんなプレートが有った。
 今時ガス燈? と云う気もするが、ガス会社が寄贈したものなら本物のガス燈かも知れない。
160614-熱海夜景-02
 本物かどうか、つまり本当にガスが燃えているかどうかを確かめるには夜に見るしかないと思って来てみた。 
 どうも見た感じでは他の街灯とあまり変わりないように見える。 ガス燈だったら人が点火してやらなければいけない訳で、大体、昔はその為の「点灯夫」と云う職業が有ったくらいなのだが。
 もちろん昨今だから自動点火もあり得るはずだし、手動でやるにしてはちょっと高すぎる。
 などと考えつつ、ふと思いついて検索を掛けてみたら、これは本物のガス燈である事が分かった。
 「白熱ガス燈(マントル式)」と云うのだそうだ。 点火のほうはタイマーによる自動点火に成っているとの事。
 ならば、今度はもう少しちゃんと撮ってみようか・・・。
160614-熱海夜景-03
 折角出てきたので、ついでに海岸のほうに行ってみたらこんな風に成っていた。
160614-熱海夜景-04
 そう言えばこれは先日昼間に撮ったもので、竹に一杯穴を開けたものを組み合わせたものだ。
160614-熱海夜景-05
 この手のものは中に蝋燭を灯すように成っているのが多いが、これは電球、多分LED電球だろう。
160614-熱海夜景-06
 ちょっと手の込んだこんなのも有った。 三つ葉葵の紋章から見て、恐らくこれはこの熱海にも縁の深い家康公をイメージしたものだろう。
160614-熱海夜景-07
 これから夏から秋に掛けては花火大会も多く催されるので、その辺りも見込んでのデコレーションかと思われる。
160614-熱海夜景-08
 ライトアップされている木はもちろんジャカランダだ。
160614-熱海夜景-09
 
カメラはSony NEX-5 SEL1855、Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2016/06/14(火) 23:23:59|
  2. @熱海
  3. | コメント:2

ブーゲンビリア in 熱海      2016-06-08

 熱海では北から順に糸川、初川、和田川の三本の川が海に注いでいる。
160608a-熱海-01
 その中で観光のスポットに成っているのは糸川で、川沿いの遊歩道では正月過ぎから熱海桜が咲き始める。
160608a-熱海-02
 アタミザクラが咲き始める頃にはまだ残っていた前年のブーゲンビリアもやがて花を落としてしばらく休眠に入る。
160608a-熱海-03
 ブーゲンビリアが再び咲き始めるのは5月半ばくらいからだろうか。
160608a-熱海-04
 市内各所で見られ、個人で鉢植えで咲かせている家も有るが、やはり一番のスポットはこの糸川沿いだろう。
 糸川は「イトカワ」かと思ったら地元では「イトガワ」と濁っているようである。 初川のほうは「ハツカワ」でいいらしいが・・・。
160608a-熱海-05
 様々な色の花が有るようだが、此処で見られるのは紫っぽいのと明るい赤だろうか。
 川沿いに歩いていたら何故か下の方、つまり川底のほうから話し声が聞こえてきた。
160608a-熱海-06
 探してみたら川底に降りられるように階段が有る。 普通、こう云う階段は非常用で普段は閉じられている事が多いのだが、ここでは自由に降りられるように成っている。
 ちなみに黄色い花はキンシバイだ。
160608a-熱海-07
 元々がそれほど広い川ではないので、この通路(?)部分は辛うじて人がすれ違える程度だが、あまり降りて来る人は居ないようである。 それでも狭いとは云え、一応は散策出来るように作られているのは確かで、こうして下から見るのも違った風情が有って悪くはない。
160608a-熱海-08
 この橋の先はすぐ海で、なにが釣れるのかは不明だが、その河口近くには普段はあまり見掛けない釣り人が見える。
160608a-熱海-09
 ご存じの方も多いとは思うが、ブーゲンビリアの花びらのように見える部分は実は葉っぱの変化してもので、真ん中の一見メシベみたいに見えるのが花本体だそうだ。
160608a-熱海-10
 これがその花のアップで、ちょっとふんわりとした感触のようである。
160608a-熱海-11
 右側に見えているのが蕾と云うところだろう。
160608a-熱海-12
 遊歩道の手すりに乗っていたミニ盆栽(?)、たぶん川沿いの魚屋さんの作品だろう。
160608a-熱海-13
 
カメラはSony NEX-5 Tamron 90mm macro、Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2016/06/08(水) 23:59:59|
  2. @熱海
  3. | コメント:4

とあるお寺      2016-04-21

 四月の下旬頃だが、来宮神社の辺りからちょっとぶらぶらしてみた。 
 これは来宮神社の名物(?)、大楠。
 かなりの部分が焼失しているのだが、それでもまだ貫禄は充分である、近くに居る人と比べるとその大きさが分かる。
  160421-熱海-01
 境内の落ち葉を掃き集めたものだが、ハートのかたちとは中々な配慮かなと思われる。
160421-熱海-02
 こちらはなんのかたちなのかちょっと「?」なのでが、もしかすると来宮の「来」なのかも知れない。
160421-熱海-03
 境内の何カ所かにこんなものが置かれていた。 想像はつくと思うが、これはスマホを立てるように作られた台である。
 最近流行の自撮り棒などを使うよりはよほどましな写真が撮れそうである。
160421-熱海-04
 帰り道に寄ったとあるお寺の境内。
 ちょっと読みにくいが、のぼりには「水子供養地蔵・・・」と云う文字が見える。
160421-熱海-08
 
160421-熱海-09
 こちらも供養塔の文字が見えるが、右側の細いほうの塔には「包丁塚」と云う文字がある。   市内の調理師さん達が日頃お世話になった包丁を供養するために建てたもののようだ。
 この供養塔の文字は、あの「貧乏人は麦飯を食え」と云った事で有名になった池田勇人さんの揮毫らしい。
160421-熱海-10
 この高い松の木は安産祈願だったか、要するに子供を授かりますように、と云う願いが込められているらしい。 水子供養のお地蔵様と同じ境内にある辺りが、なんとも云えないところか。
160421-熱海-11
 この木を見て分かる人は少ないかも知れないが、これは菩提樹の木なのだそうで、インドの何処だったかから持ってきたものらしい。
 そう云えば関係無いとは思うが、熱海では昼の時報代わりに有線放送から、あの菩提樹のメロディーが流れる。
160421-熱海-12
 なにか謂われが有るのかも知れないが、こんなカエルが鎮座ましましている。
160421-熱海-13
 その近くにはフクロウのペアも居たりして。
160421-熱海-14
 お寺の裏から出て狭い道をほんの少し行くと、ジュウニヒトエの群生が。 誰かが植えたのか種がこぼれたのかは不明だが、中々綺麗に咲いていた。
160421-熱海-15
 これは最近名前を覚えたイソトマ。
160421-熱海-05a
 このイソトマ、綺麗な花だが、どうも毒を持っているらしい。 まあ、食べる人は居ないとは思うが要注意だ。
160421-熱海-06
 ゲンペイコギク、これも最近覚えた名前の一つだ。と云っても来年に成ったら忘れているかも(笑)
 源平とは云うものの、赤(ピンク)のほうがちょっとイマイチではあるが・・・。
160421-熱海-07
 
カメラは Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2016/04/21(木) 23:59:59|
  2. @熱海
  3. | コメント:8

梅園・海蔵寺      2016-02-06

 熱海の梅園だが、この時期、つまり梅のシーズンに限り有料になる。 有料と云っても一般で300円、市民若しくは市内宿泊者は100円なので、たいして負担には成らないのだが、普段は自由に出入り出来ているので若干の違和感が・・・。  
160206-梅園・海蔵寺-01
  市内のあちこちに梅祭りの案内があふれ、臨時の送迎バスが出たりもする。 園内には邦楽器によるBGM が流れ、市内の有名店の出店、なんと臨時の郵便局が出来たり、土日、休日には猿廻しなどのパフォーマンスが有ったりもする。
160206-熱海・海蔵寺-01a
 梅祭りはほぼ一ヶ月間続くのだが、暮れの内から咲き始める種類から3月に入っても咲いているものなど、様々な種類の木が有るので結構長く楽しめる。
160206-梅園・海蔵寺-02
 滝の裏側から梅が見られるようにも成っている「梅見の滝」、多分糸川の水を取り入れているのだと思うが、時によっては水が止まっていたりもする。
160206-梅園・海蔵寺-03
 梅祭りの時期の梅園は人が多くて落ち着かないので早々に退散する事にして、来たときとは別ルートで下る事にした。
 途中、市内からは西側に成る山の中腹のようなところにある、海蔵寺と云う寺に寄った。
 これはその入り口に並んでいるお地蔵様。
160206-梅園・海蔵寺-04
 同じお寺の門。 比較的新しいように見える。
160206-梅園・海蔵寺-05
 境内の池の畔に安置されている石像。 仏様と云うよりはなんとか上人様なのかも知れないが、いずれにしてもかなり年期が入っているように見える。 右のほうの童の表情が中々良い。
160206-梅園・海蔵寺-06
 梅園にも沢山生えているマンリョウ、気候のせいか町田で見掛けるものよりも粒が大きいようだ。
160206-梅園・海蔵寺-07
 それほど広くはないのだが境内は手入れが行き届いていて、心が安まる気がする。
160206-梅園・海蔵寺-08
 こちらは白いマンリョウ。
160206-梅園・海蔵寺-09
 高さ50センチくらいの枝垂れ梅。 地植えに成っているが元は盆栽だったのかも知れない。
160206-梅園・海蔵寺-10
 境内で一番上の辺りにあるのが坪内逍遙のお墓。 流石文豪だけあって立派なお墓である。
160206-梅園・海蔵寺-11
 この紅梅なども盆栽の趣である。
160206-梅園・海蔵寺-12
 この白梅も高さ50センチくらいなのでやはり盆栽か。
160206-梅園・海蔵寺-13
 こちらの紅梅は樹高3、4メーターもあって、もちろん盆栽ではないが、綺麗に手入れされている。
160206-梅園・海蔵寺-14
 お寺の近くにあるこれはどうしても目を引く。
 木の太さから考えると、やはり木が先に生えていて、家を建てる際に木に敬意を表して屋根に穴を開けて通してやったのだろう。 つまり一休さんのタケノコの逆だ。 いまはこんな状態だが葉が茂ってきたらどんな感じに成るのか、また見に来たいところだ。
160206-梅園・海蔵寺-15
カメラは Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2016/02/06(土) 23:59:59|
  2. @熱海
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。