笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花、蜂、芋虫      2016-09-02

 タイトルにもある通り、ハチやイモムシの写真も多いので(6枚目以降)、ご注意のほどを!
 苦手な方はスルーよろしく!

 マリーゴールドにも色々と種類が有ってよく分からないが、これもマリーゴールドだろうか。 だとすれば多分アフリカンマリーゴールドと云う事になるのか?
160902-町田-01
 見た目は全く違うがセンニチコウ(千日紅)とサルスベリ(百日紅)と漢字で書くと紛らわしい。
 百と千でえらい違いだ。
160902-町田-02
 多分小さな花が一杯集まって球形に成っているものだと思うが、詳しいことは不明。 これが意外と写真に撮ると難しい。
160902-町田-03
 タチアオイ、ムクゲ、フヨウが頭の中でごちゃごちゃに成ってどうも紛らわしいが、これはフヨウで間違いないかな・・・。 これは玉川学園の住宅街、とあるお宅の植え込みに毎年咲いて通行人の目を楽しませてくれている。
160902-町田-04
 芙蓉の花は遠目に見ても中々風情が有るが、こうして虫さんに成った気分で花の中をのぞき込むのも悪くはない、と云うことでフヨウの中心部。
160902-町田-05
 そのフヨウの葉に付いていたイモムシ。 結構特徴のあるイモムシなのだが、あちこち見てもヒットしなくて中々名前が分からなかった。 とあるサイトで、フタトガリヤガの幼虫らしい事が分かった。
 フヨウやムクゲが食草らしいから、間違い無いだろう。
160902-町田-06
 キバナコスモスに来ていたクマンバチ。 何故か近くに咲いているハナトラノオのほうには行かずにこちら、キバナコスモスのほうがお気に入りのようである。
160902-町田-07
 撮るほうとしてはキバナコスモスのほうが都合が良い、つまりこちらだと頭を突っ込まれてしまう事が無いから。
 図体が大きいからほかの虫のように花に潜り込めない場合は蜜のあるところを食い破ってしまうらしい。
 それにこいつは人を恐れる風でもなく、逃げるどころか逆に近寄って来たりもする。 要するに人間、もしくはカメラを全く気にしていないのだろう。
160902-町田-08
 お陰様でこんな風にいい感じの(?)横顔を撮らせてもらうことも出来た。
左の触角が根元近くで切れてしまっているし、羽も結構痛んでいる。
 このハタラキバチはずいぶん働き者だったのかも知れない。
 この通りのご面相なので恐そうではあるが、多少近づいたくらいでは刺しに来る事は無い。
 ただし刺されると結構痛い、と云う話ではあるが・・・。
160902-町田-09
 上から見ると背中(?)の真ん中が禿げたように見えるが、これも特徴なのかも知れない。
160902-町田-10
 もしかするとこれが本家(?)のクマンバチ(クマバチ)なのかも知れない。
 トラマルハナバチ(?)よりは一回り大きく、黄色い毛に覆われている部分が少ないので全体的に黒っぽいイメージである。
160902-町田-11
カメラは PowerShot SX610 HS、Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
スポンサーサイト
  1. 2016/09/02(金) 15:13:25|
  2. 花虫風月
  3. | コメント:2

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。