笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TDLで結婚式?

 東京ディズニーランドの何処かで結婚式場を作るとかで、その際のBGMに使う、と云う仕事をやった。
 話をよく聞いていなかったので、自信が無いが、大体はそう云うことだったと思う。

 奥恵一さんのアレンジは、いずれも早いテンポと高い音域で、全員大苦戦。
 もし、現実のカップルが、このBGMの流れる中で挙式するのだったら、是非ともなんとか幸せに成ってもらいたいものだ。

 ディズニーランドの仕事は、TDLが出来て以来、特に初期の頃は随分沢山仕事をやらせてもらったが、 まだ一度も行った事が無い、と云うのも、若干申し訳ない様な気がしないでもない。 

please↓click
ブログランキングをよろしく!

スポンサーサイト

テーマ:スタジオ業界 - ジャンル:音楽

  1. 2001/07/28(土) 20:00:00|
  2. スタジオ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

化粧師

 麻布十番のスタジオで表題の映画の音楽録り。 この場合、これで、「ケワイシ」と読ませるのがそうだ。  同じ「化粧」と書いても、顔だけの化粧は「ケショウ」で、「ケワイ」と読む場合は顔だけではなくて、 頭のてっぺんから足の先までの全身の美容を意味する、と云う話だ。

 監督さんの話によると、「ケバイ女」とか云う時の「ケバイ」はこれから来ている、と云う話だったが、そうなのだろうか。  私の感じでは、「ケバイ」は「けばけばしい」から来ている様な気がするが・・・。  もっとも、その「けばけばしい」がこの「ケワイ」から来ている、と云う事なのだと、話は別だが。

 作曲は大谷幸さん。 映画は大正時代が舞台だそうで、文芸大作と云うか、かなりの力作らしい。  でも、封切りが来年の2月と云う事で、うっかりすると、忘れてしまいそうな気もする。 音楽録りは、公開の直前、と云う感じの映画が多い中で、珍しいと云えるだろう。
 冒頭にでてくるパン・フルートのフレーズが全体の重要なモティーブに成るのだそうで、 ほとんどがパン・フルートだった(フルートは1曲のみ)。 

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2001/07/18(水) 20:00:00|
  2. スタジオ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リコーダー・カルテット

2001/07/14
【リコーダー・カルテット】

 コロンビアで、教材用のCDだと思うが、リコーダーのカルテットを録る。  リコーダーのほかにフルートも一人要るので、合計5人、集まるかどうか、ちょっと心配もあったが、以外と簡単に集まった。  リコーダーの4人も、全員がフルート吹きだから、割り振りが難しいところだが、リコーダーのキャリアを考えて、割り振った、 というより、先日Victorでやった時と全く同じ曲だったので、あまり頭を使う事は無かった。
事前に曲目を聞いていたので、多分そうではないかと思っていたが、やはり先日Victorで録ったのと同じ曲で、 写譜は書きなおした様だが若松正司さんのアレンジもほとんど同じだった。
  ビクターに比べるとコロンビアのスタジオはかなり狭いので、どうなる事かと思ったが、録れた音は前よりは大分良かった様だ。  HP用に、デジカメで画像を撮ろうと思っていて、すっかり忘れていた。 

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:スタジオ業界 - ジャンル:音楽

  1. 2001/07/14(土) 20:00:00|
  2. スタジオ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公開録音

 錦糸町のトリフォニーホールに行く。
 珍しくホールでの録音。 それも、お客さんを入れての公開録音である。  昔ラジオの時代には、NHK等で公開録音と云うのはよくやっていたが、最近としては珍しい言葉に成ってしまった様に思う。

 いつもやっている「桜大戦」の劇場向け映画(秋に公開)の音楽取りを、作曲者、田中公平さんの指揮で、 公開でやってみよう、と云う趣旨らしい。  お客さんは桜大戦のファンクラブの方々、と云う事だった。
 公開録音と云っても実際に映画で使う音楽なので、主催者側は携帯電話、その他のノイズを心配していた様だが、 この点は大丈夫だった。  さすが、ファンクラブだけあって、大変お行儀良く聞いてくれていた様だった。

 公開といっても、始めてみる譜面なので、楽譜の間違いを直したり、演奏ミスが出て取り直したり、 と普段のスタジオと近い感じの録音だったので、 お客さんも音楽プラスアルファで、それなりに楽しめたのではないかと思う。

 スタジオの録音は、それぞれの楽器を別々に録音するので、ミスがあった場合など、「差し替え」と云う事が可能なのだが、 ホールではブースも衝立も無いので、音がワンワン回っていて、その、差し替えが利かない。  プレーヤーの方はいつもとは違った緊張感があったが、残響の多い、ホール独特のサウンドは、いつもとは一味違って、 中々良かったのでは、と思った。

 錦糸町と云うところに来たのも何十年ぶりかだし、トリフォニーホール(TRIPHONY HALL)にも初めてだった。  新日本フィルの練習所、事務局がここに有った、とは知らなかった。 関係無いが、駅前の「そごう」のビルが閉鎖されていたのが、 印象的。 

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:スタジオ業界 - ジャンル:音楽

  1. 2001/07/08(日) 20:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

金曜時代劇

 夜、帰宅してテレビのスイッチを入れたら、なにやら覚えの有るリコーダーの音が飛びこんできた。
 NHKの金曜時代劇坂田晃一音楽、そう言えば少し前にやった様な記憶が・・・。

 全く時代劇っぽくない、どちらかと云えばヨーロッパの民族音楽、 と云うか、中世あたりの音楽を思わせる様な、速い三拍子系のテーマ、ほかにもあるが、笛の音がしていたら、 私の音に違いない筈。
  高橋英樹が出ているヤツだ。 

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:スタジオ業界 - ジャンル:音楽

  1. 2001/07/06(金) 20:00:00|
  2. ラジオ、テレビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の演奏旅行

 久々に演奏旅行らしきものに行く。
 我々スタジオミュージシャンの団体であるRMAJ(Recording Musician's Asociation of Japan)の仕事で、 JASRAC(日本著作権協会)の文化事業の催しに参加、と云う事になるのだろうか。
 今回の趣旨としては、比較的小さなお子さん達に、生の音楽を聞いてもらう、と云う様な事だ。  お子さん(とお母さん)が相手とは云え、内容は、ビバルディ-のコンチェルトからジャズやポップスまで、と結構盛りだくさんで、 我々スタジオミュージシャンならでは、の内容と言えるだろう。  音楽付きの朗読、なんてのもあった。 
 6月30日は熊本、7月1日は福岡県の行橋市。
ちなみに、プログラムは、
 いつもスタジオでマイクロフォンを相手に演奏しているので、たまには人前で演奏するのも良いもんだ。  それと、普段仕事をしている録音スタジオは音響がデッドな所が多いので、残響の多いホールで演奏すると、 なんだか上手になった様な気がするから、面白い。
  大体、旅行に行くと、普段より沢山食べて、よく眠れるので、太ってしまう事が多いが、今回も2,3キロ体重が増加してしまった。

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

  1. 2001/07/02(月) 20:00:00|
  2. コンサート、ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。