笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

大輔・花子

 千代田区、一口坂にある、キャニオンレコードの1スタに行った。
 アレンジは、一曲目「河内の恋女房」が池多孝春さん、古いパターンの演歌調の曲だったが、イントロと間奏に、なんと有名な歌劇「リゴレット」の「女心の歌」の断片が入ったり、かと思うと、突然「河内音頭」の一節が出てきたり、と云う凝った仕立てになっていた。
 2曲目「ハルウララ賛歌」のアレンジは桜庭伸幸さん、こちらはマイナーの軍歌調で、最後は競馬の追い込みの様に思いっきりアッチェレランドして終わる、と云う仕掛けに成っていた。
 で、これを歌うのは、なんと、あの大輔・花子さんなのだそうだ。
 仮歌は入っていなくて、御本人達も来ていなかったので、はたして、どんな歌になるのかは分からないが、ちゃんと市場に出まわるCDなのだそうだ。
 まあ、ミュージシャンも長くやっていると、いろんな仕事が有るもんだわい、と云うのが実感であった。

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:スタジオ業界 - ジャンル:音楽

  1. 2004/03/30(火) 20:00:00|
  2. スタジオ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する