笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大水青

虫が嫌いな向きにはご容赦願うとして、散歩途上で近所の中学の金網に止まってい見付けたるのを見付けた、白く、大きめの蛾だ。
 体長、やく6センチくらいだろうか、胴体もぼてっとして、如何にも蛾でござい、と云う堂々たる体型だ。

090521-散歩-01

 触覚も立派で、中々個性的な顔だ。
 どうしてこれに注目したかと云うと、実は一週間あまり前に、軽井沢の庭で、これと同じヤツに会っていたからで、恐らくは同一種だと思われる。


090521-散歩-02

 こちらは↓その軽井沢のほうで、こちらのほうは明るいところだったのでで、ディスプレイが極端に見にくかったもので、ピントも合っていないし、草が邪魔をしていたりして分かり難いが、同種である事は分かるだろうか。

oomizuao_karuizawa.jpg

 共通しているのは、動きが全く鈍い、と云う点で、指でつついてもわずかに動く程度で、ばたばた飛び立つと云うような事はしないようだ。
 後で調べたところ、これは「オオミズアオ」と云う、ヤママユ科の蛾らしい、と云う事が分かった。
 オオミズアオとは、多分「大水青」なのだろう、一見白いという印象なのだが、確かによく見れば青っぽい感じがしないでもない。
 サクラの葉などを食べるので、都会でもよく見かけられるのだそうだ。



 その散歩の続きに見付けたもので、クワに似たような実が生っている。 よく見かける木だが、名前は定かでない。
 実をかじってみると、少し甘く、多分食べられるのでは、と思われる。

090521-散歩-03

 実の長さは2センチ強で、黄色からピンク、熟すと黒っぽいブドウ色になる。

090521-散歩-04

 大きさが分からないと、なんの花やら分からないが、この時期、あちこちで見かける、カンパニュラ。

090521-散歩-05

 花だけ見ると、先日のアカバナユウゲショウにちょっと似ているが、大きさが全然違う。
 こちらは花の径は3、4センチくらいだろうか。 色も少し薄い。

090521-散歩-06

 恩田川で見かけた、カルガモ一家の行進(?)。

090521-散歩-07

 雛のほうも、もうかなり育っていて、親とあまり変わらない色、かたちをしている。

090521-散歩-08

カメラは IXY DIGITAL 10 を使用

please↓click
ブログランキングをよろしく!

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/21(木) 20:00:00|
  2. 身近な昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

スタジオから黙祷

 ビクターの301スタに行った。
 アレンジャーの馬飼野俊一さんの仕事には、昔は随分参加させてもらったが、お会いするのは随分久しぶりだった。 馬飼野さんはわたしと同じ林りり子門下の石橋正治さんのお弟子さんと云う風に聞いていたが、直接上目黒の師匠のところに通われた事もあるらしい。
 そんなこともあって、タイトルは忘れたが、チョー・ヨンピルのヒット曲で、イントロ、間奏で中々味のあるフルート・ソロが聞ける曲があって、これは馬飼○さん御自身の演奏だ。

 仕事は、森山愛子さん、という女性のレコーディングで、エンジニアの田村さんの話だと、「王様のブランチ」だかの番組にレギュラーで出ている人らしい。
 歌は中々上手で、アレンジもベテランアレンジャー健在、と云う感じで、録音は順調に運んだ。

 ところで、その録音が始まる前の事、指揮台に立った馬飼野さんから、「丁度この時間、わたしはこのレコーディングが有ったので行けなかったのですが、亡くなられた三木たかしさんのお葬式が行われています。我々もここで黙祷を捧げましょう」と云う発言があった。 もちろん、意義を唱える人がいるわけも無く、フロア、コントロールルームの全員が起立して、一分間の黙祷をした。

 三木さんは、最近ではもっぱら作曲家と云うか、ソングライターとして活躍しておられたが、以前はご自分でアレンジもしておられて、その頃は随分仕事をさせてもらったものだった。
 その頃は三木さんと云えば、不覚にもてっきりアレンジャーさんだと思いこんでいたほどだ。

 最近では作曲家としてスタジオに来られた時にはご挨拶する程度であまりコンタクトが無かったこともあって、お葬式にも失礼してしまっていたので、こうしてスタジオの現場からでも黙祷出来たのは良かったと思っている。

 それにしても、スタジオから黙祷したのは長いミュージシャン生活でも初めてだった。

please↓click
ブログランキングをよろしく!


テーマ:スタジオ業界 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/20(水) 20:00:00|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤花夕化粧

自宅の近所に何故か弓道場が有って、その庭と云うか駐車場に毎年この時期に咲く小さな赤い花、アカバナユウゲショウと云うらしい。 中々良いネーミングだと思っている。

散歩-01

 アップにするとこんな感じだが、実際は直径1センチ程度の小さい花だ。
 アカバナ科だそうで、雅な名前のわりには外来種らしい。明治時代に鑑賞用として、南アメリカから持ち込まれたものだとか。

散歩-02

夕方に咲くと云う事でこの名前が付いたらしいが、念のために写真のタイムスタンプを見たら、14時過ぎに成っていた。

散歩-03

 横浜市、と云っても我が家から歩いて10分程度の場所だが、小さな自然公園、と云うか、ちょっと大きめのビオトープと云う感じのところがある。 
 幅1メートルにも満たない川が流れていて、トンボが飛んでいたりもする。 そこで見かけたシラン。
 どこにでも咲いている花だが、なんと野生種は絶滅危惧種なのだそうだ。
 これも一応は野生風ではあるが、多分、誰かが持ってきて植えたのだろう。

散歩-04


 これは前のアカバナユウゲショウの近くで見かけた虫、名前は分からない。

散歩-05

 動きが鈍いと云うか、ほとんど動かない。 金網に止まっているので、この角度でしか撮れないと思って、指で押したら、もぞもぞと動いてくれた。

散歩-06

 この触覚は右側は前に突き出し、左側はよく見えないが、後方と云うか身体に密着している。

カメラは IXY DIGITAL 10 を使用

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/19(火) 20:00:00|
  2. 花、草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田口峠、麦草峠

いわゆるGWの間は何処にも行かず、なにもせずにぼんやり過ごしていたが、その約1週間後、軽井沢を訪れた。
 比較的天候にも恵まれ、町も道路も空いていたので、結構快適に過ごせたほうだと思う。

 朝はついつい寝坊してしまうので、どうしても動き出しが遅くなるので、あまり遠くには行けない。 
 思い立って、あまり行く先も決めずに出かけたが、臼田町から田口峠を通って下仁田に抜けるルートを行ってみることにした。
 佐久市から下仁田に行くには、国道254は有るし、上信越自動車道も出来たので、この県道93号線と云うのは実用的にはほとんど利用価値が無いような道路かも知れないが、その分、車にはほとんど出会わないので、新緑を楽しみながらゆっくりとドライブ出来た。

田口峠-01

 道路に沿って流れているのが、雨川、千曲川に合流するはずだから、当然信濃川から日本海へと流れるていくのだろう。

田口峠-02

 これが雨川ダム。 昭和49年に完成したらしい。 その頃は、まだダム反対の機運などは無かったのだろう。 農業用水、水道水としても利用されているらしい。

田口峠-03

 水の色が、綺麗だが、この感じだと、なにか金属成分でも含まれているのでは、と云う気がしないでもない。

田口峠-04

 ちょっとしたトンネルを出たところに立っている田口峠の標識。 ここから群馬側に降りていくのだが、途中で、少し育ちすぎてはいるが、コゴミが沢山とれた。
 今度、また来るとすれば、もう少し早い時期に来たいところだ。




白樺-01

 別の日だが、白樺湖から麦草峠の方に行ってみた。 白樺湖と云うのは、なにやらチャラチャラした遊園地みたいな感じで、ちょっと頂けないが、麦草峠近くの白樺林は中々綺麗だった。

白樺-02

 メルヘン街道と云うのも、ちょっと軽薄なネーミングと云う気がするが、ここがその国道299号線の最高地点だ。
 標高2127メートルと云うだけあって、この時期でも日陰にはまだ雪が結構残っていた。

麦草峠



 いつもとはちょっと違った、発地と云うあたりから見た浅間山。 普段見ているのとは、ちょっと違ったアングルだ。 以下の三枚は複数の写真をソフトで連結したものだ。 ブログの枠からははみ出すはずだが、折角のパノラマ写真だからと思って、ちょっと横長のままでアップしてみた。

panorama-01.jpg

 こちらは妙義荒船林道の途中から見た浅間山。 雲か煙か、ちょっと分かり難いが、しっかり煙を吐いているようだった。

panorama-02.jpg

 ちょうど芽吹きの時期で、木の種類によって、色の違いがはっきり分かって面白いと思って撮ってみたのだが、それほどでもなかったような。

panorama-03.jpg

 これは旧道の郵便局の辺り。 旧道と云うのは中山道の旧道と云う意味で、皇女和宮も多分ここを通って江戸に行ったのだろう。
 この日はこの通り閑散としていたが、シーズンになると、車はもちろん入れないし、ラッシュアワー並の混雑になるようだ。

旧道

 車で行けるのはこの先の旧碓氷峠までで、その先は歩くしかない。

カメラは IXY DIGITAL 10 を使用

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/15(金) 20:00:00|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大蔓穂

町田市の恩田川を散歩していて見付けた花。

090501-大蔓穂-01

これはその花のアップ、小さな花の集合のようだ。

090501-大蔓穂-02

これは横から見た全体の姿。

090501-大蔓穂-03

結構、特徴は有るが名前が分からないので、時々お世話になっている「はなせんせ」と云うサイトで質問したら、早速回答を頂いた。
オオツルボ」と云うらしい。
オオツルボ」とは、多分「大蔓穂」だと思うが、蔓らしいところは無いようなので、不思議な名前だ。

カメラは IXY DIGITAL 10 を使用

please↓click
ブログランキングをよろしく!

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/01(金) 20:00:00|
  2. 花、草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。