笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尾根道近況(含・昆虫、トカゲ写真)   2013-07-25、26

7月25日
 仕事に出かけようと玄関のドアを開けたら、足下にこいつが居た。 カナヘビにも色々個体差は有るのだろうが、この辺りで見るヤツは随分臆病で、ちょっと近づいてもすぐ逃げてしまう事が多かったので、とりあえず逃げる前にとスマホを取り出して一枚撮った。
130725-onemichi-01

 ところがこいつは案外落ち着いていたので、4、5枚撮って、これ以上近づくと全身が入らなくなるまで寄ったのがこれだ。
130725-onemichi-02

 トカゲ嫌いの方には目をつぶって頂くとして、こうしてアップで見ると小さいながらもれっきとした爬虫類と云うか、見ようによっては恐竜にも見えなくはないくらい、中々いい顔をしている。
130725-onemichi-02a

 今年初めてお目にかかったセミの抜け殻。 多分アブラゼミだろう。
130725-onemichi-04

 以前ザクロの花をアップしたが、あの花が現在こんな感じの実になっている。
130725-onemichi-05

 2週間くらい前にヤマユリが咲いていたが、すこし前からまたユリの蕾が大きくなっていた。 これは昨日撮ったものだ。
130725-onemichi-03

 で、今日通ったらもう咲いていたが、やはり同じヤマユリだった。 他にも何本か咲いていたので、これは第二波と云うところか。
130726-onemichi-01a


 ちょっと草臥れてはいるが、結構綺麗な蝶、これは見覚えが有って、多分撮ったこともあるとは思ったが咄嗟に名前が思い出せない。
 帰ってから調べたら、アカホシゴマダラのようだった。
 羽根の傷みからも分かるが、かなり弱っていると見えて、これだけ近づいても動かなかった。
130726-onemichi-02

カメラは Xperia GX を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

スポンサーサイト

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/26(金) 23:59:59|
  2. 身近な昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

芋虫、毛虫 @軽井沢 2013/07/21

  とあるテニスコートの横に張られていた網にこんなヤツを発見した。 体長は10センチ近く、かなり大型の部類に入るだろう。
 右側が頭だろうが、どうしておおよそ食用には成らないこんな無機質な網に居るのかは不明だ。 
130720-軽井沢-20

 これは上側と云うか、背中側だが、横から撮ったほうがずっと美しい。 近くにはこいつの食糧に成りそうなものは見当たらなかったが、網に沿って右に向かった移動していた。
 ちなみにバックにぼんやりと見えているのは浅間山だ。
130720-軽井沢-21

 これは腹部のアップ。 この薄緑のボディに光を放っているように見える薄いブルーの気門、黒い斑点に白い毛の取り合わせは芸術的とも云えるような気がする。 もちろん感じ方には大いに個人差が有るだろうが。
 手元にあるイモムシハンドブックによると、これはクスサンと云う蛾の幼虫のようだ。 クスサンの成虫は横幅が10センチにものなる大型の娥で、写真で見ているし、繭や蛹は実物を手に取った事も有るが、幼虫がこんなに綺麗だとは知らなかった。
 漢字で書けば楠蚕、幼虫が楠などの葉を食べるところから付いた名前のようだ。
130720-軽井沢-22

 こんなヤツも居た。 こちらは人間の感覚ではどうも美しいと云う部類には入りそうにない。
130720-軽井沢-23

 そのイモムシハンドブックの中ではマダラエグリバと云うのが一番近いのだが、多分違うだろう。
130720-軽井沢-24

 まさに毛虫、と云う感じだ。 全体像を撮れたものが無かったので分かり難いが、同じくハンドブックによるとオビガと云うのが一番近いように思う。
130720-軽井沢-25

 刺激を受けると上半身を激しく動かせる、とあるが、その点では一致している。
130720-軽井沢-26

 毛の感じはなにかある種の小型犬を思わせるものが有るが、名称は定かではない。
130720-軽井沢-27

 こちらは立派な成虫、と云うよりも翅も傷んでしまって、かなり草臥れた感じの蝶。 ちょっと調べた感じではミヤマカラスアゲハかな、と云うところだが、これも定かではない。 道路の白線の上に止まっていたので、コントラストが強すぎて真っ黒に成ってしまったため、若干修正している。
130720-軽井沢-28

 蝶と云えばこんなのも居た。 なんたらセセリとか云うのだろうと思いつつ撮ったのだが、普通見かけるものより一回り小さいような気がした。
 例のイモムシハンドブックに小さいが成虫の写真が載っていたが、スジグロチャバネセセリが一番近いかなと思われた。
130720-軽井沢-29

カメラは IXY DIGITAL 10、Xperia GX を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/21(日) 23:59:59|
  2. 身近な昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

ハマナス、ホタルブクロ、マタタビ、etc @軽井沢 2013/07/21

 先日、JASRACの仕事で東北に行った際、気仙沼のホール構内にハマナスの花が咲いていた。海の近くだし会場の名前も「ハマナスホール」と云うくらいなので、当然といえばそうなのだか、軽井沢の道端で見掛けたこれはどう見てもハマナスである。
130720-軽井沢-01

 ハマナスと云うと浜、海辺に有るものだと云う漠然とした先入観が有るので、こう云う海抜の高いところで見掛けると意外な気がする。
 後で博士に聞いた話によると、もちろん元々は海辺のものだが、何処ででも育つし、花は綺麗で実も食べられると云う事で、あちこちに植えられているのだそうだ。
130720-軽井沢-02

 何故かこの部分だけ紅葉しているのはニシキギかと思ったが、ニシキギの親戚のコマユミかな、と云う事だった。
 赤くなっているのは、実際には多分病気かなにかなのだろう。
130720-軽井沢-03

 こちらではまだまだホタルブクロが咲いていた。 町田辺りで見るホタルブクロに比べるとかなり色が濃い。
130720-軽井沢-04

 色が濃いほうがヤマホタルブクロかと思いたいところだが、そうでもないらしい。
130720-軽井沢-05

 光線の具合もあるが、これが一番濃かったようにおもう。 見分け方のポイントは、色ではなくて萼の部分で、それによると、これはやはりヤマホタルブクロと云う事に成るようだ。
130720-軽井沢-06

 町田の我が家の庭にも時々咲くネジバナだが、あちこちでさいていた。 こちらではやはりひと月遅れくらいに成るようだ。 別の場所だがこのネジバナの大群落を見掛けた。
 こう云う細長いものを撮るのは、どうしてもバックのほうにピントが合いがちで難しい。
130720-軽井沢-07

 萩のミニチュアのようなこの花はなんだろうか? と思いつつ撮ったのだが、これはコマツナギと云うマメ科の木だとの事だ。 tnx  rabapika !
 一見草に見えるが、木本だそうだ。 長い鞘の実が生るようである。
130720-軽井沢-08

 先月だったか先々月だったか、京都の大原に行った際、見事なヤマフジを見る事が出来たが、こちらはクサフジ。 花の感じが似ているだけで、本家のフジとはあまり関係ないのかも知れない。
130720-軽井沢-09

 遠くから見ると白い花が咲いているように見えるマタタビの葉。 花そのものがあまり目立つほうではないので、こうして葉を白くする事で虫を引き寄せるのだそうだ。
130720-軽井沢-10

 まだ未熟だが、これがマタタビの実。 完熟すると甘くて美味しい。 右側のほうはまだ花の名残が残っている。
130720-軽井沢-11

 熟すころには3、4センチくらいに成るはずだ。 猫にマタタビとはよく知られているが、実ばかりではなく葉、枝、根などすべてが有効で、猫に与えるとびっくりするほどの恍惚状態に陥る。
130720-軽井沢-12

 スペースシャトルのパーツのようなかたちのこれは赤く完熟すると甘くて美味しいヤマボウシの実、まだまだ未熟だ。
130720-軽井沢-13

カメラは IXY DIGITAL 10、Xperia GX を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/21(日) 23:59:59|
  2. 花、草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

絵に描いたようなタマゴタケ      2013/07/05

7月5日@軽井沢
 昨年、突然出現したアケビ、数は昨年より少ないようだが、今年もしっかり実を付けていた。 
130705-軽井沢-01

 こんな双子バージョンも。
130705-軽井沢-02

 近所のお宅の別荘に出ていたタマゴタケ。
130705-軽井沢-03

 雨が降った後、と云う事もあるのだが、これだけ綺麗なタマゴタケは見たことが無い。
130705-軽井沢-04

カメラは IXY DIGITAL 10、Xperia GXを使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

テーマ:きのこの写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/05(金) 23:59:59|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山鷺苔、など      13/06/06

ヤマサギゴケ、etc

 アップするのが随分遅くなってしまったが、これは6月6日に軽井沢で撮った写真だ。
130606-軽井沢-01

 毎年この頃になると庭で咲いている小さい花で、結構気に入っているのだが、名前は分からずじまいに成っていた。
130606-軽井沢-02

 今回、博士に鑑定を依頼したところ、これは「ヤマサギゴケ」と云う事が分かった。 漢字では山鷺苔だろう。 
 これは閉じた状態だが、左右に花びらが開くように成っている。
130606-軽井沢-03

 花びらの模様になんとなく特徴が有って、なにかもののかたちに見えなくもない。
130606-軽井沢-04

 縦の部分で15、6ミリ、横に開いたかたちで13、4ミリくらいだろうか。
130606-軽井沢-05

 ゴマノハグサ科、サギゴケ属と云う事になるらしい。 サギゴケの名前の由来は花のかたちがサギに似ているところからだろう。
130606-軽井沢-06

 こちらはアカツメクサ、これは直径3センチくらいだったが、もっと大きく立派な花もよく見かける。 アリが来ているところを見ると、甘い蜜を出すのだろう。
130606-軽井沢-07

 集合花序と云うらしいが、この一つ一つが花なわけだ。 園芸種では白い花の咲くシロバナアカツメクサと云うのも有るらしいが、こう成ってくるとネーミングもワケが分からなく成ってくる。
130606-軽井沢-08

 ブーメラン状のこれは紅葉の実だ。 多分くるくる回りながら落ちていくのだろう。
130606-軽井沢-09

 何処にでも見られるタンポポの実。 晴れていればもっと綺麗な写真が撮れたと思うのだが、残念。
130606-軽井沢-10

 とある美術館の庭に咲いていた花、オオベニウツギというのだそうだ。
130606-軽井沢-11

 薄紅色の花と斑入りの葉に特徴が有る。
130606-軽井沢-12

カメラは IXY DIGITAL 10、Sony NEX-5を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/05(金) 21:50:16|
  2. 道端の草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。