笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

庭のスイセン      2013/12/26

 夕方になって少しは陽が差していたが、連日の晴天とは打って変わって、一日中薄ら寒い日だった。
 この時期、我が家の庭は実に殺風景なものだが、数日前から蕾が膨らんでいたスイセンがやっと咲き始めたようだ。 
 このところスマホで撮ることが多かったが、久しぶりに一眼カメラを取り出して、これも久しぶりのマクロレンズを付けてみる。
121226-スイセン-05


 とは云いながら、あまりマクロを生かしたような写真も撮れなかったが、バックだけは確実にぼけてくれるので、あまり背景を気にせずに撮れるのは便利だ。
121226-スイセン-03


 この黄色い輪っかはおしべが変化したものらしい。
 こういうかたちのスイセンが本来のニホンズイセンという事になるようだ。
121226-スイセン-06
 P.S. 博士によると、あの黄色い輪っかは「副花冠で、内花被または花冠と雄しべの間にできた花冠状の付属物」なのだそうだ、なるほど~。


 手前の三枚が本来の花びらで、後ろの三枚は萼片なのだそうだが、こんな風に複雑に成ったのは八重咲きスイセンと云う事になるのだろうか。
 この真ん中の部分もオシベやメシベが変化したものらしい。
121226-スイセン-01


 もっとも受粉して実が生る事は無いらしいので、オシベやメシベはあまり関係無いのかも知れない。
121226-スイセン-02


 こんな風に中心部がちょっと複雑に成っているのは改良品種か?
121226-スイセン-04


 こちらは蕾。 まもなく開くのだろう。
121226-スイセン-07


 正月になると出番が巡ってくるマンリョウ。 小鳥が種を運んでくるらしく、あちこちに生えている。
121226-スイセン-08


 こちらはなんとニラだ。
 花が終わって実も落ちてしまうと、こんな感じでドライフラワーみたいに成る。
 真ん中の少し下に黒く見えているのは落ちそこなった種だ。
121226-スイセン-09

カメラは Sony NEX-5 を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/26(木) 22:35:06|
  2. 道端の草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

ベランダからの夕日、夕焼け

 わたしの部屋は窓が西南西(多分)に開けているので、時期によっては綺麗な夕日や夕焼けが見られる。
 時期によって、と云うのは、日没の方角もあるが、道路を挟んで向かい側の敷地の大きなケヤキの葉が茂っている間はほぼ完全に視界を塞がれてしまう、と云うような事も有る。
131204-sunset-01


 道路沿いのイチョウはまだ葉が落ちきっていないが、かなり見通しが良くなってきた。
131204-sunset-02


 このところ晴天続きなので、自宅に居ればの話だが、ほぼ毎日、こんな感じの夕日、夕焼けを見ることが出来る。
131204-sunset-03


カメラは Sony NEX-5 を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!


テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/04(水) 23:06:25|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プチ紅葉 etc     2013/12/03

 最寄りの駅、玉川学園前までは2キロちょい歩く事に成っているが、その前半は大学構内と企業のグラウンドに挟まれた尾根道を通る。 尾根道には多少の自然が残っていて、季節によっては草花やキノコ、昆虫などに出会うし、住宅街では結構手入れの行き届いた庭が多く、こちらでも結構楽しめる。

 これはその出発点、我が家の門の横だが、勝手に伸びた蔦がちょうど良い色に成ってきた。
131201-蔦-01


 実際にはこのすぐ横に表札が掛かっている。 下に見えているのはマンリョウとヒイラギナンテン。
131203-玉川学園-01


 こちらは住宅街の脇に有るサクラの木だが、この蔦も良い感じに紅葉していた。



 つい先日、横浜市で見つけて名前を覚えた皇帝ダリア。 珍しいと思ったが、結構あちこちで見かける。
 背が高く成るところから皇帝の名が付いたらしいが、3メーター以上に成るのも珍しくないらしい。



 町内の自治会で集会が有る時に使っている施設だが、構内で見つけたドライフラワー状態の実。 月に一回くらいは来ているので、花が咲いているのを見ているはずなのだが、どんな花だったか思い出せない。
131201-芙蓉-01


 花を思い出したとしても名前が分かるかどうかは別だが、気になるので博士に問い合わせたところフヨウの実という事が分かった。
 tnx rabapika !
 今まで気が付かなかったが、よく見たら通勤路の住宅街でも同じ実を見かけた。
131201-芙蓉-02


 一ヶ月くらい前だったか、秋になっても元気に咲いていると云う事で何度か撮っていた。 これはどう見ても朝顔なのだが、リュウキュウアサガオと云うらしい。 そう云えば葉っぱのかたちも普通の朝顔とは少し違っている。
131203-玉川学園-02


 さすがに少し元気が無くなってきた感は免れないが、師走に入ってもまだ咲いているのには驚かされる。 実が生らないと云う話だったが、たしかによく見てもあの朝顔の種らしきものは見あたらない。
 ところで「リュウキュウアサガオ」と云うのは流通名で、和名はノアサガオと云うようだ。 沖縄で多く自生しているところから琉球朝顔と云われるように成ったのだろう。 宿根朝顔とも云われる通り、越冬も出来るようだが、あまり寒いところでは無理らしい。
131203-玉川学園-03


 通りがかりのお宅の柵から顔を出していたサザンカ(多分)。 この複雑な花びらは改良品種か。
131203-玉川学園-04


 ツバキとの区別は難しいらしいが、オシベが筒状に丸くなっているのがツバキだそうなので、これはサザンカだろう。 サザンカは花びらが平らに開く、花びらがバラバラに落ちる、などで見分けるようだ。
131203-玉川学園-05


カメラは Sony Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

テーマ:紅葉の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/03(火) 23:59:59|
  2. 我が通勤路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。