笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

続・我が家の水仙      2014/01/18

 昨年の暮れに咲いて、ちょっとびっくりさせられた我が家のスイセンだが、やっと満開(?)状態に成ってきたようである。
 元々の本数が少ないから満開と云っても、たいしたことは無いが。
140118-水仙-05



 これでも少し調整したのだが、まだ明るすぎる感じがする。
140118-水仙-01



 単焦点のマクロレンズなので普段使っているズームレンズに比べると不便な面も有るが、雑然としたバックが適当にぼけてくれるので、バックの心配をしなくて良いのは助かる。
140118-水仙-02



 スイセンにも青空のバックが似合うようだ。
140118-水仙-03



 こんなアングルでも撮る事が出来るのはディスプレイがチルトに成っているお陰だ。
140118-水仙-04


カメラは Sony NEX-5(Tamron 90mm macro) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/18(土) 23:59:59|
  2. 花、草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

RMAJ (Recording Musicians Association of Japan) 新年会      2014/01/15

 少し前になるが、1月15日、スタジオミュージシャンの団体、RMAJの新年会に参加した。
 RMAJとは、レコーディング ミュージシャンズ アソーシエイション オブ ジャパン、と云う事らしい。
 最初は型どおり、役員の挨拶のような事が続く。 左から、恐怖の駄洒落大王とも云われている、篠崎正嗣・理事長、阿部雅士・副理事長、石橋雅一・同じく副理事長。 たまたま三人とも「マサ」が付く、まさちゃんトリオである。
140115-RMAJ 新年会-01



 それに加えて、左から同じく理事の塩崎さん、松宮さん。
140115-RMAJ 新年会-02



 ゲスト、名アレンジャー・萩田光雄さんにインタビューする阿部副理事。
140115-RMAJ 新年会-03



 右端はジャズギタリスト、直居隆雄さん。
140115-RMAJ 新年会-04



 歌うがごとくに熱弁を振るう田中公平さん。 このところ世界を股に掛けて大活躍中の公平さん、嬉しいことにRMAJのメンバーでもある。
140115-RMAJ 新年会-06



 メンバー以外にも関係各団体の方など、色んな分野の方が来ておられるので、顔馴染みの人、顔は知っていても名前が思い出せない人、など、色々だ。
140115-RMAJ 新年会-07



 フルートの高市紀子さん、同じくフルートの金子奈美さん、萩田光雄さん。 萩田さんは「シクラメンのかほり」をはじめ、手がけられた名曲は数知れない。 後で見たら左端に公平さんが写り込んでいた。
140115-RMAJ 新年会-08



 スマホで盗撮(?)しているところを金子さんに撮られてしまった。 顔の色ほどは飲んでいなかったので為念。
140115-RMAJ 新年会-09


カメラは Sony Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!



テーマ:スタジオ業界 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/15(水) 23:59:59|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

小豆粥と満月      2014/01/15

 「小正月」や「松の内」の定義は地方によって違うようだが、個人的には1月15日が小正月、元旦から15日までを松の内、と云うのが一番ぴったり来るような気がする。 もっとも松の内と云っても、門松も立てていないのだから、いい加減なものだが。
  七草粥の時もそうだが、粥となるとどうしてもこの行平が登場する事になる。
140115-小豆粥-01



 小正月にこの小豆粥を食べないと、正月気分が抜けない、と云うようなところもある。 地方によっては小豆粥の代わりにお汁粉、ぜんざいを食べる事もあるようだ。
140115-小豆粥-02



 田作がまだ残っていたりすると、やはり朝からちょびっと一杯、と云うような事にもなりがちだ。
140115-小豆粥-03



 で、今年は元日が新月だったようで、16日が満月に成るらしい。 これはその一日前の月。
140115-fullmoon_eve



 こちらはその16日の満月だが、実際に見た目にはとても区別がつかない。 と云うよりも、厳密にはこの時点ではもう満月を過ぎているわけだから、↑の写真と、欠け方(満ち方?)、つまり真ん丸さ加減はあまり変わらないのでは、と思われる。
140116-満月


カメラは Sony NEX-5、Sony Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!


テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/15(水) 23:59:59|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

江戸川橋公園      2014/01/09

 明治通りと交わる高戸橋から江戸川橋に至る江戸川の両岸は、サクラの名所として知られているが、椿山荘から江戸川橋辺りまでの左岸は江戸川橋公園として、綺麗に整備されている。
 ここ数年は、ほぼ毎年ここのサクラを楽しませてもらっているが、今年もサクラは見られるのだろうか、などと考えながら歩いて来たら、なんともう梅が咲いているのに気が付いた。
140109-江戸川橋公園-01


 記録をとっているわけではないので、定かではないが、例年と比べると、どう考えても早いような気がする。
 サクラに比べると梅のほうはずっと少数派で、この一角に数本有るだけだが、毎年紅白の花を咲かせて、楽しませてくれる。 あいにくの曇り空で、スマホのカメラだったのでピントはイマイチだが、スマホを頭上に差し上げて撮って、みた。
140109-江戸川橋公園-02


 その近く、これも数は多くないが、スイセンもちらほらと咲いていた。
140109-江戸川橋公園-03


 何度も、数え切れないほど通っているが、スイセンが有るとは気が付かなかった。
140109-江戸川橋公園-04


 あと2ヶ月と少しすれば、この辺りには近くの商店街の提灯が並んだりして花見客で一杯に成る。 このぶんで行くと、今年もここのサクラが見られるだろうか。

カメラは Sony Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/09(木) 23:59:59|
  2. 道端の草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今年も七草粥      2014/01/07

 七日正月、と京都では云っていたが、毎年1月7日には我が家でも七草粥を食べる事にしている。
 七草の風習は古く中国から来ているのだそうで、諸説有るようだが、正月のお節料理にも飽きて、胃袋も若干草臥れてきた頃に、あっさりした消化の良いものを食べる、と云う事でも意味が有るだろう。
 これは、その七草、いずれも若いものばかりで、一部欠落していたりするので区別もつき難いが、多分これで揃っているのだろう。
140106-七草-01


 お粥となると登場するのがこの行平。 これで炊いたお粥は、なんとなくそれらしい気分にさせてくれるから不思議だ。
140107-七草粥-01


 テレビの食事番組を真似てみる。 今年は若干餅が軟らかくなりすぎたようだが、このほうが消化には良いだろう。
140107-七草粥-02


 鯛の昆布寿司。 鯛の他にもヒラメでも美味しい。 個人的には鯖の昆布寿司が一番好きだが、新鮮な鯖が手にはいるかどうかが問題だ。
140107-七草粥-03


 おまけで、7日夕方の月。
140107-夕方の月-01


カメラは Xperia GX(SO-04D)、Sony NEX-5 を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/07(火) 11:06:32|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

屠蘇・雑煮・お節      2014/01/01

どちら様も、明けましておめでとうございます!
ブログのほうでも、今年も宜しくお願い致します。

こちらでは、ほぼ例年通りのお正月を迎えました。
お雑煮の前に栗きんとんをつまみながら抹茶を一杯。
栗(熊谷産)100%の栗きんとん、もちろん着色料、食品添加物一切無し、中々美味かったです。
お箸紙は頂き物ですが、ちょっと太り加減ながら馬のデザインで、写真では分かりにくいですが、尻尾の部分は糸の束が使われているなど、中々洒落てます。
140101-屠蘇・雑煮・お節-01



 この酒器はカミさんの実家から来たものだが、台の部分はパリのフリーマーケットで見付けて来たもの。 色はもちろん、サイズが面白いほどぴったり合っている。
140101-屠蘇・雑煮・お節-02



 元日のお雑煮は白味噌仕立ての京都風。 昆布と鰹で出汁をとっているのですが、食べるときに更に削り節を掛けます。
 大根の切り身と、ちょっと大きめのヤツガシラが入っています、京都ではカシライモと云ってましたが。
 椀の底には大根の薄切り(生)が敷いてあって、最後にはこの敷物にも良い具合に汁が染みこんでいるので、これも食べるのですが、消化にも良いようです。
140101-屠蘇・雑煮・お節-03



 お椀の蓋は富士山をかたち取ったようで、上の方に雪が積もったイメージのようです。
140101-屠蘇・雑煮・お節-04



 蓋の内側はこんな感じで、鳥のように見えますが実際はどうなのでしょう。
 木は松のようにも見えるから、鶴のイメージなのかも。
140101-屠蘇・雑煮・お節-06


P.S.
 こちらは3日に食べた福岡風雑煮。
 この雑煮の特徴は、アゴ出汁、ブリの切り身、カツオナ、などでしょうか。 アゴとはトビウオの事、カツオナは博多の伝統野菜で、タカナの仲間らしいです。 他にニンジン、かまぼこ、椎茸などが入っています。 里芋を入れる事も多いようです。
 カラフルで中々美味しいお雑煮です。
140103-雑煮



カメラは Sony Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/01(水) 20:27:04|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する