笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蜂雀・熊蜂・縞蛇 @町田 【要注意 昆虫・爬虫類】     2014/09/10

 我が住宅の周りは市街地のわりには植物や昆虫などに比較的よく会えるほうではないかと思っている。
 40数年前に、この住宅地が造成される前までは、まだ山だったと云う事もあるかも知れない。

 この日最初に出会ったのはこれ。
 ツチイナゴの幼虫で、多分あと1,2回脱皮すれば成虫に成るだろう。
 ツチイナゴはたしか成虫で越冬するものも居ると聞いている。
 この時期(9月)にまだ幼虫なので、これはおそらくその越冬組に成るなのだろう。
140910-蛾・蜂・蛇-01

 我々の宅地内で、一応花壇らしきものが有って、これはボランティアで世話をしてくれる人が植えてくれたハナトラノオ、別名カクトラノオとも云うらしい。
 せっかくだから花でも撮ろうと近づいていったら、なにやらブンブン飛び回っているヤツが居た。
140910-蛾・蜂・蛇-02

 一瞬、これはオオスカシバかな、と思ったが、違うようだった。 
 体型は似ているが、羽は透けていないし、体の色も違うし、などなど。
 オオスカシバと云うのはスズメバチみたいに擬態していて、とても蛾には見えない中々存在感の或る蛾なのだが、これはそうではなくて、同じ仲間のホシホウジャクかな、と云う事に成った。
 ホウジャクとは蜂雀で、蜂みたいなスズメガ、と云う事なのだろう。
140910-蛾・蜂・蛇-03

 この種類はずんぐりとした胴体のわりには羽が小さく、よくこれで飛べるものだと思ってしまうが、そのぶん羽を高速で動かしているのだろう。
 静止している姿は三角翼の戦闘機を思わせる。
 図体が大きいので小さい花には止まれないが、ホバリングしながら長い口を伸ばして上手に蜜を吸う。
140910-蛾・蜂・蛇-04

 もう一匹ブンブン飛び回っているヤツがいた。
 こちらはいわゆるクマンバチ、オオクマバチだろう。
140910-蛾・蜂・蛇-05

 こいつも動きが速く、絶えず飛び回っているので、中々撮らせてもらえない。
140910-蛾・蜂・蛇-06

 そんな中で一番マシだったのがこれだろうか。
140910-蛾・蜂・蛇-07

 尾根道に入ったところで、センニンソウ(多分)に来ていたコガネムシは、シラホシハナムグリかシロテンハナムグリか、難しいところだ。
 シロテン・・・、のほうかな?
140910-蛾・蜂・蛇-08

 うっかり見過ごしてしまうところだったが、尾根道を少し行ったところで出会ったのはこれだ。
 この道を通るように成ってほぼ40年になるが、蛇に会ったのは初めてである。
140910-蛾・蜂・蛇-09

 後で調べてシマヘビらしいと判ったが、それにしては長さ1メーター強はあって、結構大きいほうではないかと思われる。
 スマホをかなり近づけても逃げる様子も無く、逆に飛びかかってくる事も無いので、こんなアップを撮ることが出来た。
 中々のイケメンと見受けたがどうだろうか?
 しかし、こんな蛇が居ると云うことは、餌になる小動物がそれなりには居るという事で、この辺の自然もまだまだ捨てたものでもないのかも知れない。
140910-蛾・蜂・蛇-10

カメラは IXY DIGITAL 10、Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!


P.S.
 インターネットエクスプローラで一部の写真が表示されない件で、色々実験してみましたが、結局これといった因果関係は見つかりませんでした。
 全く同じ写真、同じHTMLをいくつもコピー&ペーストで並べても、その中で表示されたりされなかったりするので、全く不可解以外のなにもので有りません。
 ただひとつ分かったのはサムネイルを使った場合に限り、表示されない現象が起きると云う事でした。
 虫や爬虫類の写真を見たくない人が画像を開かなくても済むように、それと、なるべく大きい画像で見ていただける、と云うことで、サムネイルを使ってみたのですが、肝心の画像が表示されないのではしようがないので、今回からサムネイルを止める事にしました。
 
スポンサーサイト
  1. 2014/11/26(水) 16:44:39|
  2. 身近な生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

抜け殻三題・他      2014/09/07

 昆虫や植物などの名前、いわゆる和名と云うものの中には、考えても思い浮かばなかったり、あまり考えずに適当に付けたのではないか、とも思われるようなものも少なくないが、真っ直ぐの枝に赤い、小さな花が並んで付くミズヒキ、このミズヒキと云うネーミングは実にぴったりの感じがする。


140907-flowers_etc-0000.jpg 身近によく見かけるが写真を撮るにはなかなか難しいミズヒキ。
 これは我が通勤路の尾根道で見かけたものだ。
 スマホやコンデジで撮るとバックのほうにピントが合ってしまって、肝心の花のほうはボケボケに成ってしまう事が多い。




140907-flowers_etc-0001.jpg 一眼(レフ)でも難しいことが多い。
 高級機種だとおおまかにピントを合わす距離を設定できるようだが、普及型のカメラではそうも行かない事が多い。
 マニュアルフォーカスでじっくり撮れば良いのだが、時間が無かったり、野外で晴天だとディスプレイが見難かったりする事も有って、これも難しい。




140907-flowers_etc-0002.jpg センニンソウとボタンヅルは科が違うのによく似ていて紛らわしい。
 我が家の近所に咲いていたこれは多分ボタンヅルのほうだと思うのだが、違っているかも。




140907-flowers_etc-0003.jpg 尾根道で見つけたこれは一瞬脱皮したてで白いのかと思ったが、近寄ってみたら抜け殻だった。
 お盆の頃になると姿を現すショウリョウバッタと云うのが居るが、同じ時期にショウリョウバッタモドキと云うのも出てくる。
 これは多分そのリョウバッタモドキの抜け殻だろう。
 個人的にはこの両者、それほど似ているとは思えないのだが。




140907-flowers_etc-0004.jpg こちらは蝉の抜け殻。
 残念ながら抜け殻から種類が分かるほどの知識を持ち合わせていないが、時期的にはツクツクボウシかな、とも思うが、それにしては少し大きいので、やはりアブラゼミとかだろうか。
 蝉の抜け殻はなぜかこのヤブラン(多分)に付いていることが多いが、手ごろな足場になるのだろうか。




140907-flowers_etc-0005.jpg 尾根道を抜けて住宅街に入ってからだが、とあるお宅の門にこんなものが止まっていた。
 またもや抜け殻かと思ったが、何処となく様子がおかしい。
 抜け殻だと思ったのは、まだ脱皮途中のようであった。
 と云っても、どう考えても蝉が脱皮する時間帯とは思えない。




140907-花・抜殻・キノコ-06
 脱皮中や脱皮直後ならば体は真っ白なはずだが、これはしっかり蝉の色に成っている。
 どうもこれは脱皮中になんらかの原因で絶命してしまったようだ。
 脱皮中と云うのは全く無防備になるので外敵に襲われたらひとたまりも無いが、これを見る限り特に外傷らしきものは見当たらない。
 そう云えば交尾中に揃って昇天してしまった蛾を見た事が有ったが、昆虫にも突然死のようなものが有るのだろうか。




140907-花・抜殻・キノコ-07 この日は仕事ではなくて、珍しくとあるコンサートに行った。
 これは都内渋谷区のその会場近辺で見かけた白い花、ムクゲ。
 前にFBにアップする際に名前を調べたはずなのだが、今に成ってそれが思い出せなくて往生した。




140907-花・抜殻・キノコ-08 これと同じく会場近くで見かけた花。
 どうやらニワナナカマドの花のようだ。
 庭木として植えられることが多いところから付いた名前だろう。
 真っ白できれいな花だった。




140907-花・抜殻・キノコ-09 帰りがけの尾根道で見かけたキノコ。
 この白いボツボツが付いたキノコは以前に、と云っても随分前だが見た事がある。
 たしかシロオニタケと云ったように記憶しているのだが、昔の事なので違っているかもしれない。
 シロオニタケは毒キノコではなかったように記憶している。 これがそのシロオニタケだったとしての話だが。

カメラは IXY DIGITAL 10、Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!


  1. 2014/11/19(水) 11:09:22|
  2. 道端の草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

軽井沢・小さい花など      2014/09/05

前記事・「久しぶりに、ヒメギス」の翌日。
ほとんど時間が無かったので家の周りだけをぶらつく。


140905-軽井沢-01 こう云うキク科(多分)の花は一杯有って、何処にでも咲いている。
 とても名前を覚えきれないし一度覚えてもすぐ忘れてしまう。
 トシのせいと云われればその通りなのだが、困ったものだ。


140905-軽井沢-02 多分 ↑ 上と同じ花だと思う。
 ヒメジョオン、ハルジオンなどとよく似ているようだが、そもそもこの二種もよく似ていて間違えやすいし、名前も紛らわしい。
 秋にハルジオンが咲いているのかどうかもよく分からない。 

らばぴか博士のコメントにある通り、ヒメジョオンが正解だったようだ。 ハルジオンの花びらは線みたいに細いのに対してヒメジョオンは少し幅が有るのが見分けのポイントのようだ。


140905-軽井沢-03 こんな半開きの状態だった。 
 撮ったのは午前中だったので、時刻のせいかも知れない。
 タンポポに近い感じはするが、別物だろう。

 同じく博士のコメントにより、これはブタナらしい。
 豚菜とはなんとも気の毒な名前のようにも思えるが、フランスだかで豚の餌にしていたところから付いた名前らしい。



140905-軽井沢-04 お馴染みのゲンノショウコ。
 これも春から今頃までずっと咲いているようだ。
 なぜかこれも見掛けると撮りたくなってしまう花である。



140905-軽井沢-05 ちょっと小さい目のアザミ。
 アブ(ハエ?)が止まっていた。
 花を撮っていてもなにか虫が止まっているとどちらがメインなのか分からなくなってしまうのがおかしい。


140905-軽井沢-06 何処にでも咲いているツユクサ。
 これも春からずっと咲いているような気がする。
 同じくついついカメラを向けたくなる花である。
 上下逆にしてみると、黄色いオシベがウサギさんに見える、と云う話がある。


140904-軽井沢-07a  一見ちょっとホタルブクロに似ている。
 質感は近いようだがサイズが、一回り小さい。 
 先の方が開いていないので、明らかに違う。

 同じく、これはヤマホタルブクロ蕾だとの事。 ホタルブクロが秋にも咲くとは知らなかったので、全く選択肢に入れていなかった。 この状態では袋は閉じられているわけだ。



140905-軽井沢-08 多分チョウセンゴミシだと思うが、定かではない。
 もしそうだとすると、漢字で書くと朝鮮五味子と書いて、漢方でも使われる。
 以前、これで果実酒(薬酒?)を作った事が有った。


140905-軽井沢-09 この幾何学模様が面白くて撮ってみた。
 この実はなんと云うのだろう?

 この幾何学模様は、結局ウドだったようです。 撮影日とブログのアップが2ヶ月も離れていたので、博士を混乱させちゃったようで、申し訳無かったです。



140905-軽井沢-10 多分サンショウの実だと思うのだが、撮ってから日にちが経っているので自信が無い。
 枝に棘が有るので間違い無いと思うのだが、そうだとするとバックに写っている葉っぱは別の植物である。



140905-軽井沢-11 再びウバユリの実。
 どうもこの花はあまり綺麗とは云えないが、他のユリ類とは違って、中々上品な香りがする。
 見た目も花よりも実の方が綺麗なようである。



140905-軽井沢-12 かなり小さいトンボ。
 多分ナツアカネではないかと思うが、これも自信が無い。
 アカトンボの赤く成るのはオスのみだそうなので、これはメスだろう。
 そう云えばシオカラトンボでも、如何にも塩辛っぽく粉吹き状に白くなるのはオスだけらしい。

 これに関してはTAGAちゃん、らばぴかさん、からコメントが有ったが、マユタテアカネが正解だろう。
 アカネと云うと、どうも赤とんぼを想像してしまうが、実際に赤くなるのはオスだけなので、こう云うメスを見分けるには知識が必要だろう。



カメラは NEX-5 Tamron 90mm macro を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

  1. 2014/11/16(日) 11:10:13|
  2. 道端の草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

久しぶりに、ヒメギス      2014/09/04

 軽井沢に来るように成った初期の頃は、庭でよく見掛けたヒメギス、ここ数年全く見掛けなく成ってしまい、当然ながら声も聞くことが無かった。
 久しぶりに出会ったヒメギスは、ちょっとタイプが違うようではあったがヒメギスには違いない。

140904-軽井沢-01 タイプが違う、と云うのは羽の長さが長いような気がするのである。
 長さの違いは、不正確だが普通のイナゴとハネナガイナゴの違いくらいかなと思われる。
 和名によく付く「ヒメ」は、基準に成るものよりも小さいものに付くことに成っているが、このヒメギスもキリギリスとそっくりで、まさに相似形と云う感じだが本家よりも一回り小さい。


140904-軽井沢-02 以前、庭で見掛けたヒメギスはもっとずんぐりした体型だったと思うが、今回久しぶりに見掛けたこいつは中々スリムな感じである。
 wiki によれば「沖縄諸島、南西諸島日本全土に分布」と云う事に成っているが、日本全土と云うほどには他の場所で見掛けた事が無い。


140904-軽井沢-03 高地や寒冷地を好むと云うような事は書いてないが、軽井沢では比較的大型の昆虫は見掛けないし声も聞かない。
 キリギリスも、比較的標高の低いところでは声を聞いたように思うが、バイパス以北では声を聞いた事が無い。
 ヒメギスの鳴き声は本家のキリギリスのようにはっきりした特徴の無い、ジジジジジ、と云うような声だったと記憶している。


140904-軽井沢-04 庭で偶然見掛けたカマキリ。
 カマキリだと思って撮ったのだが、なんだか違うような気もする。
 どう見ても羽がまだ無いので事は幼虫かなと思われるが、この時期、つまり寒冷地、軽井沢の9月にまだ幼虫と云うのはちょっとおかしいようにも思われる。


140904-軽井沢-05a あまり人目をひくようなキノコは出ていなかった。

 これらいずれ名称、食毒、ともに不明。



140904-軽井沢-08 庭のアケビは、まだ鳥にも食べられずに残っていた。
 と云うよりはまだ食べ頃ではないのだろう。
 次に来る時には残っているかどうか、微妙なところだ。


140904-軽井沢-09 ウバユリの実。
 この形からは花の状態を想像出来ないが、やがて縦に割れて、中から薄っぺらい種子が一杯出てきて散らばる事に成っている。
 もう少し枯れて実が割れてきた状態の方が絵的には面白いのだが。


140904-軽井沢-10 四十数年間利用してきたこちらの家も、今回クローズする事に成った。
 子供達が小さかった時期には練習をしていた(させられていた)このピアノも処分せざるを得なくなった。
 普通の業者に頼むと、逆に処分料を取られる事に成りかねないので、テレビのCMによく出ている「タ**トピアノ」に電話してみ。
 ピアノの型番とおおまかな状態を聞くと引き取り金額が出るように成っていて、少額ではあるが買い取ってくれるとの事で、頼む事にした。


140904-軽井沢-11 それでこの日引き取りにやってきた。
 中々好感の持てる係員が二人で来て、手際よく持って行った。
 



カメラは IXY DIGITAL10、Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

  1. 2014/11/15(土) 13:26:16|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。