笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

道端で見掛けた花@町田      2014/09/12-19

 9月半ば、町田市内をぶらぶら歩いていて目に入った花。
 マルバルコウと云うらしい。 アサガオと同じヒルガオ科なので、花の直径は2センチ弱と小さいが、かたちはアサガオに似ている。
 元の名前はマルバルコウソウと云うのだろう、つまり丸葉縷紅草だ。
140912_09-machida-01

 どんな花でもこんな風に青空をバックにすると、より綺麗に見えるように思える。
 小さい花なので目に付きにくい事はあるが、結構普通に見かけられる花である。
140912_09-machida-02

 これも道端に咲いていたもので、ほぼ自生状態、小型のアサガオだった。
140912_09-machida-03

 黄色いコスモスも有るが、こちらはキバナコスモス。 個人的にはあまり好きではないが、チョウが来ていたので撮ってみた。
 角度が微妙で、斑紋の並びがよく分からないが、これはオオチャバネセセリ?
140912_09-machida-04

 白いムクゲ。 ここでも、アリが来ているが、ムクゲは蜜がよく出るのか、よく虫が来ているようだ。
140912_09-machida-05

 亜熱帯のものはハイビスカスと云う事になるが、アオイ、ムクゲ、フヨウ、ハイビスカス、いずれもアオイ科なので、よく似ている。
140912_09-machida-06

 様々な色のものが有って、同じ種類の色違いなのか別種になるのか、よく分からない。
140912_09-machida-07

 こちらはホトトギス。 何故鳥のホトトギスと同じ名前に成ったのかと疑問に思っていたが、花びらの斑点模様が、胸の模様に似ているところから付いたのだそうだ。
140912_09-machida-08

 こちらは赤のオシロイバナ。
140912_09-machida-09

 ニラは種が飛び散るのか、あちこちに自生しているようだ。 ニラの花は一つ一つは小さいが、可愛い花である。 この最後の3枚は多分スマホのライトを使って撮ったはずだ。
140912_09-machida-10

カメラは IXY DIGITAL 10、Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!



  1. 2014/12/28(日) 11:22:18|
  2. 道端の草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タマゴタケ@町田      2014-09-15

 軽井沢ではよく見掛けたタマゴタケだが、町田のこんな身近なところで会えるとは思わなかった。
140915-尾根道-01

 これはいつも駅まで歩く時に通る尾根道で、時々キノコを見掛ける事はあるのだが、ここでタマゴタケが有るとは思っていなかったので少しびっくりである。
 傘が黄色いので、キタマゴタケと云うのだろう。
140915-尾根道-02

 タマゴタケと云う名前は、こうして出始めの時に袋から顔をだした様子が卵に似ているところから付いた。
140915-尾根道-03

 本来は赤、もしくはオレンジ色のほうがずっと多いのだが、こんな風に黄色のほうが、より卵らしいイメージと云えるかも知れない
140915-尾根道-04

 テングタケの仲間には毒キノコが多いのだが、その中で、このタマゴタケは見た目に美しく味も美味しい、と云う貴重な存在なのである。
140915-尾根道-05

 同じ日に見掛けたものだが、これだけみて分かる人は少ないかも知れない。
140915- 尾根道-06

 上の蕾が開くとこんな風に成る。 オシロイバナの二色バージョンだ。
140915-尾根道-07

 オシロイバナにはこんな絞りバージョンも有る。 ところで、よく見ると花の右側にはなにやらバッタらしきものが写り込んでいるようだ。 オンブバッタ?
140915-尾根道-08

カメラは IXY DIGITAL 10、Xperia SO-04D を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

  1. 2014/12/27(土) 16:50:19|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

手乗りイチモンジセセリ 【含・蝶画像】      2014-09-11

 再び熱海。
 海浜公園と云うことになっていたと思うが、小規模ながら砂浜が有って、夏にはビーチパラソルの花が咲いて、ちょっとした海水浴場のように成っている。
 有名なお宮の松よりもほんの少し東南の辺りだが、ランタナがあちこちに咲いていた。 この辺りのランタナはちょっと変わっているような気がする。
140911-atami-01
 これはイチモンジセセリだろうか、大型の蝶は見掛けなかったが、こいつは花に群がって沢山飛んでいた。
140911-atami-02
 下の丸い実は多分ランタナの実だろう。
P.S.
 これもイチモンジセセリだろうと思っていたが、FBのお友達からご指摘が有って、これはオオチャバネセセリだと云う事が分かった。 イチモンジセセリは白い紋の並びが一直線なのに対して、こちらは互い違いに並んでいるので区別がつくらしい。

140911-atami-03
 こちらは白いランタナ。
140911-atami-04
 これもランタナか?
 花のかたちが違うような気がするが、葉っぱはランタナに似ている。
140911-atami-05
 多分埋め立て地だと思うが、突堤と云うか釣り場に成っているあたりに見掛けた白い花はタマスダレだろうか?
140911-atami-06
 群生はしていたが、およそ人が植えた感じではない。
 球根で増えるらしいが、実も生るようなので、種が運ばれてきたのか。
140911-atami-07
 これを食べる人は居ないとは思うが、毒草らしい。
140911-atami-08
 とある施設の構内に咲いていたブラシノキ。 英語名の bottle brush と云うのもそのものすばりである。
140911-熱海-09
 本来この時期に咲くものかどうかは不明だが、熱海は気候が温暖なために季節外れに咲く花も多いようだ。
140911-熱海-10
 ブラシノキにもイチモンジセセリが・・・。 写真を見てから気がついたが、カメムシが写り込んでいた。 ちょっと調べたところでは、チャバネアオカメムシが近いようだ。
140911-熱海-11
 何故か手にイチモンジセセリが・・・。
140911-熱海-12
 別に手になにか甘いモノがくっついていたわけではないと思うのだが、しばらくこうして羽を休めていた。
140911-熱海-13

カメラは IXY DIGITAL 10、Xperia (SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!


  1. 2014/12/25(木) 17:28:35|
  2. 身近な昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の花火@熱海      2014-12-14

記事が前後しますが、昨年暮れ、12月の話です。

 花火大会と云えばとりあえず夏の風物詩で、熱海でも8月から9月に渡って5,6回開催され、熱海の名物に成っている。
141214-熱海花火-01

 各地の花火大会に比べれば、それほど規模が大きいと云う事もないのだが、花火の当日は町中に人が溢れて一段と賑やかに成る。
141214-熱海花火-02

 一時期ちょっと活気が無くなった街の活性化を図るために始まったと云う風に聞いているが、それなりに効果は現れているように見える。
141214-熱海花火-03

 面白いのは、その花火大会が冬12月にも有ることだ。
141214-熱海花火-04

 夏にはマンションの屋上で見ることが多いが、比較的気候が温暖な熱海とは云え、さすがに12月ともなると屋上は寒い。
141214-熱海花火-05

 もちろん部屋が東南に面しているところでは自室でゆっくり見ればいいのだが、我々の部屋は生憎の西南西に向いているので、自室からは全く見えない。
141214-熱海花火-06

 9階に結構広いロビーのような共有スペースが有って、そこから十分見られるのだが、写真を撮ろうと云う事になると、やはりガラス越しと云うわけにもいかない。
141214-熱海花火-07

 なので仕方なく寒風吹きすさぶ屋上に三脚を立てて、と云う事になる。 花火撮影には三脚が必須だ。
141214-熱海花火-08

 マンションの場所は、距離的には申し分無いのだが、打ち上げ場所との間に別のビルが立っていて、低い花火だとちょっと邪魔に成る。
141214-熱海花火-09

 直線距離で500メーターちょい、至近距離と云うほどではないのかも知れないが、迫力は十分で、部屋に居てもその音と云うか振動は腹に響く。
141214-熱海花火-10

 おおまかに云って左右二箇所で打ち上げるわけで、高さも一定と云うわけにはいかない。
141214-熱海花火-11

 最初の頃は打ちあがる度に上下左右に動かしたりしていたのだが、大体間に合わないことが多い。
141214-熱海花火-12

 なので、ズームは一番ワイドな状態で固定して、ピントも適当なところで固定して、動かさないほうが良いことが分かった。 テープで固定してしまうのもよさそうだ。
141214-熱海花火-13

 要するに下手にピントを調整したりカメラを動かしたりするよりは、撮りときは適当に撮って、後でトリミングしたほうが結果は良いようだ。
141214-熱海花火-14

 露出時間は、たしか5秒くらいでやっていたと思うが、これはケースバイケースで、もう少し長いほうが良い事もあるようだ。
141214-熱海花火-15

 ただ、これも打ちあがってみないことには分からないので、運と云うか勘に頼るしかないのかも。
141214-熱海花火-16

 打ち上げている時間は20分強で、ちょっと短いようにも思えるが、この寒さではこれでも充分すぎるかも知れない。
141214-熱海花火-17

 これで次の花火大会は8月と云う事になるのだが、ほんの少し覚えかけた花火の撮り方をそれまで忘れないでいられるか、が問題だ。
141214-熱海花火-18

カメラはSony NEX-5(18~55) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!


  1. 2014/12/14(日) 23:22:57|
  2. @熱海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する