笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

ブーゲンビリアなど      2015-05-18~19

 以前、サムネイルを使うと interner explorer では一部画像が表示されない、と云う症状が出て困っていたが、最近、もしかするとそれが直ったのではないかと思われたので、テストケースとして今回は全てサムネイルにしてみた。
 画像が14枚有るのだが、これらがうまく表示されれば、また場合によってはサムネイルを使ってみようと思っている。

 熱海は気候が温暖なせいか、南国っぽい花や木がよく見られる。  もう少しすると咲き始めるジャカランダもそうだが、ブーゲンビリアやハイビスカスなども普通に咲いている。
150519-熱海-04  これは初川の川縁に植えられているブーゲンビリア。
 この辺りでは暮れ一杯、中には年が明けても咲いていたように思われる。
150518-熱海-02  これを撮ったのは5月の二十日前だったが、すでにこの10日ばかり前には咲いていたようだ。
 と云っても、この花のように見える部分は実は葉っぱが変化してものなので、この状態では厳密には咲いているとは云えない。
150518-熱海-03  この蘂(シベ)のように見える部分が花本体。

 つまりこの状態ではまだ蕾、と云うわけだ。
150519-熱海-05  こちらはちょっと色違いのブーゲンビリアで、 川の対岸から撮ったもの。

 対岸と云っても川幅5メーター前後だから、すぐ目の前だ。
150519-熱海-03  この写真で中心より少し右上に白く見えているのが花である。
 最初見た時は変わった形のメシベだと思ったが、実はこれが花本体である。

 これはスマホで撮った事もあり、肝心の部分にピントが合っていないが、今度はちゃんと撮りたいと思っている。
150518-熱海-01  これは初川の対岸から撮ったものだ。

 対岸と云ってもせいぜい5メーターくらいの川だから、すぐ目の前である。
150519-熱海-01  キンシバイも町田辺りよりはかなり早く咲くようだ。

 我が通勤路にも毎年キンシバイを見掛けるのだが、まだまだ小さい蕾だった。
150518-熱海-07  キンシバイと、同じ黄色い花のビヨウヤナギは、どうも名前を取り違えそうになる。
 というのも、ビヨウヤナギの金糸、つまりオシベのほうが遙かに長くて立派だからで、わたし的にはこの二つ、名前を取り替えたほうが良いような気がしないでもない。
150518-熱海-05  とある橋のたもとに咲いていたホットリップス。
 別名はチェリーセージ、ひょっとするとホットリップスのほうが別名かも知れないが、わたし的にはホットリップスのほうが気に入っている。
150518-熱海-06  どうやらこの花にはまだ和名がついていないようである。
 改良された園芸品種だからかも知れないが、これだけ知られているのだから、なにか名前を付けてもいいのではないだろうか。
150519-熱海-06  海浜公園、と云うのだったか定かでないが、要するに海岸沿いの公園で見掛けたブラシノキ。
 ブラシの木とはよくぞ名付けたものだと思うが、英語名の bottle brush とぴったりである。
150519-熱海-07  こうして見ると、根本から順に開いて、長い花に成るようである。
 この赤い糸は花弁ではなくて花糸と云うらしい。
 別名のキンポウジュ(金宝樹)の「金」はその花糸の先の小さい粒から来ているのかな、と想像している。
150519-熱海-08  トケイソウとはいみじくも名付けたものだと思う。
 長針、短針、おまけに秒針らしきものまで備えているから完璧である。
 パッションフラワーと云う英語名からも分かるように、パッションフルーツと同じ仲間だ。
 ちなみにパッションフルーツの和名はクダモノトケイソウと云うらしいが、たしかに~、と云う感じか。
 さらに蛇足だが、パッションフルーツとは「情熱の果物」かと思ったらそうではなくて、この場合のパッションは「受難」の意味らしい。
150519-熱海-09  同じく糸川河畔だが、いわゆるアタミザクラの幹にこんなキノコが。
 多分サルノコシカケの類かな、と思うが、違うかも。
 だいたい、木にキノコが生えると云う事は、木が弱っているか枯れかかっている事が多いので、この桜は要注意なのかな?
カメラは Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2015/05/30(土) 22:51:28|
  2. 花、草花
  3. | コメント:6

仕事のついでに新宿御苑      2015-05-17

 新宿一丁目(二丁目ではない)ローカルのスタジオに行くついでが有ったので、早めに出かけて、すぐ近くの新宿御苑を訪れた。 一応バラ園が目当だったのだが、全体的にバラにはちょっと遅すぎた感じがして、若干くたびれ気味の花が多かったのは残念。 画質が良くないのはスマホで無理に拡大して撮ったものが多いせいです。

 新宿口から入ってすぐに目に入ったのがこれで、もちろんバラではない。
150517-新宿御苑-02
 クリザンティマムなんたら、と云う札が立っていたので、キク科の花だろう。
150517-新宿御苑-01
P.S. 実はこの黄色い花はクリサンセマム・ムルチコーレ(Chrysanthemum multicaule)と呼ばれていたのだが、現在では分類が変わってコレオステフス・ミコニス(Coleostephus myconis)と云うことに成っているらしい。以上、ラバピカ情報
そう云えば札にもムルチコーレと書いてあったような気がする。 WIKI によると和名もクリサンセマム・ムルチコーレ、つまりそのまんまで、なんたらキク、と云う風な名前は付けられていないようだ。
 これ以下はすべてバラで、例によって様々な名前が付けられている。
150517-新宿御苑-03
 だいたいはプリンセスなんたらなど、内外の王室関係や、過去の有名女優の名前を付けたものが多いが、中にはちょっとよく分からないようなのも有って、面白い。
150517-新宿御苑-04
 
150517-新宿御苑-05
 
150517-新宿御苑-06
 
150517-新宿御苑-07
 
150517-新宿御苑-08
 
150517-新宿御苑-09
 
150517-新宿御苑-10
 
150517-新宿御苑-11
 
150517-新宿御苑-12
 
150517-新宿御苑-13
 
150517-新宿御苑-14
 
150517-新宿御苑-15
 
150517-新宿御苑-16
 
150517-新宿御苑-17
 
150517-新宿御苑-18
 
150517-新宿御苑-19
 
150517-新宿御苑-20
 
150517-新宿御苑-21
 
150517-新宿御苑-21
 
150517-新宿御苑-23
 
150517-新宿御苑-24
 
150517-新宿御苑-25
 
150517-新宿御苑-26
 
150517-新宿御苑-27
 
150517-新宿御苑-28
 
150517-新宿御苑-29
 
カメラは Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2015/05/17(日) 23:59:59|
  2. 花、草花
  3. | コメント:6

今年最初の花火@熱海      2015-05-09

 花火と云えば夏のものだが、熱海では夏の時期以外にも5月、12月にも花火大会が有る。
 五月九日はその今年最初の花火と云う事で、出かけていった。
 花火の写真は何度やっても中々要領が掴めないが、今回も不満足な結果に終わったような気がする。
 なんやかんやで100枚強撮ってしまったが、以下はその中で多少ともマシかな、と思われるものである。
150509-atami_firework-01
 
150509-atami_firework-02
 
150509-atami_firework-03
 この左側のやつはもしかすると新パターンかも知れない。
150509-atami_firework-04
 
150509-atami_firework-05
 
150509-atami_firework-06
 この左側も、あまり見たことが無いので新作かも。
150509-atami_firework-07
 右端にちらっと見えているのがいわゆる熱海城。 昔城が有ったわけではなく、最近建てられた謂わばなんちゃって城である。
150509-atami_firework-08
 
150509-atami_firework-09
 
150509-atami_firework-10
 花火が高く上がっているぶんにはあまり気にならないが、こう云う低いパターンの時は前のビルが邪魔に成ってくる。
150509-atami_firework-11
 
150509-atami_firework-12
 
150509-atami_firework-13
 
150509-atami_firework-14
 
150509-atami_firework-15
 この頃になると煙が立ちこめてあまりクリアとは云えないが、それがある種の効果に成っているのかも知れない。
150509-atami_firework-16
 
150509-atami_firework-17
 
150509-atami_firework-18
 
150509-atami_firework-19
 
150509-花火大会@熱海-20
 毎回、花火大会の日はかなりの人出となって、町の中も道路の渋滞、商店街の混雑など大変なのだが、今回、この時期だと思ったほどの混雑には成らなかった。
 だったらマンションの屋上ではなくて、打ち上げ場所に近い海岸のほうに出かけて行っても良かったのかも知れない。
 次回は7月に成るので、多分大混雑が予想され、海岸での鑑賞は来年の楽しみに成るのだろう、それまで覚えていられればの話だが。
カメラは Sony NEX-5 を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2015/05/13(水) 11:23:55|
  2. 熱海花火大会
  3. | コメント:6

オカリナにカビ?      2015-04-02

 とある仕事でオカリナを使ったときの事。 帰宅して楽器を片付けている時にふと見たら指孔の中がちょっとおかしい。
 特に目についたのがこの写真で真ん中の下側に成っている孔。
150402-オカリナ-01
 アップにするとこんな感じで、これはもう異常としか言いようが無い。 埃が付着したのかとも思ったが、それにしてはおかしい。 これはやはりカビが生えたと考えるべきだろう。
150402-オカリナ-02
 楽器の裏側を見ると、こちらはそれほどでもない。 一番ひどい上の写真の孔は、最高音のファの音以外は常に閉じられている、つまりほとんど塞ぎっぱなしに成っているので、その辺りが原因かなとも考えられるが、定かではない。
 F管のこの楽器、これでも買った当初は漆(風の塗料)を塗ったりなどした最高級品だったのだが、この姿を見ると、とても澄んだ綺麗な音が出る楽器とは思えないかも知れない。 なんせ40年以上使っているので、この程度の経年変化は致し方無いとも云えるか。
150402-オカリナ-03
 それにしても楽器にカビが生えるとは困ったもので、だいたい管楽器の内部にこう云うふわふわした柔らかいものが有ると著しく響きを妨げるわけで、気のせいかこのところ若干鳴りが悪くなっていたのはこのせいだったのかも知れない。
 楽器と云っても茶碗などとあまり変わらない焼き物なので水洗いもOKだろうと思い、若干洗剤なども使って洗浄したのがこれだ。
150402-オカリナ-04
 塗料が剥げているのは致し方無いとしても、これでカビは取れて、すっきりした。
 試しに吹いてみると、少し鳴りもよく成ったような気がしたので、まずは目出度しとするか。
Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2015/05/08(金) 11:34:25|
  2. 楽器の話
  3. | コメント:4

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する