笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

リンゴ追分      2015-04-18

 西早稲田のアバコスタジオに行った。
 この日は****し君のカバーアルバムのレコーディングで、わたしの出番は4曲、最近としては多いほうだ。  アレンジャーは石倉重信さん、懐かしい昭和の歌謡曲、と云う趣のアルバムで、わたしの年代の人間ならばよく知っている曲ばかりだった(だから呼ばれたと云う噂も)。
 普通、こう云う有りもののレコーディングの場合は進行が早いものだが、今回に関してはキーを変えてみたりテンポで迷ったりなど色々有ったために、そのわりには少し時間が掛ったほうかも知れない。

 それは良いとして、その中で「リンゴ追分」が有った。  御案内の通り、ひばりさんの名曲で、この曲はイントロでフルートのソロが有るので、今までにも何度かやる機会が有った。 オリジナルのキーはたしかEマイナーなのだが、この日はGマイナー。 ちょっと指順が良くないので若干苦労はしたが、なんとかクリア出来た。

 この曲、元々は「りんご園の少女」と云う美空ひばりさん主演のラジオドラマの主題歌だった、などと云う事を知っている人は少ないだろう。
 調べたら1952年4月からラジオ東京(東京放送)、今のTBSの開局記念ドラマとして放送されたようだ。 民間放送のラジオは前年の1951年に名古屋と大阪で始まったようで、ドラマは後には映画化もされたらしいが、まだまだテレビは一般的ではなかった頃だ。 
 わたしが聞いていたのはもちろん関西のネット局だったが、大阪の局(多分新日本放送)だから京都ではあまり受信状態はよくなくて、ノイズだらけのラジオで聞いていたのをよく覚えている。
 当時の録音を聞くと、我々が知っているひばりさんの声に比べて、かなり高いので驚く。 テンポもずうっと速い。
 おそらくはひばりさんの14、5歳の頃だから、それも頷ける。  youtube で比較的最近のものを聞くと、なんとAマイナーで歌っていて、なんと5度も下がっているのに驚かされる。 つまり今回の**しくんと実音で1音しか違わないわけだ。

 キーはともかくとして、米山正夫作曲のこの歌は名曲であると同時に歌い手さんにとっては難曲である事も 間違い無い。
 カバーして歌う歌手さんも、どうしてもひばりさんの名演と比べられてしまうから、難しい面もあるのだろう。
 **しくんのカバーがどんな風に仕上がっているか、楽しみだ。

 これはスタジオに向かう途上、と云っても家を出てすぐに撮ったもので、ちょうど八重桜の時期だった。
150418-尾根道-01
カメラは Xperia Z3(SO-01G)を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2015/06/25(木) 18:26:45|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

薬師池公園の花菖蒲      2015-06-10

 先日行った時にはまだほとんど咲いてなかった薬師池のハナショウブ、今回はほぼピークと云う感じで、花も一杯咲いていたが、携帯、スマホからコンパクトデジカメ、高級一眼レフなどを手にしたカメラマンの数も中々のものだった。
150610-薬師池-01
 いずれがアヤメ、カキツバタ、などと云われているとおり、アヤメ、カキツバタ、ハナショウブの見分け方は何度聞いても忘れてしまう。
 園内には何カ所かにその見分け方を書いた看板が立っていたが、花びらの根元に黄色い目型の模様が有るのがハナショウブ、同じく白い目形のあるのがカキツバタ、同じく網目模様に成っているのがアヤメ、と云うわけだ。
150610-薬師池-02
 やはり此処ではハナショウブが圧倒的に多いようだ。
150610-薬師池-03
 それぞれが多分由緒ある花だと思われ、それらしい名前を書いた札が立っていたが、こちらはさっぱりその方面には詳しくないし、名前を書いても意味が無いので、以下は撮った順に並べてみた。
150610-薬師池-04
 
150610-薬師池-05
 
150610-薬師池-06
 
150610-薬師池-07
 
150610-薬師池-08
 
150610-薬師池-09
 
150610-薬師池-11
 
150610-薬師池-12
 
150610-薬師池-13
 
150610-薬師池-14
 
150610-薬師池-15
 
150610-薬師池-16
 
150610-薬師池-17
 
150610-薬師池-18
 この時期は当然ながらアジサイの時期で、花菖蒲田の周囲にはアジサイが植えられていて、こちらも楽しめた。
150610-薬師池-19
 
150610-薬師池-20
 
150610-薬師池-21

150610-薬師池-22
 
150610-薬師池-23
 
150610-薬師池-24
 
150610-薬師池-25
 
150610-薬師池-26
 
150610-薬師池-27
 ガクアジサイだが、しょっと変わった色合いだったので撮っておいた。
150610-薬師池-28
カメラは Sony α6000 E SEL55210 を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2015/06/12(金) 00:32:51|
  2. 花、草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

町田・かしの木山公園      2015-05-25

 少し時間が有ったので、近所のかしの木山公園へ。
 花や草花に関してはあまりこれと云うものには会えなかったが、まさに新緑の候と云う感じではあった。150525-かしの木山-12
 そんな中で最初に目に付いたのはこれで、一瞬なんの花なのか分からなかったが、近寄ってみたらカルミアだった。
150525-かしの木山-01
 今まではせいぜい2メーターくらいの木しか見たことが無かったが、これは5メーターくらい有っただろうか、かしの木山にカルミアが有るのも知らなかった。
150525-かしの木山-02
 折角マクロレンズを付けて来ていたので、あまり良くなかったがクローズアップを。
150525-かしの木山-03
 カルミアと云う名前からはなんとなく女性っぽい綺麗な名前のような印象を受けるが、スウェーデンの植物学者ペール・カルム(Pehr Kalm)にちなんだ名前らしい。
150525-かしの木山-04
 比較的小型のアザミが咲いていた。 もちろん**アザミとかのフルネーム(?)が有るはずだが分からない。
 生憎の曇りで、木の陰でもあったためにこんな色だが、実際はもう少し明るい色だったと思う。
150525-kashinokiyama-15
 
150525-かしの木山-06 そのアザミの花に来ていたハチ。
 **ハナバチとか云うのだと思うがこれも定かではない。
 何枚撮ってもお尻ばかり写っているものが多い。

 
150525-かしの木山-07 中々良いポーズをとってくれないが、向こうは蜜を吸いに来ているわけだから頭を花に突っ込んでいる事が多いのは当然で、仕方が無いだろう。
 


 花だけ見るとキイチゴみたいだが、これはイバラ、札も付いていたので間違い無いだろう。
150525-かしの木山-08
 とは思ったのだが、正式和名としてはノイバラのほうが正しいのかも知れない。
150525-かしの木山-09
 なにやらややこしいかたちだが、これもイバラの花。
 さだまさしさんの「茨の木」には山全体が一本の木みたいに一杯花が咲いていたと書かれていたが、こちらのイバラは木も小さく、花もちらほらだった。
150525-かしの木山-10
 元々この辺りは竹が多かったのだと思われるが、公園の何分の一かは竹藪に成っている。 

 当然ながら春にはタケノコが出るはずだ。 もちろん園内で植物の採取は一切禁止なのだが、これだけの竹藪であればこの時期出てくるタケノコも少なくはないはずで、ひょっとして職員さんの役得?、などとその行方がちょっと気になったりして。
150525-かしの木山-11
 
カメラは Sony α6000、E3.5/30mm macro を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2015/06/07(日) 12:46:06|
  2. 花、草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

丹那神社      2015-05-20

 これを撮ったのはたまたま熱海だったが、熱海に限らずわりと普通に、何処ででも見られる花だ。 見慣れているわりに、ずっと名前が分からないままに成っていたが、最近になってひょんな事からこれがニワゼキショウと云う事が分かった。
150520-丹那神社-01
 ニワゼキショウは漢字で書くと「庭石菖」、セキショウと云うサトイモ科の植物に似ていて、庭に良く咲いている事が多いから、と云う事で付いた名前のようだ。
 こちらはアヤメ科だが、アヤメよりは遙かに小さく、花の直径は5、6ミリ程度だろうか。
150520-丹那神社-02
 この実を見てなんの実か分かる人は少ないだろう。 これはウメより少し先に咲き始めて、独特の質感と香りで楽しませてくれるロウバイの実である。
 初めて見たのだが、これがもっと大きくなるのかどうかも分からない。
150520-丹那神社-03
 撮ったのは熱海の梅園だが、もちろん何処にでも咲いているカタバミだ。 ムラサキカタバミとか云うのだろうか?
150520-丹那神社-04
 オオトキワツユクサ、このモジャモジャしたのを見るとついつい寄ってマクロレンズで撮りたくなってしまう。
150520-丹那神社-05
  こちらはそのオオトキワツユクサのアップ。
150520-丹那神社-06
 漢字で書くと「大常磐露草」となるが、トキワは常緑の、という意味だ。
150520-丹那神社-07
 熱海ではこのオオトキワツユクサを比較的よく見かけるような気がするが、こんな大群生が有るとは思わなかった。 一見ドクダミかとも思うが、これがすべてオオトキワツユクサだから驚く。
150520-丹那神社-08
 小学校の社会科で、丹那トンネルは日本で一番長いトンネルだと習ったものだ。 そのトンネルの熱海側の口が梅園のすぐ近くに有るが、その真上に丹那神社は有る。
 トンネルj工事で亡くなった多くの犠牲者を祀った神社だが、これは神社の向かい側に有る記念碑。
 この真下を新幹線と在来線が通っている。
150520-丹那神社-09
 大きさから云えば街の中に見られるお地蔵さまに毛が生えた程度で、前の通路が狭いために、こうして下から撮らないと画面に収まらない。
150520-丹那神社-10
 通路の横から見ると、こんな感じ。
150520-丹那神社-11
 この真上を道路が走っている。
150520-丹那神社-12
 救命石。 トンネル工事中の事故の際に多くの命がこの石のお陰で救われたのだそうだ。
150520-丹那神社-13
 神社の敷地になるのかどうかは分からないが、こん風に群生していたマツバギク。
150520-丹那神社-14
 細長い花弁が松葉に似ているから付いた名前かと思ったらそうではなくて、ちょっと肉厚だが葉っぱが松に似ていると云う事らしい。
150520-丹那神社-15
 花のかたちから、これはてっきりヤグルマソウだと思い込んでいた事も有ったが、とんだ間違いだった。
150520-丹那神社-16
 意外とここにカルミアの花が有った。 ちょっと草臥れ気味の花ではあったが、とりあえず撮っておいた。 撮る時には全く気づかなかったが、この虫はなんだろう?
150520-丹那神社-17
 こんなところに発電所が有ったとは思わなかったが、初川の落差を利用した水力発電所だったようだ。 今の電力事情から考えれば小規模なものだが、当時はこれでも結構役に立っていたのだろう。
150520-丹那神社-18
カメラは Sony NEX-5 Tamron 90mm macro、Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
  1. 2015/06/04(木) 16:33:22|
  2. 花、草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する