笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀にわたり一応我家のメシのタネになっている様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カラスウリ 2015      2015/07/15~30

 数年前に自宅の近辺でカラスウリを発見して以来、毎年写真を撮るのが年中行事のように成っているが、これはその2015年バージョン。
 周知の通りこれは夜に咲く花で、昼間は萎んでしまっているので人目に付きにくく、見つけるのはわりと難しいほうだ。
 朝早く行けば見られるだろうと思い、わたし的には早起きして前に見当を付けていた場所に行ってみたら、すでに萎んでしまってこんな状態だった。   
 日当たりの具合などにもよるのだろうが、 八時過ぎでは遅過ぎた、と云う事だろう。
150715-30-烏瓜-01
 次の日の夕方、6時頃だったろうか、同じ場所に行ってみると、今度は少し早すぎたと見えて、まだ開いていなかった。 これはおそらくもうすぐ開くはずの、と云うよりも開き掛けの状態だろう。
150715-30-烏瓜-02
 これは別の日、別の場所で撮ったものだが、もう少し開いたところ。 これが徐々に開いていくところを、いつか動画で撮ってみたいものだ。
150806-烏瓜-02b
 もう少し開いているのは無いだろうかと探していたら、可愛い実が生っていた。 スイカをうんと小さくしたような感じの、まだこんなグリーンの縞模様で、大きさも縦3センチくらいだろうか、まだまだ小さい。
  これが秋になればあの真っ赤なカラスウリに成るとは信じがたい。
 ところでカラスウリは全く食用には成らないものだと思っていたが、若い実は食べられる、と云うような事が何処かに書いてあった。 考えてみればヘチマだって若い実を食べることがあるらしいから、あり得ない話ではないのかも知れない。
 つまりこのくらいの段階だと食べられると云う事か?
 とは云え、これは他所のお宅の垣根に絡んでいたので、失敬してくるわけにも行かなかったが・・・。
150715-30-烏瓜-03
 約1時間ばかり後、用事を済ませてから訪れると、今度はしっかり咲いていた。 前に別の場所で撮ったのは失敗していたので、これが本年最初のカラスウリと成る。
150715-30-烏瓜-04

 横からも撮ってみたいと思ったのだが、これは高い位置に咲いていたので、これがせい一杯。 花の左前方は前夜の花だろう。
150715-30-烏瓜-05
 ちなみにこれは雌花だ。 カラスウリは雌雄異株らしいので、実も成っているから、この日撮ったのは全て雌花と云う事に成る。
150715-30-烏瓜-06
 これは前とは別の日、別の場所で、玉川学園の住宅地だ。 夕方まだ明るい頃で、まだ開き切っていない状態だから、もじゃもじゃが花びらを覆い隠しているような感じに成っている。
150715-30-烏瓜-07
 こんな状態で見たのは初めてで、花びらは半分隠れているが、もじゃもじゃの白は綺麗である。
150715-30-烏瓜-08
 これは雄花で、雄花、雌花の見分けは中心部と見れば一目瞭然だ。 夜間、暗い中に浮き上がって見えるほうが、より幻想的で良いのだが、この状態の白いもじゃもじゃも悪くはない。
150715-30-烏瓜-09
 これは前の二箇所とは違うところで、我が住宅のすぐ近くになる。 こんな近所に有ったとは知らなかった。
 カラスウリは花の咲いている状態で人目に付く事が少ないので、どちらかと云えば雑草扱いで、刈り取られてしまう事も多い。 前年咲いていたからと云って必ずしも次の年にも見られるとは限らない。
150715-30-烏瓜-10
 これはもう夜で真っ暗だったので、フラッシュ無しでは撮れない。 とは云えフラッシュを使うと花びら部分がハレーション状態と云うかいわゆる白飛びに成ってしまうので、それも出来ない。
 で、一計を案じて、これはスマホの懐中電灯とか云うアプリを使ってみる事にした。 この日撮ったものは全てこの方式で撮っている。
150715-30-烏瓜-11
 スマホのライトを使うなら、いっそのことスマホで撮れば良いようなものだが、この至近距離だと、やはり白飛び状態に成ってしまうので、この方法しか無いようだ。
 もちろん専用のライトでもコンパクトなものが市販されているが、至近距離で花などを撮るのだったら、これでなんとか間に合う。
 この左下に見えているのは、次の日に咲くはずの蕾である。
150715-30-烏瓜-12
   で、これ以降は虫さんの登場に成るので、サムネイル方式に成る。
 虫さんが苦手な方は開かないように、御願いします。
 m(_ _)m

150715-30-烏瓜-13  ほぼ撮り終わってぼちぼち帰ろうとしたら、そのすぐ近くでこんなものが目に入った。
 なんせスマホのライトなので全体がはっきりとは見えてこないのだが、なにやら虫が来ているようだ。
150715-30-烏瓜-14  カラスウリは花の構造上普通の虫では蜜を吸う事が出来ないらしい。 なので特に長い口吻を持つスズメガの類がもっぱらやって来る、と云う話は聞いたことが有った。
 が、これはどうみてもスズメガの類ではなくて、コガネムシのようであった。
150715-30-烏瓜-15  てかてか綺麗に光っていて、カナブンと云う事に成るのだろうか。 カナブンには色んな色があるようなので、多分大丈夫だろう。
 こうして見た感じでは、蜜を吸いに来ていると云うよりは花そのものを食べているように見える。
 次の日、同じ場所を見たら、花は跡形もなく無くなっていた。 やはりカナブンが食べてしまったのだろう。
カメラは Sony α6000 SEL30M35、Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/04(火) 10:56:31|
  2. 我が通勤路
  3. | コメント:4

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。