FC2ブログ

笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

京都大原・9月

日帰りで京都、大原に行った。
 朝、町田市の自宅を出るときはしっかり雨が降っていたので、真っ黒のシャツを着てきたら、途中、静岡あたりから雨も上がり、こちらはかんかん照りで、暑くて参った。

 一応、用事が済んで、そのまま帰ってしまうのももったいないので、少し歩いてみた。
 
 足下から飛び立ったのが居て、なにかのバッタだろうと思ったが、見たら小型のカマキリだった。
 カマキリと云うとのんびり構えているようなイメージがあるが、こいつはカマキリらしい(?)落ち着きが無く、やたらとすばしっこく動き回る。
 カメラを近づけてもすぐ逃げてしまうのを、何とか撮ったうちの一枚がこれだ。

080916-大原-01

 飛ぶときは近くでも羽を使うようだ。
 体長は5、6センチ、後で調べたところではコカマキリではないか、と云う事になった。
 コカマキリは鎌の内側に特徴があるらしいが、この写真では確かめようもない。



080916-大原-02

 たしか去年も同じようなところで撮って、名前も調べた記憶はあったのだが、見事に忘れていた。
 アレチヌスビトハギ、荒地盗人萩と云うなにやら不名誉な名前が付いているが、元の名前のヌスビトハギとは少し違うようだ。

080916-大原-03

 そのヌスビトハギには、対になった平べったい実が出来るらしいが、その実のかたちが盗人が忍び足で歩いた時についた足跡に見える、と云う事で付いた名前なのだそうだ。
 確認した事はないが、このアレチヌスビトハギのほうは4、5個が連なった実がなるようだ。
 
080916-大原-04

 アレチ・・・、と云うだけあって、こんな道路脇にでも平気で一杯生えている。


 
 イナゴは沢山居た。
 道路で羽を休めているところを上からパチリ。

080916-大原-05

 これは多分コバネイナゴ(一番普通のイナゴ)だろう、こんなに近づいても平気なので助かる。
 上からではよく分からないと思って、横顔もパチリ。

080916-大原-06

 他に、もう少し小型のイナゴも居たが、こちらはすばしっこく飛び回って、写真はおろか、ゆっくり観察も出来なかった。
 多分、ハネナガイナゴだろうと想像している。

 イナゴと云えば、戦時中は貴重なタンパク源でもあった。 あの頃は農薬を使っていなかったので、畦道を歩くとバタバタと顔に当たるくらい、とにかくイナゴは一杯いた。
 布の袋に竹筒を付けたヤツを持って捕りに行くのだが、子供でもあっと云う間に袋が一杯になったものだ。
 でも捕ることは捕ったが、自分では気色悪がって食べなかったと思う。
 戦時中と云っても湾岸戦争やベトナム戦争などではない、当時は大東亜戦争と云っていた、第二次世界大戦だ。
 もう60年以上前の事になる。

カメラはいずれもコンパクトデジカメ IXY DIGITAL 10 を使用

please↓click
ブログランキングをよろしく!

関連記事

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/16(火) 20:00:00|
  2. 花、草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イチビ、続・京都大原・9月 | ホーム | 大形時代劇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dadaji.blog112.fc2.com/tb.php/124-6508e090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する