FC2ブログ

笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

イチビ、続・京都大原・9月

080916-大原-07

 ヒガンバナ、お彼岸にはまだ少し日があるので、蕾のほうが多かったが、咲いているのも結構あった。

080916-大原-08

 こんな白い花も有るようだ。

080916-大原-09

 上から見るとこう云う状態に成っているとは知らなかった。



 ゲンノショウコ、去年この近くで撮ったものと比べてみると、ずっとクリアに撮れているようだ。

080916-大原-10

 全体の様子が分かるようにと、ちょっと離れて撮ってみたが、回りの草がごちゃごちゃして、あまり分かり易いとは云えないようだ。

080916-大原-11


 
 面白い実なので、撮ってみた。
 名前は全く分からなかったので、前にもお世話に成った、ネットの「この花の名前は?掲示板」と云うところで教えてもらった。

080916-大原-12

 「イチビ」と云うのだそうだ。
 インドだかが原産で、昔は麻のように繊維を利用するために栽培されていたが、今では畑の雑草でしかないらしい。 そう云えばこれを撮ったのも畑の脇だった。

080916-大原-13

 ただし、昔栽培されていたイチビと現在雑草、害草として問題になっているイチビとは別物だと云う話もあって、もう、分からない。
 花は終わってしまったようだったが、黄色い花だが実のわりには小さくて目立たない花
 だ。
 この実は15、6~20くらいに分かれているが、これがバラバラになって種子が飛び出してくるらしい。

080916-大原-14
 
漢字表記は「○麻」と書くらしいのだが、「○」の部分はATOKの漢字表にはあるのだが、パソコンの画面では表示出来ない。 草冠に「商」と云う字の下の部分を書いたような字だ。 いずれにしても、向日葵→ヒマワリと同じように、訓読と漢字は関係無いようだ。
 では、何故「イチビ」なのかと思って、あちこち見て回ったのだが、あまりそう云う記述が見あたらない中、花が一日で終わってしまうところから「一日」→「イチビ」と成ったと云う説があった。 なるほどとは思うが、定かではない。



080916-大原-15

 花尻橋と云うバス停から比叡山の中腹(多分)のほうを見たところ。
 黒っぽく見えるのは、漬け物に成るであろう紫蘇の畑だ。

カメラはいずれもコンパクトデジカメ IXY DIGITAL 10 を使用

please↓click
ブログランキングをよろしく!

関連記事

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/16(火) 20:00:01|
  2. 花、草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<駅のブラバン | ホーム | 京都大原・9月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dadaji.blog112.fc2.com/tb.php/125-0edada9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する