FC2ブログ

笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

はなれ瞽女おりん@京都

 京都市内、同志社・寒梅館内にあるハーディーホールで、「有馬稲子と五つの楽器による語り・ はなれ瞽女おりん」と云うタイトルの公演を見た。

画像 037-blog 寒梅館も、ホールも、最近建てられた施設のようで、全体にゆったりとしたスペースで、レストランなども、大学関係者だけでなく、外部の人も利用出来るようになっていて、とても学食とは思えないような、しゃれた感じだった。

 ホールのキャパは800人(最大で1000人)、音楽をやるホールとしては、あまり響きの良い方とは思えなかったが、それがかえって、楽器が鳴りすぎず、語りの言葉が聞き取りやすくなっていたのでは、と思った。

 各座席には、引き出して使えるタイプのテーブルが付いているあたり、さすが大学の施設、と云う感じがした。

 水上勉の原作を、和田薫によって有馬稲子の一人芝居と5人の奏者の為の作品に作られたもので、この主の作品としては、初演以来、かなりの数の公演を重ねてきているのだそうだ。

 この日の公演は、Web上でも、チケット完売とのアナウンスが出ていた。 客席を見渡すと、平均年齢はかなり高い感じがしたが、文字通りの満席の状態だった。

 作品のタイトルからも想像出来るとおり、はっきり云って明るい内容ではないし、さほど一般受けがする公演とは思えないのだが、有馬稲子さんの根強い人気、水上作品と、もちろん和田薫の音楽の魅力、それに数多くの公演の実績などがなせるワザなのだろう。

 楽器の編成も、バスマリンバの使用など、どちらかと云えば、中低音を重視した感じだったが、この水上作品を舞台で表現するには、うなずける選択なのだろうと思う。

 瞽女(ごぜ)の話なので、当然ながら三味線の弾き語りのシーンなども有って、たしか以前の公演では、有馬さんが三味線の特訓をされた、と云うような事を読んだ事がある。

 和田さん自身がプログラムの中で「あくまで心情、心の中の響きの表現を追求し、現実的な音の表現は演者に委ねることにした」と書いておられるとおり、このかたちでの公演では、邦楽的要素が強いにもかかわらず、和楽器に造詣の深い和田さんが、敢えて邦楽器を廃して、洋楽器のみで表現したのが、大きな特徴と云えるだろう。

 三味線を弾くところは、格好だけの、最近話題になった「カラ・ギター」ならぬ、云わば「カラ三味線」なのだが、実際に鳴っているのよりも、これのほうが、聞き手のイマジネーションを豊かにする点で、より効果が大きいように思えた。

 音楽は、鳴りっぱなし、と云う訳ではなくて、語りのアカペラ(?)の部分も多いのだが、だからこそ、要所々々に入ってくる音楽が、大きな効果を発揮しているのだと思われる。

 五つの楽器のそれぞれが、陰になり日向になり、時には渾然一体となって、最大限の効果を発揮しているように思えた。 少し前に下北の本多劇場で見た「ブンナ・・・」とも共通する点だが、音楽が、単なる劇伴にとどまらず、芝居と対等にモノを云っているのを感じた。

 若干は、不協和音と云うか、現代音楽的な響きがする部分も有ったが、全体はドリア調的な和田ブシとも云えるメロディーがメインに流れていて、会場の多数を占めていた、おじさん、おばさん達にも、違和感なく受け入れられる音楽だったはずだ。

キャストとスタッフは

ピアノ・指揮 和田薫

バイオリン 山中光

チェロ 寺井つねひろ

クラリネット 荒井伸一

マリンバ 小竹満里

作 水上勉

構成・演出 鈴木完一郎

音楽 和田薫

プロデュース 水谷内助義

please↓click
ブログランキングをよろしく!

関連記事

テーマ:演劇 - ジャンル:その他

  1. 2006/12/21(木) 20:00:00|
  2. 演劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<北の零年 | ホーム | カマキリ・多分これが最後>>

コメント

必見(必聴?)

「音楽が、単なる劇伴にとどまらず、芝居と対等にモノを云っている」…これはなんて贅沢な!和田さんのファンにとってはたまらないですね。
必見(必聴?)の公演だったことがよくわかりました。
じっくり聞けて、満喫してこられたことでしょうね。
  1. 2006/12/28(木) 01:39:24 |
  2. URL |
  3. ひこ #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

来年も、公演が有る、と云うお話でしたので、都合の良い場所と日にちがあったら、是非、お奨めですよ~。
  1. 2006/12/28(木) 12:55:51 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

初めまして。福井県にあるコンサートホールで働いているものです。3年前に我がホールで初演した「語りと五つの楽器のための はなれ瞽女おりん」、京都でも開催されていたのですね。実は、この公演のプロデューサー水谷内さんが、福井出身の方で、3年前に我がホールの依頼で、これまでの芝居「はなれ瞽女おりん」とは違う、コンサートホールならではの舞台づくりを、と制作していただいたものなのです。
ちょっと手前味噌になっちゃいましたが、今年10月9日に、またこちらのホールで開催いたしますので、興味のある方には、ぜひ来ていただきたいです。よろしくお願いします。
ちなみに、ホールにはこちらからお入りください。
  1. 2007/07/28(土) 14:02:47 |
  2. URL |
  3. あおぞら #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

チョー亀レスで、失礼!

あおぞらさん
コメント、ありがとうございました!
ほぼ1年遅れのレスに成ってしまいました、申し訳有りません。
ホールでお仕事なさってるのですね。
福井での公演も見たかったのですが、残念ながら仕事の都合が付かず、行けませんでした。
福井には、もう何十年も行っていないと思います、機会があれば是非訪れてみたいものです。
  1. 2008/07/09(水) 10:08:25 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dadaji.blog112.fc2.com/tb.php/233-ae06ccff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する