FC2ブログ

笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

江戸川河川敷

1月17日 【葦笛】
 三郷市文化会館で Sada City 2012 のリハーサルだったが、例によって2時間半ばかり早く着いてしまった。
 来る途中、ナビを見ていたら、文化会館のすぐ近くを江戸川が流れている事に気がつき、川のほうに歩いてみることにした。
 三郷には何度も来ていて気がつかなかったが、会館の前の道路から堤防が見えているくらいの近さだ。

 これは堤防の道路から文化会館方向を見たところ。
120117-荒川-01

 河川敷はかなり広いが、本流はこの辺りでは特に広いと云う事も無い。
 先のほうに見えているのはJRの陸橋、その手前には普通の道路が通っているはずだ。
120117-荒川-02

 これは上流方向を見たところで、川幅はそれほど広くはない。 
120117-荒川-03

 こちらは明らかに橋桁の跡で、以前は此処に橋が架かっていたのだろう。
120117-荒川-04

 なんの木だかは分からないが、近寄ってみたらどうやら立ち枯れているようだった。
120117-荒川-05

 地面の砂の具合を見ると、どう見てもこの辺りは最近冠水しているようだ。
120117-荒川-06

 これは橋桁ではなくて、川を観測する施設のようだ。
120117-荒川-07

 時期的にもほぼ真冬、このところの異常乾燥もあってか、枯れ草ばかりしか目に入らなかった中で、ちょっと目立ったのがこれだ。
120117-荒川-09

 同じ植物で実がなっていない状態のものは大量に生えていたが、実が残っているのはわずかであった。
120117-荒川-08

 どうも見覚えが有るような気がして、ひょっとしてクコではないか、と云う気がしてきた。 ネットで見るとかなり近い感じがするので、専属鑑定士に確認したところ、間違い無いようであった。
 クコの果実は枸杞子(くこし)、根は地骨皮(じこっぴ)、葉は枸杞葉(くこよう)という生薬になるらしい。 たしか果実酒にも出来るはずなので、採って帰ればクコ酒が出来ただろう。
120117-荒川-10

 もう一つ気になったのがこれで、いわゆるヨシ、もしくはアシだろうか。
太さ(細さ)の点で、ちょっと無理かな、と云う気もしたが、これでパンパイプはどうだろうか、と思いついた。
120117-荒川-11

 この時期だと立ち枯れ状態で、指でつまむとつぶれてしまうようなヤワなものが多かったが、その中で比較的しっかりしたものを4、5本取って持ち帰った。
120117-荒川-12

 中には何かの虫の卵かどうかも分からないが、こんなものが付着しているのも有った。
120117-荒川-13

カイガラムシ
 ところでこの奇妙な虫(?)だが、専属鑑定士の情報によると、「ビワコカタカイガラモドキ」と云う、長ったらしいと云うか舌を噛みそうな名前の、それもなんと昆虫である事が分かった。
 カイガラムシと云うと、庭の草木の害虫、と云うくらいの認識しか無かったが、まさかこのかたちで昆虫とは考えも及ばなかった。
 「ビワコ」と云うのは多分発見された場所にちなんでいるのだろう、琵琶湖の周辺は葦の産地として知られている。
 カイガラムシの仲間はほとんど動けない、全く動かない、と云うヤツが多いらしく、植物に貼り付いてひたすら樹液を吸い続けているのだそうだ。
 それでも冬期には小鳥の餌に成るらしく、これでも生態系の一部を担っている訳だ。


 アップするとこんな感じ。 簡単に取れてしまったが、単に付着しているだけで、アシ自体には影響していないようだった。
120117-荒川-14

 とりあえず、音が出るか出ないかが問題なので、適当な長さに切って、試しに吹いてみたが、全く音に成らない。
 よく見ると、管の内部にこんな感じの細かい綿状のものが付いている。
120117-荒川-15

 これでは音が出る訳が無いので、棒ヤスリで内部を綺麗にして、あらためて吹いてみると、今度はしっかり音が出た。
120117-荒川-16

 同じ長さ、太さの篠竹に比べて、かなり優秀な材料に成りそうに思える。 問題は材質と云うか強度と、適当な太さ、細さのものが揃うかどうかだろう。
 こんなに音が出しやすいのから、もっと沢山採取してくれば良かった。
 この三倍くらいの材料が有るので、「北の国から」のテーマが吹けるくらいの管は揃いそうではある。
120117-荒川-17

 下から2、3、4本が取りあえず端を塞いで調律したもので、B、C、Dに成っている。 下のGが欲しいところだが、太さと長さの関係でちょっと無理なので、Bが最低音に成った。

 文字通りの葦笛パンパイプが出来るかどうか、その内に制作してみたいと思っている。 

カメラは IXY DIGITAL 10、Sony NEX-5 を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!
関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/17(火) 23:59:59|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24
<<スタンプ | ホーム | Sada City 2012 リハーサル@三郷市文化会館>>

コメント

そっかー。三郷も江戸川の上流ですもんね。
三郷~柴又~江戸川区(市川)かあ。
伯父が生前、春日部から自転車で来たのを思い出しましたww
江戸川の河川敷はひろいですよー。野球場やサッカー場がたくさんあります。
でも、うれしいな!江戸川生まれの楽器で♪北の国からがきけたら♡
  1. 2012/01/21(土) 02:36:43 |
  2. URL |
  3. ちゃお #-
  4. [ 編集]

江戸川

ちゃおさん
ナビで三郷市内に江戸川を発見して、なんか意外な気がしました。
「矢切の渡し」は江戸川の渡しだったのですね、そう云えば寅さんによく出てくる堤防も江戸川だったのか。
先日行ったのはウイークデーだったので、ひと気は無かったですが、休日になれば野球やさっかーなどを楽しむ人で賑わうのでしょうね。

ちなみに「矢切の渡し」はちあきなおみバージョンが良いですね。 ← 意見には個人差が

地図を見ると江戸川って、ほんの少ししか江戸を通っていないのですよね。

葦笛パンパイプは一応メロディーが吹ける状態まで出来ているのですが、実際に現場で使ってみないと、分からないかな、と云うところです。
  1. 2012/01/21(土) 11:31:28 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

自然の物が変身するのですね

考えてみたら、竹笛とか葦笛とか自然の素材で笛って作られているのですよね。
でも、河原に普通に生えているもので笛ができる経過を、改めてみるとすごいねえって思いました。
友達が野菜笛を作るのも、こんな風にわくわくしながら作るのだろうなと思いました。
葦笛パンパイプができたら、ぜひコンサートで披露してくださいね。

ところで、行くのを諦めていた加古川のコンサートに行けるようになりました。
SadaCityツアー最後なので、今からわくわくしています。
  1. 2012/01/21(土) 18:32:27 |
  2. URL |
  3. YORK #TILiiLos
  4. [ 編集]

Re: 自然の物が変身するのですね

YORKさん
元はと云えば、笛の類は竹や葦、ラッパのほうは動物の角、ホラ貝のように貝などを使っていたのですよね。
ヨーロッパには竹が無いので、早い時期から木を加工して使うように成ったので、「木管楽器」と云われるように成ったのですが、元の意味を考えれば「竹管楽器」とでも云った方が良いかも知れません。
竹にしても葦にしても、そのまま放置しておけば朽ち果ててしまうものが、楽器となって大勢の耳を楽しませる事が出来ると思うと、なにか愉快な気がしてきます。

加古川にいらっしゃれるようになって、良かったですね。
たしかに Sada City の最終回、どんな事に成るか楽しみです。
  1. 2012/01/21(土) 21:12:21 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

葦笛といえば…

びわ湖岸には葦がたくさん自生しています。
それを利用して葦笛という縦笛がありますが、何とも美しい響きです。
私の知り合いに、葦笛とコカリナ、そしてギターでのアンサンブルを楽しませてくれるご夫婦がいらっしゃいますが、素朴な響きにほっこりさせていただいています。
旭さんにおかれましても、機会があれば葦笛の響きをステージで聴かせていただく日が来れば幸いです。
  1. 2012/01/21(土) 21:35:06 |
  2. URL |
  3. よっしー #cILwtjtI
  4. [ 編集]

素晴しい!!

「アシでパンパイプを作れないか 」と
思いつくなんて、凄いですね。
只ただ感心してしまいました(^^)
旭さんの手で
ステキな音色のパンパイプが完成する日を
心待ちにしてます♪
  1. 2012/01/21(土) 21:58:08 |
  2. URL |
  3. Keiko #-
  4. [ 編集]

甚目寺観音

再び甚目寺観音のことですが三重塔の前に一葉の松が有ります。
一葉の松は珍しいと思いネットで調べたところ(笑)京都の知恩院に平成19年に植えられたそうです。
法然上人御遠忌の記念となるので大切に育てたいと有りました。   この松は隣の稲沢市の方が植えられたそうです。 ご存知かと思いますが稲沢は植木の名産地です。紫陽花寺とか萩寺とかもあります。来月4日には有名な裸祭りが行われます。
話はそれましたが写真好きな旭さん、さださんにこの一葉の松写して頂きたいですね。
又話はそれますが3月に新潟の南魚沼市でコンサートですね。日本酒の八海山美味しいですよね、そしてお米、飲んで食べて、お仕事の間に楽しんできて下さい。
  1. 2012/01/21(土) 22:10:31 |
  2. URL |
  3. ペック #-
  4. [ 編集]

Re: 葦笛といえば…

よっしーさん
琵琶湖周辺はアシの産地として有名ですよね。
「ヨシ笛」はネットで知りました。 音もネットでですが聞いたことが有ります。
大変素朴な感じの音色、と云う印象を受けました。
F管と云う事ですから、サイズとしてはソプラニーノリコーダーと同じなのでは、と思います。
近江八幡のお店に置いてあるそうですから、一度現物も見てみたいと思っているのですが、びわこホールの時に寄れるといいのですが。
  1. 2012/01/21(土) 23:01:32 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

Re: 素晴しい!!

Keiko さん
実は「パンパイプ」の起源はギリシャ神話から来ているのですが、半人半獣のパンに追われたニンフが、水際に追い詰められてアシに姿を変えた、と云うような話なのだそうです。
つまりパンパイプは元々がアシの笛だったのです。
もっともヨーロッパのアシは、琵琶湖などに生えているものよりは太くて丈夫なものではないかと思われますが。
先日採集してきたアシは、ちょっと細くて弱々しい感じだするので、使い物になるかどうか、ちょっとまだ不明ですが、チクワの竹とは、またひと味違ったものに成るのではと思っています。
  1. 2012/01/21(土) 23:10:51 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

ヨシ笛

よし笛の事をコメントするつもりでしたのに一葉の松のことを忘れるといけないと思い観音様の事を書いてました(笑)   どうやら認知症予備軍です。
よし笛をご自分で作ろうなんて凄いです。色々な物で笛を作ってしまう旭さん尊敬しています。
ややこしいカイガラムシ、よしを食べないのでね。普通のカイガラムシを見つけると必死で剥がしとってます。
コンサートで音色を聞かせて頂くの楽しみにしています。
  1. 2012/01/21(土) 23:22:39 |
  2. URL |
  3. ペック #-
  4. [ 編集]

Re: 甚目寺観音

ペックさん
一葉の松ですか。
全く知りませんでした。
松の葉は二本づつに成っているのが当たり前のように思っていましたが、一本だけ、と云うのは珍しいですよね。
京都には行く機会が多いので、とりあえずその知恩院の松は見に行ってみたいと思います。 そう、知恩院と云えば「いのちの理由」でしたね。
甚目寺のほうにも行ってみたいですね。

南魚沼市、行きますね。 そうか、有名な八海山の八海酒造は南魚沼市だったのですね。
これは是非地元で味わってみたいところです。
インフォメーション、有り難うございました!
  1. 2012/01/21(土) 23:27:21 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

Re: ヨシ笛

ペックさん
いやいや、大丈夫ですよ~
パンパイプと云うのは、作るのはわりと簡単なのですよ。
ただ、ヨシ(アシ)は竹に比べると細くて薄いので、細工が難しいと云う面があります。
細工と云っても、ほとんどノコギリで切るだけなのですが。
カイガラムシはどうやらカメムシの仲間になるようですね、と云う事はセミなんかにも近いのでしょうか。
植物の樹液を吸う、と云う点では共通しているのですが、あのかたちで昆虫とは信じられません。
  1. 2012/01/21(土) 23:36:52 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

なるほど

「パンパイプ」の起源はギリシャ神話から来ているとは知りませんでした(^^ゞ
いろいろ勉強になりました♪
ありがとうございました(^^)
  1. 2012/01/22(日) 22:10:18 |
  2. URL |
  3. Keiko #-
  4. [ 編集]

すっごいロマンチック!

おっちゃん!
バンパイプ=葦笛→ギリシャ神話と、素敵なお話を聞かせていただきました!
今度、おっちゃんの演奏を聴くときには、いろんな風景や、想像の世界が広がりそうです。
江戸川河川敷産葦笛の制作が、間に合うなら・・・・2月のJZ Brat のライブのときに、聴かせて頂きたいなぁと、思いますが、いかがですか?
  1. 2012/01/22(日) 23:47:33 |
  2. URL |
  3. マーマレード #MMIYU.WA
  4. [ 編集]

Re: なるほど

Keiko さん
カタカナで「パン」と書くと、食パンやクリームパンなどを連想しますが、英語の辞書を引いてみると、三番目くらいに「Pan」と云う項目が有って、ギリシャ神話の「牧羊神」とかが出てくるはずです。
ドビュッシーの有名な「牧神の午後への前奏曲」もこの辺りからイメージを得ているらしいですよ。
  1. 2012/01/23(月) 11:00:48 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

Re: すっごいロマンチック!

マーマレードさん
このパンパイプと云うのは多分世界最古の楽器の一つでしょうね、つまり管の片方を塞いだものを並べる、と云うだけで、作るのが非常に簡単ですから。
葦や竹が有るところに限られますが、地中海地方、アジア、南北アメリカなど、世界各地に有ったみたいです。
ギリシャ神話に出てくるパンパイプの材料に成ったのは、日本に有る葦とは違って、もっと大きくなる giant cane と云う種類らしいです。
JZ Brat の曲にはパンパイプの出番は無いと思うのですが、メンバー紹介の時にでも無理矢理出してみるかな?
  1. 2012/01/23(月) 11:27:12 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

青空

河川敷の風景写真、青空も気持ち良く拝見させていただきました。クコの実が映えます。専属鑑定士さんは植物に詳しい方のようですね。クコの若葉を天ぷらにして食べると美味しいですね。葦笛の音色は優しい感じでしょうか。聴いた記憶がないものですから。
  1. 2012/01/24(火) 13:54:22 |
  2. URL |
  3. まゆき #-
  4. [ 編集]

Re: 青空

まゆきさん
クコの若葉を天麩羅、と云うのは美味しそうですね。
そう云う手も有るのかと思って調べてみたら、同じく若葉をお粥に入れて薬膳にもするようで、こちらも良さそうに思いました。
葉を採る時は、棘に気をつけないといけないでしょうね。
専属鑑定士(勝手に任命していますが)さんに聞くと、大抵の事は分かります、分からなくても調べてくれますので、めちゃくちゃ助かっています。
  1. 2012/01/24(火) 16:32:25 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

パンパイプ

パンパイプって長崎BLEEZEのバックで吹いていらしゃるのですか?
まさしんぐWORLD2011のビデオを見てこれかな?
旭さんのアップがいっぱい出ていますね。
このコンサートの時に頂いたひざ掛けがペックは大のお気に入り。
そうそうペックは我が家の猫の名前です。大好きなグレゴリー・ペックから名前を拝借したのです。真っ黒な猫です。赤いフリースの上で真っ黒な猫が一日中さだまさしさんの唄を聴いて寝ています(笑)
  1. 2012/01/27(金) 21:12:45 |
  2. URL |
  3. ペック #-
  4. [ 編集]

Re: パンパイプ

ペックさん
「ペック」と云うのはグレゴリーペックから来ていたのですか。
一日中さださんを聴かせてもらえるなんて、幸せなネコちゃんですね♪
そうそう、「長崎BLEEZE」で吹いていたのはパンパイプですよ。
オリジナルのアルバムでは違うのですが、ツアーではパンパイプに成っています。
ワールドの時には「北の国から」は入っていませんでしたっけ、もし入っていたらそちらがチクワパンパイプなのですが・・・。
  1. 2012/01/27(金) 21:44:49 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

嬉しいです!

江戸川の風景といい、葦のパンパイプといい…
おっちゃんが撮った江戸川の風景を見ている時に、ちょうどWOWOWで「男はつらいよ」のシリーズ作品を上映してしていて、何本か観ていました。
旅先から寅ちゃんが柴又に戻る時も「とらや」から旅に出る時も江戸川堤を通りますし、いろんなマドンナと通る道だったりして、この映画の風景の原点の一つだったりしますね。
夕暮れの江戸川も素敵でしょうねぇ。
葦のパンパイプは最近TVで観ました。オーストラリアの路上で吹いている曲が物悲しくて、ふと立ち止まったお笑い芸人の「さま~ず」がオーストラリアのおっちゃんに借りて吹かせてもらうのですが、上手く音が出ずに諦めてしまい…
おっちゃんが竹で作ったパンパイプしか知らなかったので、西洋のは葦なんだ~と新しい知識を得ました。
そう言えば、バレエくるみ割り人形に♪葦笛の踊り♪というがありますね!
おっちゃんの専属鑑定士さんとは、らばぴかさんですよね!?
面白いハンドルネーム…とずーっと思っていましたが、動物のカピバラを反対から読むと…
それもTVを見ていて勝手にピーンときちゃいましたが、違っていたらごめんなさい!
長文になってしまいまして、重ね重ねごめんなさい!!
  1. 2012/01/28(土) 09:26:18 |
  2. URL |
  3. SATOMI #Dg/6wNbc
  4. [ 編集]

Re: 嬉しいです!

SATOMIさん
寅さんに出てくる堤防や、艶歌の「矢切の渡し」が江戸川だったとは不覚にして認識していませんでした。 考えてみれば確かにそうなのですがね。
オーストラリアのストリートミュージシャンは、地元の人たちだったのか、もしかすると南米のインディオのグループだったのかも知れませんね。 南米の連中は日本でもよくやっているので、ご覧になる機会も有るかも。
「くるみ割り人形」はクリスマスの時期にはバレエ団の演目には欠かせないようで、「葦笛の踊り」も、オケに居た頃は数えきれないくらいやりました。 
そうそう、専属鑑定士はらばぴかさんですよ。
お察しの通りハンドルはカピバラの逆読みです。 カピバラがお好きらしいですよ。

実は柴又も帝釈天も映画でしか見たことが無いので、そのうち訪れてみたいと思っています。
  1. 2012/01/28(土) 10:47:29 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

また驚きです。
おっちゃんは笛もお作りになるんですね。
お写真を見ると、穴にヤスリをかけたりする時に制作用の設備?機械?も既におありなようで、これまでにもたくさん作られてきたのですか?コンサートでご披露されることもあるんでしょう、素敵ですね。
その後、パンパイプは完成しましたか?ブログを読み進めたらもしかしたらわかるのかな?楽しみにしておきます。

虫、これは虫とは気が付きにくいですね、動かないならなおさら^^;樹液吸ってるんだ・・うへっ。

立ち枯れの木が美しいと初めて思いました。
おっちゃんの腕がいいのかな・・・ですよね!

最初の河川敷の2枚の写真、30年前に見た金八先生のドラマにこんな場所が出てきていたなぁとふと思いました(全く関係ない場所かもしれませんが)
あまり関係ない事書いてしまいました。
  1. 2012/02/25(土) 16:45:35 |
  2. URL |
  3. うえこと #-
  4. [ 編集]

江戸川河川敷

うえことさん
笛を作り始めた最初は、スタジオでケーナを使う必要が出てきたころで、もう3、40年も前の事です。
今はそうでもないのですが、当時はケーナを求めようとすると、中南米音楽の専門店のようなところに行くしか無かったのですが、その頃のケーナはピッチや音程の点で、とてもスタジオで他の楽器と一緒にできる状態ではなかったので、自分で作るしか無かったのです。
最初は錐とナイフ、ヤスリくらいしか無かったのですが、最近では電動ドリルやチューナーを使ったりなど、作業はかなり楽に成りました。
江戸川河川敷の葦を使ったパンパイプは一応完成したのですが、一つ問題が有って、ちょっとコンサートで使うには難しいかな、と思っております。 と云うのも、管が少し細すぎて、隣の管が一緒に鳴ってしまいそうになるのです。
ピロピロっと吹いてみるくらいならできますよ。
金八先生のほうは確認できませんが、あの寅さんシリーズにでてくる川っぷちの場面は、同じ江戸川だと思いますよ、もっとも少し下流になるはずですが。

カイガラムシは、どう見ても虫には見えないですね、あれが昆虫だとはとても思えません。
  1. 2012/02/25(土) 21:08:31 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dadaji.blog112.fc2.com/tb.php/709-3cf04f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する