FC2ブログ

笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

スズメその後、など。 13/04/08

 わが通勤路の一角に毎年咲いているこのサクラ、言わば葉桜なのだが、ソメイヨシノのように花の後から葉、と云うのではなくて、開花とほぼ同時に葉も出てくるようだ。
130405-gakuen-01

 青空をバックに、白い花とグリーンの葉のコントラストが綺麗なので、撮ってみる。
130405-gakuen-02

 オオシマザクラか、それに近い種類と云う事になるらしい。
130405-gakuen-03

 その少し先で見かけたヤマブキとモクレン、これも青空のバックがよく似合う。
130405-gakuen-04

 玉川学園(この場合は町名)のとある道路沿いの家の前に咲いていた花。 門の前のコンクリートの隙間から生えているので、もしこれが大根だったらド根性大根と云う事に成るはずだ。
130405-gakuen-05

 この状況では当然ながら人が植えたものではなく、勝手に出てきたのだろう。 その割には綺麗だし特徴も有るので、もう少し寄ってみた。
 花の具合はナスに似ているので、なにかナス科の植物かと思ったが、専門家に見てもらったら、そうではなくて、ルリヂシャという事が分かった。 tnx >rabapika
130405-gakuen-06

 かなり聞きなれない名前だが、漢字で書けば「瑠璃萵苣」と云う事らしい。 もちろん初めて聞く名前だが、「チシャ」にはちょっと引っ掛かるところがあった。
 多分戦時中、疎開していた頃から京都に戻って程なくの頃だとおもうが、トウヂシャと云う野菜をよく食べていた。 今にして思えば「唐萵苣」だと思うが、わりと肉厚で柔らかくて、当時、ろくな食べ物が無かったと云う事を差し引いても、お浸しなどで食べると結構美味かった。
 調べてみると、どうやらフダンソウと云うのがそれらしい。 フダンソウとは不断草の事で、WIKIによれば、季節に関係なく利用出来るところから付いた名前のようだ。 京都府ではタウチサと呼ばれる、と書いてあったが、これは明らかにトウヂシャに通じる。

 ところで、このルリヂシャ(ルリヂサ、ルリジサ)はボリジ(borage)とも呼ばれ、ハーブとして、また染料としても利用されるようで、種子からとった油も利用されるらしい。
 こぼれ種からもよく生えてくると云うので、このド根性ぶりも頷ける。
130405-gakuen-07

 こちらは再度巣作り中のスズメ夫婦。
 先日のちょっと猛烈な春の嵐の後は、しばらく姿を見せなかったが、また元気に働いているようだ。

[広告] VPS

 ここでも同じような木の葉(のようなもの)を入れたり出したりしていて、結局最後には飛び込む拍子に落っことして、アレッ、と云う感じでそのまま中に入ってしまったが、落ちたものを拾いに行こうとはしない。
 後で見たら、巣箱の下には他にも落っことしたと思われる枯れ草や木の葉が一杯落ちていた。

カメラは ELECOM UCAM-DLL300T を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!
関連記事

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/04/08(月) 13:02:19|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<決定的シーン 13/04/09 | ホーム | スズメ、小枝と格闘 13/04/06>>

コメント

巣作りの動画、凄いですね

おっちゃん、またまたご無沙汰しております。
スズメの巣作りの動画、凄いですね。貴重な記録ではないでしょうか。スズメがこんな巣箱を使うんですね。
うちにも巣箱かけたいのですけど、妻が糞害を気にしてしまうので、なかなか難しいです。
サクラはいいですね。オオシマザクラかな?少し花が小さいカスミザクラというのもあるようですね。うちの目の前にも今、満開になっているサクラがあり、これは、ヤマザクラと勝手に思っていたのですが、どうも違うかも。どうやら接ぎ木されたもののようで、下の方の花と上の方の花が違うことに気付きました。こういう葉っぱが混じって咲くサクラの方が私はなんとなく好きですね。ソメイヨシノも華やかでいいですけどね。
  1. 2013/04/08(月) 23:43:30 |
  2. URL |
  3. TAGA #mQop/nM.
  4. [ 編集]

順調ですね

おっちゃん
スズメご夫婦の新居の内装作業は順調のようで、良かった〜 (^_^)
もうすぐ雛の可愛い声が聞こえてきそうですね。

ところで、「フダンソウ」って一般的に食べられていた野菜なのですね。
「へ〜!」って思いながら読みました。
最近は茎が赤や黄色の「スイスチャード(西洋フダンソウ)」が家庭菜園のアクセントになるというので、結構人気があるんですよ。
ホウレンソウの仲間なので栄養価も高いそうです。

ちなみに、チシャはレタスの仲間の和名です。
同じようにチシャとついても、レタスはキク科、ルリヂシャはムラサキ科、トウヂシャはアカザ科になるので、ややこしい〜(>_<)



  1. 2013/04/09(火) 01:28:21 |
  2. URL |
  3. らばぴか #dSBaYygY
  4. [ 編集]

Re: 巣作りの動画、凄いですね

TAGA ちゃん
これは一応シジュウカラ用にと思って10年あまり前に作ったものです。 シジュウカラ用と云うのは穴のサイズなのですが、入居者が何故か穴を突っついては少しづつ広げてしまうので、最初の時にくらべると、かなり大きくなってしまったようです。
ちょっと手を加えて、自分なりのものにしたい、と云うところが有るのでしょうか。
糞害ですが、この小鳥たちは巣箱の近くには糞をしないようです。 雛の糞は親鳥が遠くに持って行って捨てるようですし。
本当はもっといいカメラを使えるといいのですが、大きくなるとスズメが用心してしまうような気もするし、値段の事もありますし・・・。
サクラですが、本居宣長の「敷島の・・・」と云う歌にも有るとおり、やはりヤマザクラ系のほうが、風情が有るように思います。 もっとも本居宣長の頃にはソメイヨシノは無かったかも、ですが。
  1. 2013/04/09(火) 10:41:50 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #-
  4. [ 編集]

Re: 順調ですね

らばぴかさん
スズメのほうは、まだせっせと巣材を運び込んでいます。
そんなに持ってこなくてもいいのに、と云うくらい・・・。
でも、シジュウカラに比べると、ちょっと素材が違うので、面白いです。
シジュウカラはコケ類とか動物の毛、羽とかがメインですが、こちらは枯れ草、木の葉みたいなものが多いようで。
疎開先で食べていた「トウヂシャ」がそのフダンソウと同じものかどうかは定かではないのですが、写真や特徴を見ると結構似ているので、間違いないのでは、と思っています。
関係ないですが、当時田舎ではカンランと云うものを食べていたのですが、あの頃はキャベツと云う言葉を知らなかったですね。 敵性語だから禁止されていたからか、元々甘藍と云っていたのかは不明ですけど。
そう云えば田舎ではズイキなんかも日常的に食べていたような。
  1. 2013/04/09(火) 10:58:11 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dadaji.blog112.fc2.com/tb.php/831-2e3c0e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する