FC2ブログ

笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

笛を吹く少年

 ご覧になれば分かる通り、電車の中吊り広告で、オルセー美術館展の案内、教科書にも載っていた有名な「笛を吹く少年」の絵である。
140717-マネ-01



 この絵の作者が、マネだったかモネだったか、いつも分からなくなってしまうが、ここにはちゃんとマネと書いてあるから間違い無い。
 何故中釣りを撮ったかと云うと、これを見ていて、ふと、「これはなんの音を吹いているところだろう」と思ってしまったからだ。
 右手の中指だけが上がっていて、他の指は押さえているのがはっきり分かるが、もし一番一般的なD管の笛だとしての話だが、これはDの音階には無いFの音を出そうとしているのでは、と思われる。
140717-マネ-02



 楽器の設計がどんな風に成っているのかは分からないが、このままの指ではF#とFの中間くらいの音に成り、この指でFの音を出そうと思うと、邦楽的に云うとかなりメる必要がある。
 メると云うのは、いわゆるメリハリのメリの事で、歌口の角度を手前に向けて、息を多少弱めるなどしてずり下げて吹く、と云う事だ。
 ワンキーのトラベルソなどでもこれと同じようなフィンガリングに成るはずである。
 そんな事とは全く関係なく、たまたまこんなポーズに成っただけ、と云う事も充分考えられる。 しかし、モデルの少年は近衛軍鼓笛隊員だそうだから、それほどいい加減な持ち方をしていたとは思えない。 なので、笛吹き的に考えると、こんな事に成る、と云う話。
 それにしても腰に下げているケースは中々立派なもので、近衛の軍楽隊と云う事も考えれば、おそらくは持っている笛もそこそこ上等な楽器だったのではないか、などとも想像出来る。
 あと、このケースに入る、と云う事は、この笛には全くキーと云うものが付いていなかった、と云う事も分かる。
 つまり六孔でティンホイッスルやインドのバンスリ、日本のドレミ調の篠笛などと同じ、もしくはかなり近い構造だったのだろう。(この絵からはよく分からないが右手の小指で操作するキーが付いているのかも知れない、だとするとワンキーのトラベルソと同じ構造に成る)

 絵のことはさっぱり分からないが、この絵にはジャポニズムと云うのか、浮世絵の影響が現れているらしい。

カメラは Sony Xperia GX(SO-04D) を使用

please↓click

ブログランキングをよろしく!

p.s.

 こう云う笛の基本的なキーは普通Dなのだが、それにしてはちょっと長いようにも見える。 この少年の体格が分からないので、はっきりとは分からないが、もう少し低いC管くらいかも知れない。
 金管楽器が入る軍楽隊だとフラット系のキー(B♭、E♭、etc)が考えられるが、笛と太鼓だけの文字通りの鼓笛隊だとすれば、DやCも充分にあり得るわけだ。


関連記事
  1. 2014/07/21(月) 11:06:58|
  2. 楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<大賀ハス@町田薬師池公園      2014/07/27 | ホーム | ジャカランダ@熱海        2014/06/20>>

コメント

ご無沙汰しておりますが、ブログはいつも楽しみに拝見させていただいております。

確かに笛吹きとしては気になる運指ですね~又、D管ピッコロにしてはちょっと長い・・・・
この前、友人のトラベルソを吹かせてもらいましたが全然だめでした、音はかすれるし音程が難しい・・・・・

この絵はもちろん知ってましたが、じっくり見たことがないのでこの機会に美術館に行ってみようかと思います ♪ 
  1. 2014/07/21(月) 14:09:04 |
  2. URL |
  3. A rata #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

A rata さん
お元気そうでなによりです。
あの少年が所属していたと云うバンドが純然たる鼓笛隊であれば、同じサイズの笛さえ揃えれば、どんなキーでも良いわけですよね。
たしかにDピッコロにしてはちょっと長いし、B♭だとすると音が柔らかすぎて野外の演奏には適さないような気がします。
C管だとすると、あのキーはCisキーと云う事に成りますね。
トラベルソはわたしも苦手です。
あれで素晴らしい演奏を聴かせてくれる有田さんとかには感服の他ありません。
いま国立新美術館に行くと、あの笛を再現したと云う三響製のファイフが展示されているらしいですよ。
  1. 2014/07/21(月) 15:45:15 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

電車の中の広告を見て、そこまで考え、思うおっちゃん・・尊敬します。一つ、大きな学びになりました。観察力をもっと養う生活をしたいと思います。有難う♪ございました。
  1. 2014/07/21(月) 20:58:32 |
  2. URL |
  3. ちあき #-
  4. [ 編集]

そこですか!?

さすがおっちゃん、目の付け所が違いますね~。
  1. 2014/07/21(月) 21:37:19 |
  2. URL |
  3. むっち #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

ちあきさん
いやいや、そんな風に云っていただけると恐縮するしかありません。
絵でも彫刻でも、登場人物が楽器を持っている作品を見ると、ついつい色んな事が気になってしまうのは、やはり職業病のようなものかも知れないですね。
あのマネの作品は色んな点をよく観察して描いていると思います、流石ですね。
  1. 2014/07/21(月) 21:50:12 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

Re: そこですか!?

むっちさん
結構有名な作品でも、楽器の持ち方が間違っているのが有ったりするとつい気になってしまいます。
そう云えば三響フルートと云うメーカーがあの作品の笛を再現したそうで、いま国立新美術館に行くと、その笛が展示されているらしいですよ。
  1. 2014/07/21(月) 21:55:17 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

やはり、さすがですね♪

指の位置で、実際に存在するどの音が出るのか、わかるんですものね。
私なんぞ、さっぱり??ですものね。。

職業柄、おっちゃんにとりましては、当たり前のことなのかも知れませんが・・・。
  1. 2014/07/22(火) 02:46:10 |
  2. URL |
  3. Shige #qswQ5QjU
  4. [ 編集]

Re: やはり、さすがですね♪

Shige さん
現物を手にしていないので想像ですが、あの笛はフルートともリコーダーとも違うフィンガリングで、どちらかと云えばティンホイッスルに近いものだと思われます。
だとするとあの指はちょっと変則的ではあるのですが、有り得ない指ではないので、もしかすると画家のほうから注文が有って、あの中指を上げたのかも知れませんね。
  1. 2014/07/22(火) 11:41:49 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

中吊り広告を見てそんなに想像が膨らむなんて、さすがですね(*^^*)
でも広告を凝視して、更に写真まで撮っている姿を想像するとちょっと可笑しいです

私は中吊り広告、デパートの物産展のしか見ないかも…
  1. 2014/07/22(火) 21:17:09 |
  2. URL |
  3. がぁこ #-
  4. [ 編集]

さすが、笛吹きのおっちゃんですね

この絵を見て、そういうことを考えるというのは、やはり職業柄でしょうね。
どんな音が出てるんだろう??
と、ブログを読んで初めて考えました。
ピアノとかと違って、吹き方でも音が変わるのですね?
笛も奥が深いんですね。
  1. 2014/07/22(火) 21:19:39 |
  2. URL |
  3. YORK #tBZwmCIw
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

がぁこさん
いいトシのおっさん、と云うより爺さんが中釣りにカメラを向けている図、たしかに笑えるものが有りますね。
物好きと云うか職業病と云うか・・・。
  1. 2014/07/23(水) 22:52:01 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

Re: さすが、笛吹きのおっちゃんですね

Yorkさん
音色と云うと、一番近いのはやはりピッコロでしょうね。
もっとも、この構造だと吹き方次第では篠笛にでも成るかも知れませんよ。
シャープやフラットの付いた音はかなり出しにくいと思いますが、鼓笛隊だったら演奏するのはほぼマーチみたいなものだと思いますから、不自由は無いのでしょうね。
  1. 2014/07/23(水) 22:57:59 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

さすがに

目のつけどころが違う!!
笛のおっちゃんとしては気になるところ満載なんですねぇ。
私は音楽の事はよく分かりません。
逆に絵はちょこっと描いたりしてました(最近描いてないので過去形)
マネの場合、実際はどうだったかわかりませんが構図として“絵になる”という事を優先させる事は結構あると思います。
結果、プロから見たら指の位置に違和感があるという事にもなるのかもしれませんね。
悪い言い方すれば画家は平気で嘘をつくんです(笑)
例えばフェルメールの『牛乳を注ぐ女』という絵は研究によれば、遠近法的に正しい構図にすると牛乳はテーブルの上の器に入らず床にこぼれてしまうんだそうですよ。
でも、見ている私達の目には全く違和感なくスッと入って来るんですよね。
マネの絵、私としては少年がどんな曲を吹いているのか気になるところではあります。
絵は本物を見ると何かと発見がありますから、おっちゃんも見に行かれたらいいと思いますよ。
  1. 2014/07/26(土) 10:10:13 |
  2. URL |
  3. 冬萌 #-
  4. [ 編集]

Re: さすがに

冬萌さん
画家の描く絵は必ずしも大正を正確に写しては居ないわけですね。
たしかに正確無比な絵を見ても、感心はしても感動する事は少ないのかも知れません。
笛と云うのはわりと絵に成りやすいのか、洋の東西を問わず結構多いように思います。
でも、楽器的に正しく描いているのは少ないようです。 有り得ないところ押さえているのも有って、専門家が見ると違和感を感じても芸術的な価値とは別なのでしょう。
マネのあの絵は、そう云う意味ではかなり正しいほうと云えるでしょう。
実物を見に国立新美術館に行ってみたい気はしているのですが、大体、ああ云う有名な絵の前は人が一杯でゆっくり見ることが出来ないケースが多いようなので、どうかな、と思っています。 曜日や時間帯を考えればいいのでしょうか。
それに展示されていると云うレプリカの笛も気になりますし。
  1. 2014/07/26(土) 16:21:33 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

おっちゃんに似てるかも…

絵も楽器の事もよくわからないけれど…(^^;

おっちゃん同じように写真撮ったら似合うかも…(*^o^*)

おっちゃんちっちゃくて可愛いし…f^_^;

きっと似合うと思うよ(*^o^*)

お花以外の写真集の表紙には、これで決まり!(^^)v…


失礼いたしました。(^^;
  1. 2014/08/02(土) 05:51:54 |
  2. URL |
  3. のんきなうし #-
  4. [ 編集]

Re: おっちゃんに似てるかも…

のんきなうしさん
似てますかね~?
まあ、60年前にこの衣装だったら、多少は似ていたかも知れないですかね(笑)
  1. 2014/08/03(日) 00:20:55 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

わ~い、笛ネタだ~(*^-^*)

おっちゃんこんにちは、久々の笛ネタで、なんちゃって笛吹きの私には嬉しい内容でした。確かにあの運指はなんだろう?って思いました。でもしの笛だったらあるかもしれないですね。
今年も世良田祇園でしの笛吹かせてもらいました。フルートも楽しいけどお囃子もい
いですね~。




  1. 2014/08/11(月) 09:09:02 |
  2. URL |
  3. rosepie #-
  4. [ 編集]

Re: わ~い、笛ネタだ~(*^-^*)

rosepie さん
そう云えば久々に笛ネタでしたね。
どうも職業病みたいなもので笛を吹いている絵や彫刻を見ると突っ込みを入れたく成ってしまいます(笑)
モデルさんが笛吹やフルーティストではない事のほうが多いわけですから、しょうがないのにね。
お囃子の笛も続けていらっしゃるようで、嬉しい限りです。
  1. 2014/08/12(火) 00:37:50 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dadaji.blog112.fc2.com/tb.php/909-4cfa39c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する