笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リンゴ追分      2015-04-18

 西早稲田のアバコスタジオに行った。
 この日は****し君のカバーアルバムのレコーディングで、わたしの出番は4曲、最近としては多いほうだ。  アレンジャーは石倉重信さん、懐かしい昭和の歌謡曲、と云う趣のアルバムで、わたしの年代の人間ならばよく知っている曲ばかりだった(だから呼ばれたと云う噂も)。
 普通、こう云う有りもののレコーディングの場合は進行が早いものだが、今回に関してはキーを変えてみたりテンポで迷ったりなど色々有ったために、そのわりには少し時間が掛ったほうかも知れない。

 それは良いとして、その中で「リンゴ追分」が有った。  御案内の通り、ひばりさんの名曲で、この曲はイントロでフルートのソロが有るので、今までにも何度かやる機会が有った。 オリジナルのキーはたしかEマイナーなのだが、この日はGマイナー。 ちょっと指順が良くないので若干苦労はしたが、なんとかクリア出来た。

 この曲、元々は「りんご園の少女」と云う美空ひばりさん主演のラジオドラマの主題歌だった、などと云う事を知っている人は少ないだろう。
 調べたら1952年4月からラジオ東京(東京放送)、今のTBSの開局記念ドラマとして放送されたようだ。 民間放送のラジオは前年の1951年に名古屋と大阪で始まったようで、ドラマは後には映画化もされたらしいが、まだまだテレビは一般的ではなかった頃だ。 
 わたしが聞いていたのはもちろん関西のネット局だったが、大阪の局(多分新日本放送)だから京都ではあまり受信状態はよくなくて、ノイズだらけのラジオで聞いていたのをよく覚えている。
 当時の録音を聞くと、我々が知っているひばりさんの声に比べて、かなり高いので驚く。 テンポもずうっと速い。
 おそらくはひばりさんの14、5歳の頃だから、それも頷ける。  youtube で比較的最近のものを聞くと、なんとAマイナーで歌っていて、なんと5度も下がっているのに驚かされる。 つまり今回の**しくんと実音で1音しか違わないわけだ。

 キーはともかくとして、米山正夫作曲のこの歌は名曲であると同時に歌い手さんにとっては難曲である事も 間違い無い。
 カバーして歌う歌手さんも、どうしてもひばりさんの名演と比べられてしまうから、難しい面もあるのだろう。
 **しくんのカバーがどんな風に仕上がっているか、楽しみだ。

 これはスタジオに向かう途上、と云っても家を出てすぐに撮ったもので、ちょうど八重桜の時期だった。
150418-尾根道-01
カメラは Xperia Z3(SO-01G)を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
関連記事
  1. 2015/06/25(木) 18:26:45|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<朝の散歩      2015/07/11 | ホーム | 薬師池公園の花菖蒲      2015-06-10>>

コメント

ひばりメドレー

コメントは久しぶりですが、いつも楽しく拝見させております~♪
フルートアンサンブルでよく老人施設にボランティア演奏に行きますが「ひばりメドレー」はとても好評で、最初にりんご追分のソロが始まると拍手が来ます~

****しさんのカバーアルバムで又旭さんのフルートが聴けるのを楽しみにしてま~~す♪
  1. 2015/06/26(金) 00:25:51 |
  2. URL |
  3. Arata #gHgTCtks
  4. [ 編集]

移調

弾きにくい調ってありますよね! 歌い手に移調して弾いて・・・と言われ、苦労する事もしばしば・・(ニガテなんです) 素敵な写真を有難う♪ございます。本当におっちゃんの写真、大好き!
  1. 2015/06/26(金) 08:06:28 |
  2. URL |
  3. ちあき #-
  4. [ 編集]

Re: ひばりメドレー

Arata さん
お元気そうでなによりです。
ボランティア演奏をしておられるのですね。
高齢に成って記憶がかなりあやしくなってしまっても、昔歌ったり聴いたりした歌や音楽はしっかり心に残っているもののようですね。
さださんのトークに、アメリカの老人ホームで「ふるさと」を歌ったらみんな泣いた、と云う話がありますが、歌と云うものは人の心に強く響くものがあるのだと思います。
きよしくんの曲には結構入っているのですよ。
  1. 2015/06/26(金) 11:49:01 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #-
  4. [ 編集]

Re: 移調

歌い手さんの場合は高い声、あるいは低い声が苦しい、出しにくい、と云う事情なのですが、楽器の場合は指順その他で結構大変なケースも有るのだと思います。
管楽器の場合、移調すると出せない音が有ったりします、これは弦楽器でも同じですよね。弦の場合は上の方はなんとか成るとしても、最低限より低い音が出てきたりするとお手上げに成ります。
ピアノの場合も、そのキーならではの運指というのも有ると思いますから、また別の意味で大変でしょうね。

写真、見ていただいて恐縮です。
  1. 2015/06/26(金) 11:57:10 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #-
  4. [ 編集]

移調

満開の八重桜、小さい時、高遠の桜を観に行ったことを、思い出しました。もう、五十数年前になります。
四年前から、趣味で、篠笛を、吹いています。笛も、八本・七本・九本調子の三本作りました。曲は、長音階では、ハ長調、ト長調、ヘ長調に移調して吹いています。さだまさしさんの「聖夜」、ヘ長調をハ長調に直して吹いたら、一番高い音が出なくて、まともに?吹けるようになるまで、何か月もかかりました。向う見ずの私は、今、龍笛を作っています。昨年、さだまさしさんの神奈川のコンサートの前に、「菊名神社」で、お祓いをしていただきました。その時聴いた「越殿楽」の笛の音に、心がゆさぶられたんです。
  1. 2015/06/28(日) 09:57:10 |
  2. URL |
  3. リュードルフィア #hCbdf1W6
  4. [ 編集]

Re: 移調

リュードルフィアさん
笛を作っておられるようで、素晴らしいです。
適当に移調すれば大抵の曲は吹けるのではと思います。
七、八、九本と有れば、もうひとつ六本調子も有るといいでしょうね。
龍笛は伝統的なスタイルだと普通の曲を吹くのはかなり難しいと思います。
お祓いを受けられたとは、本格的ですね。
雅楽のことはさっぱり分からないのですが、越殿楽と云うのは越天楽と同じものなのでしょうか。
そう云えばさださんが和琴を習っている、と云うようなお話をしておられたのですが、その後どうなったのでしょう。
高遠の桜、見事なものなんでしょうね。
いつか見てみたいと思っています。
  1. 2015/06/29(月) 10:28:21 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dadaji.blog112.fc2.com/tb.php/949-598241dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。