FC2ブログ

笛のおっちゃんのブログ

落書き帳に近い面もありますが、半世紀以上にわたり一応我家のメシのタネになってきた様々な笛の話、下手っぴなデジカメ写真などなどをランダムにアップしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある日駒沢へ      2016-07-23

 日にちは少し遡るが、駒沢公園の近くにあるプライベートスタジオに行く。
 田園都市線の駅から10分程度歩く。

 この時期どこに行っても咲いているムクゲ、これは駅からスタジオに向かう途中のとあるマンションの植え込みに咲いていた。 
160723-駒沢-01
 こちらも途中で見かけた白のサルスベリ。 夏を代表するようなサルスベリだが、見るからに暑いイメージの赤い花のものよりは、やはりこう云う白バージョンのほうが多少は爽やかな感じがする。
160723-駒沢-08
 スタジオにはかなり早く着いてしまうタイミングに成ったので、すぐ近くの駒沢公園に寄って時間つぶし。 昔、中目黒に住んでいたころはよく来たところだ。
160723-駒沢-02
 公園のジョギングコース脇の花壇に咲いていたムクゲ。
160723-駒沢-03
 こちらは真っ白だが、これもムクゲか?
160723-駒沢-04
 花の種類にも流行り廃りが有るのか、最近はあまり見る機会が減ってしまった感のあるjカンナ。
160723-駒沢-06
 カンナと云うと語呂的には「鉋」を思い浮かべてしまうが、もちろんそんな事はない。 ガキの頃から外来語と云う受け取り方をしていなかったもので、なんとなく canna と云う綴りがピンと来ない感じがしないでもない。。
160723-駒沢-07
 ムクゲの花に来ていたマメコガネ。 こうして後足を上げるポーズが得意なようだ。
160723-駒沢-09
 こちらはマメコガネのカップル。 「マメ」が付く名前には小さいと云う意味のものも多いがこの場合はマメ科の植物を食べる、と云う意味のようである。
 日本の在来種らしいがアメリカでは japanese beetle とか呼ばれて外来生物としてかなり迷惑を掛けているらしい。
 もっとも、あちらからやってきた迷惑生物のほうが遥かに多いような気がするのだが。
 ↑  意見には個人差が・・・
160723-駒沢-10
 ツユクサは何処にでも咲いているが、傷が有ったり汚れていたりするのも多く、綺麗な状態のものは意外と少ない。
160723-駒沢-11
 これを撮ったのはまだ7月だったので、ショウリョうバッタもこの通り幼虫である。 この大きさと太さだから間違い無くメスだろう。
160723-駒沢-12
 何処にでも生えてきて駆除するのが難しいワルナスビ、如何にもナス科の花でございと云う風ではある。 これも中々綺麗な状態のものが少ないのだが、これなどはまだマシなほうだろう。
160723-駒沢-13
 そんな事で訪れたスタジオ、知る人ぞ知るプライベートスタジオだが、この日はオカリナと篠笛のダビングだった。
 それも早めに入ったら予定時刻より早く始まって、あっと云う間に終わってしまった。 仕事をしていた時間よりも公園で写真を撮っていた時間のほうがずっと長かった。
160723-駒沢-14
 
カメラは PowerShot SX610 HS、Xperia Z3(SO-01G) を使用
please↓click
ブログランキングをよろしく!
関連記事
  1. 2016/07/23(土) 23:59:59|
  2. 花、草花
  3. | コメント:4
<<夜咲く花@町田      2016-08-01 | ホーム | 珊瑚刺桐 など in 熱海      2016-06-08>>

コメント

オカリナの色、おっちゃんのblogでは初めて見た色のような・・・。何だか綺麗な玉虫のような輝く緑色。篠笛との組み合わせ、不思議な音色を想像しています(*^-^*)。
  1. 2016/08/21(日) 20:13:24 |
  2. URL |
  3. 匿名希望 #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

このオカリナの写真って、あまり出してなかったでしたっけ。
実はこれ、意外と古くって、もう40年以上使っていると思いますよ。 それもなんとデパートの楽器売り場で買ったのだと思います。 当時オカリナってちゃんとした(?)楽器屋さんよりもデパートのほうが品数が多かったのです。
あ、篠笛とオカリナは別の曲でした。
  1. 2016/08/21(日) 22:29:48 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

篠笛

笛のおっちゃんブログ、楽しみにしております。おっちゃんの篠笛の頭は、節を利用しているんでしょうか?微調整は、松ヤニと蜜蝋を溶かして流し入れたり、和紙を湿らせて詰めたりしているのでしょうか?篠笛を作り始めて、5年半になります。主に、八本調子を作っていますが、未だに、気に入った笛ができません。オカリナは、『宗次郎オカリーナの森から』を、東海ラジオで、毎週聴いています。吹き方のコツなど参考になります。何せ、お金のかからない方法で、上手になりたいと思っています。車の運転中に聴いているCDは、『篠笛でつづる名曲歌謡』です。楽しそうに吹いている笛のおっちゃんが、目に浮かびます。
  1. 2016/08/22(月) 13:48:48 |
  2. URL |
  3. リュードルフィア #hCbdf1W6
  4. [ 編集]

Re: 篠笛

リュードルフィアさん
篠笛の頭ですが、初期の頃は節の部分を使っていたのですが、それだと失敗したらそれっきり、と云う事で、どうしても無駄になる竹が一杯出るので、以来エポキシパテを詰める事にしています。
微調整可能なものは、今まで作った中で2、3本だけ有りまして、これは今でも現役で使っています。 どう云う風にしたかと云えば、笛の内径を同じ太さの細い竹を探して、それの中空の部分はエポキシを詰めたものを差し込んでいます。これは太さの調整がかなり面倒なのですが、それほど厳密でなくても実際の使用には支障無いようです。
以前に買った中国製の笛で、新聞紙を固めたようなものが使われているのを見てびっくりした事が有りましたが、そんなものでも一応音は出るのですね。
フルートやピッコロでもそうなんですが、この部分を実際に動かして調整する事はほとんど無いようですよ。
笛作りも、頑張って下さいね。
  1. 2016/08/24(水) 22:33:14 |
  2. URL |
  3. おっちゃん #/qJiaeFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
約半世紀に渡り、スタジオミュージシャンをやっています

最近の記事

最近のコメント

★ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯用 QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。